スポンサードリンク
 







カスタム検索
カテゴリ
この記事にリンクを貼る

このブログはリンク・引用(記事の一部に限る)とも自由です。
ただし、引用する際には、オリジナル記事へリンクを貼ってください。
記事へのリンク・引用をする際には、次のタグをコピペされると便利です。
各記事のタグを表示するには、記事タイトルをクリックして記事表示に切り替えてください。

このブログのリンク用タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オール電化を選択するのは罪悪なのか?

 家づくりの検討をする中で、大きな選択の一つにオール電化にするかガス併用にするかという問題があります。

 原発の再稼働問題、東京電力の料金値上げ問題などオール電化派には風当たりが強い中、オール電化の選択に迷いを感じていらっしゃる方も多いことと思います。
 
 当ブログでは思想信条は抜きにして、メリット・デメリットだけで比較検討してみようと思っていました。

 ところが、最近、オール電化を選択すること自体が悪で、オール電化の家庭はすぐにでもガス設備を設置すべきだと言った論調の投稿が目につきます。
 オール電化の選択=原発推進に賛成することだと決めつける方もいらっしゃいます。

 私も原発は将来的には全廃すべきだと考えていますし、再稼働に反対する皆さんの主張も十分理解できます。
 しかし、我が家もオール電化ですので、果たしてこのようなオール電化に対する指摘は的を得たものなのか気になります。
 そこで、今回はこの問題について考えてみました。

 まず、オール電化を否定する皆さんの最大の論拠は、
 
 原発は出力調整できないから電力需要の落ち込む夜間も昼間と同じように稼働させなければならず、その余った電力を低額で使ってもらうのがオール電化だ。
 だから原発あってのオール電化なんだ。
 原発を廃止すべき時にそんなオール電化を選択するのはけしからん!

 と言うことだと思います。

 確かに、原発が夜間も発電していたお陰で、電力会社は夜間電力を低額で供給できました。
 その価格体系がオール電化の普及に貢献しました。

 今後、夜間の電気料金も値上げされ、経済的メリットが少なくなりますから、経済面でオール電化をおすすめするということはできません。

 ただ、先ほどの論拠には、「火力発電は夜間に出力調整できる。」という前提があります。
 これが果たして本当なんだろうかと疑問に思って調べてみました。

 重油や天然ガスを使う発電所では、DSS運転(Daily Start and Stop)といって夜間の出力調整が容易にできます。
 しかし、石炭に関して言えば原子力ほどではないにしても出力調整することが不経済(困難?)なようです。

 下のグラフは九州電力のHPにある電源ごとの発電量です。
 データとしてはちょっと古いですが、原子力発電が稼働していても石炭の発電も24時間フル稼働しています。

九電電源別発電量

 石炭燃料と聞けば一昔前のエネルギー源という印象がありますが、こと発電事業においてはそうではなく、1980年ころから発電の燃料としての使用量が増え始め2009年には全国の電力会社の電源の24.7%を占めるまでに至っています。
 原子力が29.2%ですからそのウェイトの大きさが分かります。
 東京電力のHPでも石炭燃料について、
 
 「石炭は電源として燃料供給の安定性や経済性に優れており~(中略)~ベース供給力として開発を進めていく。」

 と記述しています。
 
 さて、その東京電力での電源別発電量を見ると、(出典:数表で見る東京電力

東京電力電源別発電量

 肝心の石炭燃料がわずか6%しか使われていません。

 こと、東京電力に関して言えば、オール電化は原子力発電の副産物と言うこともできそうです。

 このことから、原子力発電が稼働していない現在、時間帯別電気料金の夜間割安料金は廃止すべきだと主張する人もいます。

 しかし、喫緊の課題は夏のピーク電気使用量をどう抑えるかという問題です。

 そのために、東京電力は従量電灯料金から時間帯別料金へのシフトを進めることにより電気使用量の時間帯別分散化を図ろうとしています。
 そもために新しい時間帯料金のメニューも発表しています。

 そういう面から見るとオール電化の家庭は十分に貢献していると言えます。
 月々の電気代を抑えるために、洗濯機や食洗機、アイロンなどの電化製品の使用を夜間や早朝の時間帯に持ってきている人が多いのです。

 その時間に縛られることをオール電化のデメリットとして挙げる人もいますが、節電が強く要請される中、時間帯を気にせず昼間に電気を使う人よりは褒められてしかるべきです。  
 その上、太陽光発電まで設置しているとなれば非難される理由はありません。

 それでは、これから建築される方にオール電化を勧めるかと聞かれれば、

 最初にも申し上げたとおり、今後、経済的メリットの減少が確実視される状況では、積極的にお勧めする理由がないといった感じですかね。

 もちろん、火を使わないから安全、コンロの掃除が簡単、キッチンが暑くならない、ガスを燃やして大量の水を発生させることもないから結露の心配も回避等々、やはりメリットはあるんですが、
 積極的にお勧めできるのはエコ家電の優等生エコキュートくらいでしょうか?

 かと言ってガス併用のメリットとして考えられがちな停電時の問題などは電気制御のガス機器は停電時に使用できないのは同じなので、絶対、ガス併用をお勧めということでもありません。
 火力の強いカセットコンロを準備しておけば停電時にも最低限の湯沸し程度は可能です。

 ただ、料理に強い火力を求めたい方はガスですよね。
 それにIHの電磁波は全く気にする必要ないですよとは言えません。
 他の家電からも電磁波は出ているので、IHだけを特別扱いするのは不安を助長するだけで好ましくありませんが、同じ電気でもラジエントヒーターは大変、評判がいいので検討する価値はあると思います。
 それぞれのご家庭の好み(特に調理方法における好みや暖房にガス機器を考えるか)によって判断するということになると思います。
 
 既にオール電化になっている我が家ですが、家の前まで都市ガスの配管は来ています。
 しかし、今のところガスを引く考えはありません。
 特に不便は感じていませんから。
 九州電力が値上げをするにしても、東京電力案のような大幅な値上げにならないことを祈るばかりです。
 
今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へ
 積水ハウス → にほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ
 その他   → にほんブログ村 住まいブログへ

【関連記事】
東京電力の料金値上げの内容からオール電化家庭への影響を試算 


スポンサーサイト
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

東京電力の料金値上げの内容からオール電化家庭への影響を試算

 東京電力は5月11日、家庭向け電気料金を7月から平均10.28%値上げすると経済産業省に申請しました。

 私は、最初、このニュースを聞いた時に直感的にオール電化家庭の負担はそんなには大きくならないのだろうと感じました。

 その理由は、ニュースのニュアンスからピーク時の使用量を減らすために、昼間の料金を高めに設定し、深夜料金の値上げは抑えるようなメニューになるのだろうと思ったからです。
 それなら、既にオール電化家庭の料金体系はそのようになっているのだし、夜間の料金は現行からあまり値上げしないだろうと思った訳です。

 しか東京電力が発表した料金値上げの申請内容を見てみると、オール電化家庭の深夜料金もしっかり値上げになっています。

 → 東京電力プレス 電気料金の値上げについて

 以下は、同プレスからの抜粋です。

 まずは、一般家庭での値上げ

一般家庭電気料金値上げ幅

 290kwh使用を前提としていますので、当然、ガス併用の家庭を含めた平均で、我が家の使用量と比較するとかなり少なめです。

 これとは別に、ピーク時の料金を高めに、夜間を安めに設定するピークシフトプランというメニューが新たにできます。
 イメージはこうなります。

ピークシフトプランイメージ

 夫婦共働きの家庭など昼間の電気使用量が少ない家庭では、このプランを選択すれば値上げの影響を抑えられるとしています。

 一方、オール電化家庭向けの電化上手のメニューでは次のとおりとなっています。

電化上手値上げ

 我が家で使用しているのは、九州電力の電化でナイトですから、このままの値上げはないと思いますが、少なからず影響はあるでしょう。
 東京電力のこの改定内容から我が家での負担増を試算してみました。
 私も素人で電気料金には詳しくありません。誤りがあるかもしれませんのでご了承ください。

我が家の負担増

 新居入居後の平成22年6月から平成23年5月までの1年間の電気使用量をもとに、現行の東京電力料金と改定後の料金体系から試算しています。
 夏季料金は利用明細書とのタイムラグがありますが、これは無視しています。
 概算ですので誤差はあると思います。

 我が家は、33坪弱、鹿児島市の平坦地に建つ高気密高断熱高遮熱を売りにするヤマサハウスで建築した1戸建てです。
 専業主婦、子供2人
 夏と冬はほぼエアコン24時間稼働です。
 この年は、冬場、オイルヒーターも使ったので冬場の使用量がかなり高めになっています。
 この時点で、太陽光発電は未設置

 我が家がオール電化の平均的な家庭とは言い難いと思いますが、負担増が年平均で1,714円(13.5%)

 これは、やっぱり大きいですね。
 ニュースで言われていた平均の10.28%を超えています。

 その理由は、オール電化最大のメリットである深夜料金の単価が、2.41円としっかり値上げされているからです。
 率にして、24.8%の値上げ
 夏季の昼間料金が4.26円で12.6%の値上げ

 単価的には小さい額でも比率で言えばべらぼうな値上げとも言えそうです。
 やっぱり、エコキュートの冬場の使用量が大きいんですよね。

 しかし、我が家でこれを救ってくれるのは、昨年11月に導入した太陽光発電

 深夜料金の値上げは同じですが、昼間の発電で値上げ分の幾らかはカバーしてくれるはずです。
 時間があれば、太陽光発電を加味したシミュレーションもやってみたいと思います。

ここまで読んで下さった皆さん、最後にワンクリックをお願いします。
人気ブログのランキングがご覧いただけます。 
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

各ハウスメーカーのランキングには参加していませんが、こちらも参考になるブログが一杯!
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ

ブログTOPページへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず




THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |
プロフィール
kokko
2008年にヤマサハウス絆の家が完成
2011年太陽光発電設置
宅建主任者試験合格、ファイナンシャルプランナー資格者
ただし、実務経験ゼロ
建築はど素人の中年男性です。
よろしく!
ブログランキングに参加しています。 ブログ村には参考になる施主ブログが一杯
Just For You


ワンダーコア使ってます。
レビュー記事はこちら
プロテインと腹筋マシーン、ワンダーコアで5kgダイエットに成功


【送料無料】コストダウンの方法がわかる!後悔しない上質な家づくり [ 中村康造 ]



【リビングにおすすめのグリーン】
ウンベラータ


アルテシーマ


シーグレープ


エバーフレッシュ

  【紹介記事】
 >>>リビングにおすすめの観葉植物

おすすめのお店
 >>>e-RANさんHP
 


検索フォーム
サイト内検索はこちら
アクセス数

債務整理のお悩み相談

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。