スポンサードリンク
 







カスタム検索
カテゴリ
この記事にリンクを貼る

このブログはリンク・引用(記事の一部に限る)とも自由です。
ただし、引用する際には、オリジナル記事へリンクを貼ってください。
記事へのリンク・引用をする際には、次のタグをコピペされると便利です。
各記事のタグを表示するには、記事タイトルをクリックして記事表示に切り替えてください。

このブログのリンク用タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浴室の24時間換気は作動させないで下さい。

 9月1日の鹿児島は、前夜から雷が鳴り続けました。
 
 午前6時過ぎには我が家一帯は停電があり、エアコンなどの電化製品の電源が落ち、スイッチが点滅状態となりました。

 浴室の換気システムも停電の後、標示版が点滅状態となっていました。

 我が家のユニットバスはヤマハ製ですが、浴室乾燥機と併用の24時間換気システムが設置されています。

 一方、24時間換気はダッチマン製のダクトあり第3種換気です。

 そこで、点滅状態のスイッチを入れ直すと、こんな標示になりました。

浴室24時間換気

 24時間換気が作動している状態です。

 私は、入居間もない頃、この24時間換気を作動したままにしていました。

 「24時間換気」と聞くと電源は入れたままにしておないといけないもの

 そんな思い込みから、そうしたんですね。

 実際、表示板の下にも「24時間換気は停止させないでください。」と注意書きがあります。

 しばらくしてから気が付いたんですが、この浴室の24時間換気って、ダクトなし第3種換気システムの住宅で使う換気システムで、我が家にとっては必要のないものです。

 我が家では、浴室は24時間換気の計算対象外の個別換気ですから、入浴後必要な時だけスイッチを入れればいい訳です。

 表示板では、こんな表示になれば正しい使い方です。
 24時間換気を停止させるには、24時間換気のボタンを3秒以上押してください。

浴室換気
 
 ダクトありの場合、必要もないのに浴室の換気扇を回し続けると、

 ・エアコンの効率が悪くなる。
 ・浴室換気扇の損耗を早める。

 というデメリットが出てきます。

 特に、浴室ドアの通気口を塞いだりしていると換気扇にかかる負荷が大きくなって換気扇が早く傷んでしまうでしょう。

 ということで、ダクトありの第3種換気システムを使われている皆さんは、浴室の24時間換気は作動させずに、必要な時だけ換気するようにしてくださいね。

 もちろん、ダクトなしで浴室の24時間換気がメインの住宅では、これを停止させることのないようにしましょう。
 浴室ドアの通気口も開けて十分、換気ができるようにしてください。

【サイト内関連記事】

24時間換気を止めることによる弊害
結露する家は欠陥住宅です。


今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ 
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

専門家のためになる記事が満載
 にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず








スポンサーサイト
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

緊急告知!24時間換気の花粉フィルターは水洗いしないで下さい。

 24時間換気の給気口にジェイベック社のパスカルを使用されている皆さんへ、緊急にお知らせします。

 と言っても、私がこの事実を知ったのは3ヶ月以上前なんですが、、、

 最近、ヤマサハウスで1年点検を終えたばかりの友人にこの話をしたところ、結構、衝撃を受けていたようなので、記事にして皆さんへもお知らせしようと思います。

 我が家では給気口のフィルターに花粉用のものを使っています。 
 鹿児島では桜島の降灰がありますが、花粉用のフィルターならこれもシャットアウトできます。

パッコン

 そのメンテナンス方法ですが、引き渡し時に説明を受けたとおり、時々、水洗いをしてきました。

 そして、4年が経過

 フィルターが縮んで、周りに空間ができるようになってしまいました。

 そろそろ買い換え時期かと思い、ジェイベック社の通販のページを見ると

 標準タイプなら6枚セットが2,992円(消費税込み/配送料別途)ですが、花粉用は7,182円(同)となっています。
 それまで、我が家が使用しているのは標準タイプだとばかり思っていたんですが、ヤマサハウスのアフターさんに確認したところ花粉用だと分かりました。

 そして、その際に知った衝撃の事実!
 それは、花粉用のフィルターは水洗いできないということ

 ヤマサのアフターさんによれば、メーカー側の説明が最近、変わったようだとのこと

 【参考サイト】>>>メンテナンスマニュアル@ジェイベック株式会社

 メーカーの説明によると

 ・給気口花粉フィルターの清掃
  給気口花粉フィルターの汚れは、掃除機等で吸い取ります。
  汚れのひどい時は水洗いせず、新しいフィルターと交換してください。
  花粉フィルターは水洗いができませんので、必ず新しいものにお取り替えください。

 となっています。
 でも、7,000円オーバーは痛いなぁと思って、買い控えしていました。

 それが、今回、どうしても買わなければならない事態となりました。

 その事態というのは、こちら
   ↓   ↓   ↓
標準フィルター

 なぜか、キッチンの給気口のみ標準タイプが設置されていたんですが、これは水洗い大丈夫と水道水を当てたところ穴が開いてしまいました。
 4年経過というのがそろそろ耐用年数ということだったんでしょうか?

 で、もうこれは買い換えるしかないので、ジェイベック社の通販で取り寄せました。

 実際の購入価格は、花粉フィルター6枚入り6,840円に送料600円,消費税372円

 ゆうちょ銀行からの振り込み手数料100円で 計 7,912円

 届いたフィルターを見るとこれまでの物とは少し規格が変わっているようです。

 これまで使用していたものは、表が青色で裏が白色の二重構造でしたが、今回の物は白色の一層構造
 ちょっとサイズも大きいような、、
 古い方は水洗いして縮んではいますが、それ以上に差がある気がします。

花粉フィルター

 厚さもこんなに違います。

花粉フィルター厚さ
 
 給気口の蓋に設置するのもパッチっとは入らずちょっと苦労しました。

花粉フィルター取付

 こうして、我が家にある6カ所の給気口すべてのフィルター交換が終わりました。

 これからはHPの説明にあるとおり、水洗いせず掃除機などで埃を吸い取るようにしたいと思います。 

 買い替えは値が張るので、できるだけ長持ちさせたいんですが、、、

 ヤマサハウスを通して買えば、1枚当たり1,260円ということですので、送料分くらい安くなるかなというところ 

 ところで、鹿児島では気になっている方もいると思うんですが、

 この給気口
 羽などの部品の間に桜島の灰が詰まって黒くなるんですよね。
 羽の動きも悪くなるし、、、

 その掃除の方法についても近いうちに説明しますのでお楽しみに!

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず



THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

24時間換気を止めることによる弊害

 前回の記事「結露する家は欠陥住宅です。」で、24時間換気をオフにすると結露する可能性が高いことについて紹介しました。
 結露以外にも24時間換気を停止することによる弊害があります。

 今回は、その弊害について書いてみます。

 建築基準法では、平成15年7月1日の改正により居室1時間当たり0.5回以上換気できる機械換気設備の設置を義務付けています。

 これは、当時問題になっていた新築住宅などで起こるシックハウス症候群の対策として設けられた規定です。
 
 シックハウス症候群の原因の一部は、建材や家具、日用品などから発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレンその他)などの揮発性の有機化合物と考えられていますので、これらの有害物質を排出しようというのが目的です。

 しかし、建築業界でもその対策は進み、現在では建築資材でホルムアルデヒドゼロを標準とする住宅も増えてきました。

 それでも家具についてはどうかと言うと、家具から放出されるホルムアルデヒドをゼロにするということは困難なようです。
 子供たちが毎日使う学習机でさえ、F☆☆☆程度が普通ですから、家の中のすべての家具をF☆☆☆☆で揃えることも難しい状況です。

 そこで、やはり24時間換気が必要となってくる訳ですが、家具にホルムアルデヒド吸着シートを敷いたり、サンセベリアなどのホルムアルデヒドを吸収する観葉植物を置くなどして配慮されているご家庭も少なくないでしょう。

 そうなると「寒いのを我慢してまで24時間換気を運転しなくても、、」という気持ちになるのも解ります。

 それでは、1時間当たり0.5回の換気という基準はどこから来ているのでしょうか?

 人のいる室内は、人が吐き出す呼気によって汚染されています。
 人が軽い事務などを行うために必要な換気量は、1人1時間当たり30㎥と言われています。

 これを一家4人で計算すると、     

  4人分の換気量=30㎥/h人×4人=120㎥/h
  30坪程度の住宅の気積=240㎥程度

  1時間当たり換気回数=必要新鮮空気量/住宅の気積
      =120㎥/240㎥
      =0.5回

 この数値は、人数や住宅の大きさによって変わってきますが、建築基準法に定める0.5回/hの換気量は上の計算式の答えと一致していますので、この計算が根拠のひとつとなっているようです。  

 もちろん、寝ている間に必要となる新鮮な空気量は幾分、少なくなりますが、それでも一晩中換気不足の部屋にいるというのは健康に思わぬ弊害を招きかねません。
 特に冬場の2階寝室では、外気温との温度差で1階から新鮮な空気が入り、2階には汚れた空気しか供給されないという現象が起きることがありますので、やはり換気は重要です。

 換気不足は、アレルギーや化学物質過敏症の原因にもなると言われています。
 そこまでいかなくても、なんとなく頭が重い、疲れがとれないという原因になっているのかもしれません。

 よく、建築基準法では換気設備の設置が義務付けられているだけで、24時間運転が法令が義務付けられているわけではないから、自己責任でスイッチをオフにしても構わないと言われる方がいます。

 確かに健康で十分に判断能力のある方ならそうでしょう。

 しかし、自分で判断することのできない子供たちはどうでしょう。
 親の身勝手な判断で健康を害する子供が出てくるかもしれません。

 まずは、24時間換気を運転させて室内に新鮮な空気を取り込みましょう。

 でも、寒いですよね。

 次回は、24時間換気の寒さ対策について考えてみます。

【関連記事】
24時間換気の寒さ対策1
24時間換気の寒さ対策2
吹き抜けありのリビング階段寒さ対策



今日の記事、参考になりましたか?参考になったという方は、ぜひクリック(投票)をお願いします。
ランキングが上がると更新の励みになります。今日は何位でしょうか? 
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

ブログTOPページへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず



結露対策は、まずその原理を知ることが大切です。
kokkoおすすめの結露について詳しく説明された本たちです。
 
THEME:住まい | GENRE:ライフ |

結露する家は欠陥住宅です。

 私が住宅の建築を検討している頃にあるサイトでこのような記述を見たことがあります。

 「結露する家は欠陥住宅」

 その記述があったのは、外断熱の高気密高断熱を売りにするフランチャイズのホームページでした。

 → イザットハウスのHP

 当時、私が住んでいた賃貸はサッシに大量の結露があり、その影響で北側の部屋にはカビも生えたりしていました。(下がその時の写真)

結露

 結露するから即、欠陥住宅というのもどうかとは思いますが、その記述を見て、「結露は絶対に避けるべき物。是非、我が家は結露のない家にしたい。」私はそう思いました。

 そんなこともあって高気密・高断熱のヤマサハウスを選択したわけですが、完成してみると結露とは全く無縁

 むしろ、過乾燥の方が問題で、どうやって湿度を保つか頭を悩ませました。

 ですから、今どきの新築の家には結露なんて心配ないものと思っていました。
 すべての家がという訳にはいかないでしょうが、せめて次世代省エネ基準をクリアしていて、樹脂複合サッシにでもしていればサッシに結露なんて普通はあるはずがありません。

 多分、その認識は正しいものと思いますが、ブログ村の施主ブログを見ていると例年、寒くなってきた時期にサッシが結露して困るという記事を見ます。
 
 記事の内容を見てみるとその家に問題があるというよりは、その使い方に問題があるということが解ります。

 結露する原因のほとんどは換気不足です。

 24時間換気がオフになっている。あるいは、給気口が閉められているといったものです。
 このようなケースは、住宅に原因があるのではなく、わざわざ住んでいる人が結露するような使い方をしている訳です。

 24時間換気がオフになっていてサッシに結露が見られるお宅が、24時間換気を運転させたところ結露がなくなったという話はよく聞きます。

 それは解っていても24時間換気を停止させているお宅があります。
 その理由は、「24時間換気を運転させると寒いから」です。

 ネットを見ていても
 ・24時間換気はオフにしています。
 ・オフにしても何も問題ありません。
  などといったカキコミを沢山見ます。

 でも、本当に問題ないのでしょうか?
 結露だけでも重大な問題だと思うんですが、

 結露は、カビ・ダニ・腐朽菌発生の原因になります。
 家づくりを検討した人なら誰でもが知っているはずの問題です。

 結露に悩んでいらっしゃる方は、もう一度「結露する家は欠陥住宅」
 この言葉を胸にとめて対策をとってみませんか?
 まずは、24時間換気で十分な換気を行うことから始めてみましょう。

 ところで、24時間換気を止めることが引き起こす問題は結露だけでしょうか?
 次回は、24時間換気を止めるこの弊害について書いてみたいと思います。

【関連記事】
24時間換気を止めることによる弊害
24時間換気の寒さ対策1
24時間換気の寒さ対策2
吹き抜けありのリビング階段寒さ対策

今日の記事、参考になりましたか?参考になったという方は、ぜひクリック(投票)をお願いします。
ランキングが上がると更新の励みになります。今日は何位でしょうか? 
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

ブログTOPページへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず




THEME:住まい | GENRE:ライフ |
プロフィール
kokko
2008年にヤマサハウス絆の家が完成
2011年太陽光発電設置
宅建主任者試験合格、ファイナンシャルプランナー資格者
ただし、実務経験ゼロ
建築はど素人の中年男性です。
よろしく!
ブログランキングに参加しています。 ブログ村には参考になる施主ブログが一杯
Just For You


ワンダーコア使ってます。
レビュー記事はこちら
プロテインと腹筋マシーン、ワンダーコアで5kgダイエットに成功


【送料無料】コストダウンの方法がわかる!後悔しない上質な家づくり [ 中村康造 ]



【リビングにおすすめのグリーン】
ウンベラータ


アルテシーマ


シーグレープ


エバーフレッシュ

  【紹介記事】
 >>>リビングにおすすめの観葉植物

おすすめのお店
 >>>e-RANさんHP
 


検索フォーム
サイト内検索はこちら
アクセス数

債務整理のお悩み相談

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。