スポンサードリンク
 







カスタム検索
カテゴリ
この記事にリンクを貼る

このブログはリンク・引用(記事の一部に限る)とも自由です。
ただし、引用する際には、オリジナル記事へリンクを貼ってください。
記事へのリンク・引用をする際には、次のタグをコピペされると便利です。
各記事のタグを表示するには、記事タイトルをクリックして記事表示に切り替えてください。

このブログのリンク用タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家づくりの勉強におすすめの本「カラー・最新版 最高の断熱・エコ住宅をつくる方法」

 


 皆さん、こんにちは。
 家をつくるなら性能を重視するのが大事と思っているkokkoです。

 住宅の省エネ基準については、平成25年に改正がありました。
 平成11年の通称「次世代省エネ基準」以来の大きな改正です。

 現在は、その次世代省エネ基準から平成25年省エネルギー基準への過渡期で、両方の基準での表示が混在していますので、初めて省エネ基準を勉強する施主にとっては大変複雑で分かりにくいというのが現状です。

 また、平成25年基準では、照明器具などの省エネ性や太陽光発電などの「創エネ」なども加味されることによって、純粋な住宅の断熱性能が分かりにくくなってきています。
 そのため、施主の皆さんは、住宅本来の断熱性や気密性に対してあまり勉強しないまま、どのメーカーでも大差ないのではないかといった感覚で家づくりの検討を進めるケースが増えてきているような気がします。

 平成25年基準を踏まえて勉強したいと思っても、それに対応した入門書さえほとんどないと現状です。

 そんな中、以前の記事「断熱材の選択に迷った時おすすめの本「最高の断熱・エコ住宅をつくる方法」」で紹介した「最高の断熱・エコ住宅をつくる方法」に、平成25年基準に対応した最新のカラー版が出版されました。

 著者は、「外断熱が危ない」で知られる西方里見さん
 2009年初版の「最高の断熱・エコ住宅をつくる方法」に、平成25年省エネ基準の解説をした第1章を追加し、第2章も次世代省エネ基準から平成25年省エネ基準に対応すべく修正・加筆されています。
 また、全編カラー印刷になり、大変見やすくなっています。

 これから家づくりの勉強をされる方には、ぜひ読んでいただきたい本です。

 ただし、初めて断熱・気密を勉強されるという方には、ちょっとレベルが高いかもしれません。

 そんな方に入門書としておすすめするのは、南 雄三さんの「スラスラわかる断熱・気密のすべて」
  


 こちらは、2004年出版のバイブル的な本です。
 ほとんどの大きな図書館には置いてあると思いますので、まずはこちらで基礎を勉強されてはどうでしょうか?

 また、西方さんはQ値1.0以下というQ1(キューワン)住宅を推奨されていますので、全ての施主の皆さんがこの本に書いてあることを目指すというのは無理があると思います。
 ただ、目指すべき方向はこうなんだという理解をした上で、ご自分の家づくりの参考にしていただければと思います。

【目次】
・1章 平成25年省エネルギー基準を知る
・2章 これからの省エネ性能とは
・3章 どうして断熱・気密住宅がいいのか?
・4章 充填断熱・外断熱から付加断熱へ
・5章 いい断熱材と悪い断熱材の最新評価
・6章 防湿・透湿・気密こそ徹底的にこだわりたい
・7章 窓の断熱が重要な理由
・8章 家の換気はどう考えるべきか
・9章 高断熱住宅では暖房も変わる



amazonをご利用の方はこちらから

 


【当サイト内関連記事】
断熱材の選択に迷った時おすすめの本「最高の断熱・エコ住宅をつくる方法」
おすすめの本カテゴリ

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 住まいブログ全般にほんブログ村 住まいブログへ
スポンサーサイト
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

「間取り図でわかる買っていい家悪い家」を読んでのレビュー・感想

 家づくりに関するおすすめの本シリーズ、今回は、Webサイト住まいの水先案内人でお馴染みの 堀 清孝さんが執筆された「間取り図でわかる買っていい家悪い家―地震に強い家、長く快適に住めるマンションを選ぶ121のチェックポイント」を紹介します。

 私の本棚には、私が家づくりの勉強を始めた頃に購入した堀さんの「折り込みチラシで見分ける買っていい家わるい家」という本が、今でも立っています。

 その本には、私の知らなかった不動産業界の実態が綴られており、家づくりに関する知識を得たがっていた私はむさぼるようにその記事を読みつくしたのを覚えています。

 その本の出版から8年が経過して、昨年、出版されたのが「間取り図でわかる買っていい家悪い家」です。

 「折り込みチラシで~」の本の第1章が「間取り図で判断する危険な住宅」でした。

 その他の項目も似たようなものなので、「折り込みチラシで~」の本の全面改定版と言っていいでしょう。

 その間に、住宅性能は飛躍的に伸び、住宅を取り巻く環境や制度も大きく変化しました。

 また、東日本大震災は、家づくりにおける安全性をより重視させるきっかけとなりました。

 それらに対応して、全面改定されたのが今回の「間取り図でわかる買っていい家悪い家」です。

 タイトルに「間取り図」という言葉が入っていますが、これは「間取り」の本ではなく、家づくり全般について施主が注意すべきポイントがまとまられている本だと理解した方がいいでしょう。

 堀さんは、住宅の施工監理、サポート業務が本業ですから、その観点から業者とのトラブル防止や安全な家づくりという面に重点が置かれています。

 マンションに関する記事は14ページだけですから、やはり一戸建て住宅をお考えの方向きの本です。
 「折り込みチラシで~」の本でもそうでしたが、建築条件付きの土地についての注意事項は特に詳細ですから参考になると思います。
 
 ところで、多くの方にとって気になるのは、住まいの水先案内人と内容が重複しているのではないか?という点だと思います。

 住まいの水先案内人は、家づくりに関する膨大な情報量を抱えるサイトですから、項目的に重複するのは止むを得ませんが、サイトやブログの読者にとっても十分、価値のある内容にするために堀さん自身、苦心されています。

 121個の項目が見開き2ページにまとめられ、右のページに文章、左のページに図表やイラストという風に見やすくまとめられていますので、サイトと併せて活用できることと思います。

主なコンテンツ
 ・誰でもチェックできる、危険な家の見分け方
 ・不動産広告を見分ける知識
 ・建築条件付き宅地の購入
 ・土地・注文住宅購入の基礎知識
 ・中古住宅のメリットとデメリット
 ・新築・中古マンションの購入計画
 ・住宅会社・不動産会社を知ろう
 ・契約の基礎知識
 ・契約前のチェックポイント
 ・建築の基礎知識 など




楽天ブックスご利用の方はこちら → 【送料無料】間取り図でわかる買っていい家悪い家 [ 堀清孝 ]

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

専門家のためになる記事が満載
 にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず

THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

「「最高に心地のいい家」をつくる方法」のレビュー・感想



 今回は、主婦の友社から出版された「最高に心地のいい家」をつくる方法―家づくりの最強セオリーと最新テクニックを教えます (別冊PLUS1 LIVING)の紹介をします。

 出版されたのが2010年の12月ですから、もう3年近くが経つんですね。

 この本が出版されてから、やたらと似たタイトルの本が沢山出てきました。

 あまりに似すぎていて、どれがどの本なんだか区別がつかないくらいですが、そんな中、一番売れ続けているのはこの本です。

 その理由は、やはり内容が充実していることでしょうね。

 安易に編集された本は、数社の設計会社の作品だけに偏りがちですが、この本は、定期刊行誌「はじめての家づくり」で過去16年にわたって取材してきた実例写真をたっぷり使っているということで、掲載された住宅の設計会社も40社以上に及んでいます。

 住宅の設計に関しては当然のセオリーである

 「光をふんだんに取り込む」

 「風の抜け道をつくる」

 といったテクニックも、文字だけでなく豊富な実例の写真と間取り図で紹介されていますので、素人にも大変理解しやすくなっています。

 監修には6人の経験豊富な人気建築家が参加していますので専門的な知識の面でも問題ありませんし、とにかく使われている写真が美しいの一言です。

 どの家もおしゃれで素敵な家ばかりで、写真集としても持っていたいと思いたくなるような1冊です。

 また、どの家も設計事務所の作品なだけあって、凝っていますし、アイデアに溢れています。

 このアイデアを自分の家づくりどれだけ活かせるかというと、どうしてもコスト的な問題との兼ね合いが出てきますが、それでも一つでも多く取り入れたいと思う人が多いことでしょう。

 設計事務所での設計を考えていらっしゃる皆さんには当然のことですが、ハウスメーカーや工務店に設計を依頼される皆さんにとっても、自分の住みたい家のイメージをはっきりしたものにして、それを設計士さんへ伝える手助けになる本だと思います。

 こういった写真中心の本を何冊も購入していくと結構、費用がかかってしまいますが、1冊だけ選ぶならこの本がおすすめです。

 


 楽天ブックスご利用の方はこちら → 【送料無料】「最高に心地のいい家」をつくる方法
 
今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ 

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

専門家のためになる記事が満載
 にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず

「最高の住まいをつくる「間取り」の教科書」のレビュー


 


 今回から、最近読んだ家づくり関係の本で、「これはおすすめ」と思った本をいくつか紹介してみたいと思います。

 まず、初回は、当サイトの家づくりの残念・失敗・後悔ポイント、リンク集でも紹介しているall aboutの「はじめての家づくり 後悔ポイント20連発」の筆者でもある一級建築士 佐川 旭さんの著書「最高の住まいをつくる「間取り」の教科書」です。

 本のタイトルは「間取りの教科書」ですが、間取りに関することだけでなく、施主としての心構えからトラブル防止法まで、家づくりにおける注意したいポイントが独自の観点からわかりやすく説明されています。

 目次は、下に示したとおりですが、それぞれの項目ごとにポイントが短いフレーズで書かれているので、要点が掴みやすくなっています。

 例えば、

 「建て主と施主の違いとは」

 ~「ここは私の家だ」が建て主、
  「よろしくお願いします。」が施主です。~

 と、こんな感じです。 

 全部のページにカラフルなイラストがあって、これも大変見やすいですし、施主として確認すべきチェックリストが付いていたり、設計上のうっかりミスの例が挙げられているのも素人施主にとってはありがたいと思います。

 私は、タイトルから受けるイメージで、もっと間取りのテクニック的なことが紹介されているのかと思っていましたが、家づくりに取り組む施主としての心構えや注意すべき点の説明が多いですね。

 家づくりに対して、固定的な観点ではなく、ちょっと視点を変えた面白いアイデアも多々見られます。

 それに、結構、精神論的な話や家族に対する考え方の記述が多いなぁという感想も持ちました。

 「ここが自分の家なんだ」と思えるのは、家族共有の記憶があるからこそ。」

 「一見、無駄に見えるスペースが、思いでをつくるのに最適だったりします。」等々

 これまで、200件以上の住宅設計に携わってこられた筆者が、家づくりに対してどこに重きを置いているか、こんなところからも垣間見られます。

 これから家づくりに取り組もうとする皆さんにとっては、大変参考になる1冊だと思います。

【目次】

1章・心構え
 建て主と施主の違いとは
 間取りを考える前に
 住まいの質は呼び方で変わる
 『家族』を図面に入れる
 コミュニケーションを生む線
 『足し算』と『引き算』の考え方
 ㎡ではなく㎥で考える
 間取りは光の質で決まる
 間取りには余白が必要
 『危ない間取り』に注意する
 経年美について考える

2章・外まわり
 外まわりの設備
 敷地の形や特性を見る
 敷地と道路、隣家の関係
 現地調査を行おう
 敷地内の各設備と位置
 窓の位置と防犯対策
 日当たりを考える 
 外観のデザインにこだわる
 安定した家の形をつくる
 屋根、軒、庇の果たす役割と形
 建物の高さ、室内の高さ 
 外構計画を考える
 建物と庭木の配置
 家の顔となる玄関とアプローチ
 外まわりのチェックポイントのおさらい

3章・内まわり
 間取りをつくるきっかけの言葉
 団らんはどこでする
 内部の広さをつかむ
 階段の位置で全体が固まる
 空間をつなぐ吹抜け・廊下・階段
 安全な階段の幅と高さ
 外と内をつなぐ玄関・土間・縁側
 リビングは何をするところ?
 ダイニングはどんなスタイル?
 ダイニングとリビングのつながり
 ダイニングとキッチンの関係
 キッチンの配置を考える
 LDKが決まったら、通風と採光
 和室はどう使う?
 子ども部屋をつくる
 サニタリーを知る
 サニタリースペースのミスを防ぐ
 家事動線は『洗濯動線』
 サニタリーの配置は?
 収納上手を目指す
 耐震性は大丈夫?
 将来の変化に合わせた間取り
 窓の形と開閉方法
 窓の機能を考える
 地下室と屋上は必要?
 快適設備機器の選び方
 内まわりのチェックポイントのおさらい

4章・間取りのポイント
 新居での生活をイメージ
 コミュニケーションがとりやすい
 親子の絆を深める
 帰りたくなる住まい
 思い出がつくりやすい
 子どもの成長を促す
 敷地を活かす
 生き残る住宅とは
 光を活かす
 ローコスト住宅を考える
 ローコストを実現する
 狭小地を広く活用する
 生き方を表現する家づくり

5章・防ぎたいトラブル
 危険・問題になるところ
 階段と浴室
 建具と小さな段差
 ガラス、雨漏り・結露
 室内外の音、湿気
 コンセント、エアコン
 『施主支給』をする家づくり

6章・こだわりの間取り
 間取りの前に地盤確認 
 家が建つまでに必要な図面
 高気密・高断熱住宅
 照明はどうする?
 家具のサイズを考える
 内装材の選び方の目安
 色彩計画を決める
 こだわりの空間をつくる
 3階建てのポイント
 二世帯住宅をつくる
 ペットと気持ちよく暮らす

【著者】

佐川旭(サガワアキラ)
一級建築士/女子美術大学非常勤講師/株式会社佐川旭建築研究所代表。1951年、福島県生まれ。日本大学工学部建築学科卒業。「つたえる」「つなぐ」をテーマに、個人住宅から公共建築まで幅広い実績をもつ。生活総合情報サイトAll Aboutの「家を建てる」のナビゲータとしても活躍。設計監理をした岩手県紫波町立星山小学校が、2010年第13回木材活用コンクール特別賞と、うるおいのある教育施設賞(文部科学省)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 


楽天市場ご利用の方はこちら → 【送料無料】最高の住まいをつくる「間取り」の教科書 [ 佐川旭 ]

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ 

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

専門家のためになる記事が満載
 にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず

THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

「住宅ローンはこうして借りなさい 改訂4版 深田 晶恵著」のレビュー

「住宅ローンはこうして借りなさい 改訂4版 深田 晶恵著」のレビュー

 皆さん、こんにちは。
 固定金利か変動金利か、自分なりに結論が見えてきたkokkoです。

 今回は、その結論を導くのに大いに役だった深田 晶恵さんの著書「住宅ローンはこうして借りなさい 改訂4版」を読んでの感想を書いてみます。

 全体的な感想としては、記事の内容が現在の経済状況に即しており、施主が住宅ローンの選択に当たってやるべき事が具体的に示されていて使える本だと思いました。

 各種チェックシートの様式も巻末に添付されていて、すぐに活用できます。
 ケーススタディーもパターン別に説明され、充実しています。

 深田さんは、変動金利のリスクを説明した上で、「10年固定金利」や固定と変動の「金利ミックス返済」をすすめていらっしゃいますが、それを含めて特に目を引いたポイントをいくつか挙げてみると・・・

 ●変動金利で借りていい額は最大1000万~1500万円。残りは固定金利型で 
 ●割引幅が拡大した「10年固定金利」がおすすめ
 ●おいしいとこ取り「金利ミックス返済」を活用してラクラク返済
 ●金利ミックス返済で繰上返済をする場合は、変動タイプを積極的に
 ●地方で有利なローンを組むには県内2トップの銀行の金利をチェック
 ●ボーナス返済を上手に使って、支払利息を大きく減らそう!

 新規の借入の方だけでなく、今の低金利で借り換えを考えていらっしゃる方にも参考になる本だと思います。
 特に、借り換えではなく、金融機関との金利引き下げ交渉術についての説明は多くの方にとって有益だと思います。

 まぁ、こんなところですが、amazonの「なか見!検索」では、目次だけでなく本文の一部までネットで見ることができるので、内容がイメージできて助かりますね。一度、確認してみてください。 
               ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
 
  


 なお、固定金利をすすめるFPと変動金利をすすめるFPの記事で紹介した池上氏には、この本は徹底して批判されていました。

 しかし、過去に出版された版も、それぞれが出版された時点での適切なアドバイスになっていると思います。

 たまたま、この20年近くがデフレ基調だったために、結果として変動金利を選択した場合の方が総返済額が少なくて済んだだけの話なんですよね。

 池上氏が過去の実績から変動金利の優位性を主張したい気持ちは分かります。

 分かりますが、それはレースが終わった後に、「だから俺は、1番人気が来ると言っただろう!」と自慢している競馬場の予想屋のおっちゃんと一緒なんですよ。
 これまでのデフレ状況下でのデータは、今後、全く参考にならないと思います。
 なにしろ、日銀は過去に例を見ない異次元の金融緩和をやっている訳ですから・・・

 それに深田さんは、どちらを選択した方が得だなんて事は言っていない。
 ただ、危険な金利タイプのリスクと対処法を説明しているだけなんですね。

 それを「不勉強」と批判するのは、全く当たっていない。

 私はそう思うんですが・・・・ 
 
 次回、私なりの「固定金利か、変動金利か」の問題についての現時点でのまとめを書いてみたいと思います。
 
     楽天市場をご利用の方はこちら 
       ↓  ↓  ↓
 【送料無料】住宅ローンはこうして借りなさい改訂4版 [ 深田晶恵 ]

【当サイト内関連記事】
固定金利をすすめるFPと変動金利をすすめるFP
金利は上昇!もしも2年後に変動金利が3%になったら・・のシミュレーション
意外と小さい変動金利のメリット
長期金利が急上昇、住宅ローン金利への影響は?
フラット35の6月金利は急上昇か?長期金利が続伸

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず



THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

断熱材の選択に迷った時おすすめの本「最高の断熱・エコ住宅をつくる方法」

2014年4月に最新版が出版されました。
次の記事で紹介しています。
 >>> 家づくりの勉強におすすめの本「カラー・最新版 最高の断熱・エコ住宅をつくる方法」

以下は、オリジナル記事です。

 住宅の建築を考え始めると、どなたでも書店の住宅・建築コーナーで色々な本を開いてみると思います。

 通り一遍の入門書ならともかく、少し専門的になってくると、それぞれ主張する内容も異なるし、どの本を信用していいのかさえ分からなくなってきます。
 私も最初の頃は、そんな状態でした。
 そんな時、役立ったのが、鹿児島銀行の住まいの会

 こちらに入会すると、ローンセンターに置いてある住宅関連の本が無料で貸出しできるので、片っ端から読みました。

 本屋やネットで買い漁るのはとても小遣いが持ちませんから助かりました。
 最近は気になっていた本を図書館で借りるっていうことも増えてきました。

 住宅建築の検討を始めた皆さんは、同じような悩みをお持ちのことと思います。

 当ブログでも、できるだけ体系的に入門書から、設計・間取りに役立つ本
 そんな感じで厳選して紹介したいと思ってはいるんですが、今回は、とりあえず皆さんにとって最大の関心事のひとつであろう「断熱の工法・断熱材」を検討する際に最適の参考書を紹介します。

 断熱・気密の入門書としては、以前から南雄三さんの「スラスラわかる断熱・気密のすべて 」をおすすめしています。

 こちらで断熱・気密の基礎を勉強していただき、結露の発生システムだとか透湿抵抗だとかご理解いただいた上で、

 じゃあ、実際に断熱工法は外貼り断熱がいいのか充填断熱がいいのか?
 断熱材は何がいいのか?

 そんな疑問に応えてくれるのが、西方 里見さんの「最高の断熱・エコ住宅をつくる方法」です。 



 西方 里見さんといえばベストセラー「外断熱が危ない」の著者として知られています。
 
 「外断熱が危ない」が出版された頃は、

 ・外断熱でなければ結露に悩まされる!
 ・グラスウールを使用するなどもってのほか!
 なんて、理論が横行していましたが、これに警鐘を鳴らしてくれたのが西方さんでした。

 今回、紹介する最高の断熱・エコ住宅をつくる方法では、実際の建築に役立つ工法や断熱材の比較が更に掘り下げて紹介されています。

 工法や断熱材についても、最高のものはこれだ!と決めつけるのではなく、それぞれのメリット・デメリット・費用対効果を客観的に紹介して選択の判断材料を与えてくれます。

 そういう点では偏りがなく、素人でも誤解や偏見を植えつけられることなく読める参考書です。
 初めて断熱の勉強をされる方には、ちょっと難しい面はありますが、是非、読んでおきたい本だと思います。

 「偏見なく」とは言っても、著者がおすすめする工法はあります。
 西方さんは、充填断熱+外貼り断熱の「付加断熱」を提唱されています。
 また、高気密・高断熱、基礎断熱を前提に書かれた部分が多いですから、そこはご理解いただいた上で読んでいただければと思います。
 (私にとってはすんなり腑に落ちるものばかりですが、色々な考えの方もいらっしゃいますから、これが絶対とは申しません。)
 
 夏型結露の防止に最適な気密シートの紹介、Low-eガラスの使い分けなど、私の疑問点にもおおいに応えてくれた本です。
 私がこの本を購入したのは家を建築した後でしたので、我が家の建築にはこの本の内容(特に暖房計画など)が活かされていません。

 私にとっては、建築前に巡り会いたかった一冊です。

最新版はこちら


amazonをご利用の方はこちらから

 

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず


THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |
プロフィール
kokko
2008年にヤマサハウス絆の家が完成
2011年太陽光発電設置
宅建主任者試験合格、ファイナンシャルプランナー資格者
ただし、実務経験ゼロ
建築はど素人の中年男性です。
よろしく!
ブログランキングに参加しています。 ブログ村には参考になる施主ブログが一杯
Just For You


ワンダーコア使ってます。
レビュー記事はこちら
プロテインと腹筋マシーン、ワンダーコアで5kgダイエットに成功


【送料無料】コストダウンの方法がわかる!後悔しない上質な家づくり [ 中村康造 ]



【リビングにおすすめのグリーン】
ウンベラータ


アルテシーマ


シーグレープ


エバーフレッシュ

  【紹介記事】
 >>>リビングにおすすめの観葉植物

おすすめのお店
 >>>e-RANさんHP
 


検索フォーム
サイト内検索はこちら
アクセス数

債務整理のお悩み相談

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。