スポンサードリンク
 







カスタム検索
カテゴリ
この記事にリンクを貼る

このブログはリンク・引用(記事の一部に限る)とも自由です。
ただし、引用する際には、オリジナル記事へリンクを貼ってください。
記事へのリンク・引用をする際には、次のタグをコピペされると便利です。
各記事のタグを表示するには、記事タイトルをクリックして記事表示に切り替えてください。

このブログのリンク用タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

固定資産税の縦覧・閲覧に行きましたが、納得がいかない!

 市役所の支所へ固定資産税の縦覧と閲覧に行ってきました。

 正確には、「土地(家屋)価格等縦覧帳簿」の縦覧と「固定資産課税台帳」の閲覧です。

 縦覧制度は、固定資産税の納税者が自己の資産と市内に所在する他の土地や家屋の価格(評価額)とを比較するために縦覧帳簿を縦覧する制度
 閲覧制度は、納税義務者や借地・借家人などの使用収益権者(地代、家賃などを支払っている場合に限る)がその権利を持つ資産部分の課税内容について閲覧できる制度です。

 さて、支所の税務課へ行くと特に会場が設けられていることもなく、家屋係の窓口カウンターで申請書を書かされ、身分証明書(免許証など)を提示して資料の提供を受けました。

 まずは、固定資産台帳の閲覧ですが、台帳と言っても今は電子データなので、土地と家屋の名寄閲覧と書いた出力データをもらうだけです。
 内容としては、地番・構造・用途(地目)・評価額・税額なので、既に納税通知書をもらったことのある方にとっては何ら目新しいものはありません。

 次に縦覧帳簿の縦覧ですが、今回は家屋分を申請してみました。
 私は、縦覧用の帳簿があって知りたい家屋や土地の評価額を見ることができるものと思っていました。

 ところが、担当の方から、「見たい家屋の地番を記入してください。」と言われ困っていると、
 「○○番~□□番」みたいな範囲でもいいですよとのことだったので、とりあえず適当に書いてご近所さんの評価額を拝見しました。

 これで構造と評価額が分かるんですが、真剣に評価額の適否を検討したいと考えるなら事前に自分の家屋と比較したい家屋の地番を調べておかないと意味がありません。
 
  太陽光発電パネルに課税される固定資産税の計算方法の記事でも書きましたが、この2つの資料だけでは、自分の住宅がどのような積算で評価額が算定されているのかは分かりません。
 それを知るには家屋評価調書を閲覧しなければなりません。

 行政サービスで見せてくれる市町村もあるようですが、こちらの支所では正式に開示請求をしなければならないとのこと。 
 この場合は印鑑と身分証明書が必要で、交付までに1週間くらいかかるとのことでした。
 しかも、開示してくれるのは評価調書の現物ではなく、評価調書からデータを抜き出してExcelデータにしたものだということでした。

 おそらくは、部分別評点の一覧が表示されるだけで補正率までは表示されないのだろうと判断し、それなら必要ありませんと断りました。 
 最近は、「建物鑑定」なる業者のように固定資産税の還付を狙う業者がいるので、市役所としても防御策をとっているのでしょう。
 そんな営利を目的にする業者の行為によって、本来、納税者が受けられるべきサービスである課税物件に関する説明が十分に受けられないというのは不合理な気がしました。

 これだけでは、わざわざ時間を割いて出かけたのにもったいので、担当の方に以前から疑問に思っていた屋根の軒出の補正について教えていただきました。

 軒出の大きいものとは60cmで1.20の補正というのは知っていたんですが、
 鹿児島市の取り扱いとしては、
 60cm~70cm未満 1.20
 70cm~75cm未満 1.21
 75cm~80cm未満 1.22
 80cm~85cm未満 1.23
 85cm~90cm未満 1.24
 90cm以上    1.25 としているとのこと。
 軒出が大きいからと言って単純比率で補正率を出されたのでは不利になると思っていたんですが、この補正率なら納得のいく取扱いだと感じました。

 ところで、タイトルに書いた納得がいかない点ですが、
 我が家の評価額はというと、もともと安いのは知っていましたし、今年の評価額も計算通りですから問題ありません。

 気になったのは、我が家より㎡単価で1割以上は高いだろうと思っていたお宅が我が家とあまり差がなかった点

 なぜ、そんなに安いんだろう?築年・構造からどう計算しても理解できない。
 かといって、そのお宅と比較して我が家が高すぎるんじゃないか審査請求するのも変な話です。
 そのお宅以外の家屋はすべて納得の評価額でしたから、、

 ところで、他のお宅と比較する際の注意点としては、縦覧簿に記載されている評価額は今年の評価額ですから、築年数によって経年減点補正率が掛けられているので単純には比較できないということ。
 また、出てきましたね。「経年減点補正率」
 近いうちにこの「経年減点補正率」についての記事を書きますので、もう暫くお待ちください。

 縦覧制度は固定資産税の1期分の納期限の日まで可能です。
 特に今年は3年に1度の審査請求のチャンスの年でもありますから、皆さんも市町村役場へ出かけられてはいかがでしょうか?

【関連記事】
固定資産税、今年は3年に1度の審査請求チャンス!
固定資産税の納税通知書から不動産取得税の税額を計算する方法
一条工務店の固定資産税はかなり高い上に驚愕の事実が発覚 
「経年減点補正率の記事を早く書いてくれ!」という方は、ぽちっとお願いします。
 ランキングが上がると更新の励みになります。 
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

各ハウスメーカーのランキングには参加していませんが、こちらも参考になるブログが一杯!
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ

ブログTOPページへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず



関連記事
スポンサーサイト
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

太陽光発電パネルの固定資産税アップ額はいくら?150円/㎡です。

 前回の記事「 太陽光発電パネルに課税される固定資産税の計算方法」では、モデルケースで太陽光発電パネルの固定資産税を計算してみました。

 しかし、自分の記事を読み返してみると

 「で、私の家では固定資産税はいくら高くなるの?」という皆さんの声が聞こえてきそうでした。
 
 それで、単純明快に屋根一体型の太陽光発電パネルを設置した場合の税額アップ分を発表します。
 
一条工務店 夢発電
       画像は一条工務店の夢発電システム


 屋根一体型の太陽光パネルの固定資産税は、
 木造住宅で瓦屋根と比較した場合、150円/㎡ ほどアップします。
 これをパネルの設置面積に掛けてください。

 架台に載せるタイプは評価の対象になりません

 例えば、一条工務店の夢発電で
 9.8m×8.8m(86.24㎡)の屋根に屋根一体型パネルを56枚設置した場合
 (発電量 140w×56枚=7.84kw)

 150円/㎡ × 86.24㎡ = 12,936円/年 の税額アップです。

 新築後3年間(長期優良住宅は5年間)は、1/2減額になります。

 同じく木造住宅のコロニアル葺きと比較すると、173円/㎡です。

 軽量鉄骨造では、木造より評価額がアップするので

 瓦屋根との比較で、176円/㎡
 コロニアル葺きとの比較で、203円/㎡ となります。

 計算の詳細は、次のとおりですが、興味のある方だけどうぞ!

 前回の記事で説明したように木造の屋根の評点には、小屋組などの主体構造の評点が含まれています。
 しかし、軽量鉄骨造の評点は主体構造は別に評点するため、純粋に屋根仕上げの評点だけが記載されています。

 軽量鉄骨造の屋根仕上げの標準量は、建て床面積1㎡当たり1.5㎡なので、仕上げ面積1㎡当たりの評点は次の表のとおりとなります。
 
 軽量鉄骨造の固定資産評価基準はこちら
   →  固定資産評価基準の一部を改正する告示案(家屋)<別表第8、第12、第12の2>
      *軽量鉄骨造専用住宅 329~336ページ 

 表の下に、木造・軽量鉄骨造の別ごとに瓦屋根・コロニアルとの比較の計算式が書いてありますので御参照ください。

固定資産税額計算
 
【関連記事】
太陽光発電パネルに課税される固定資産税の計算方法
平成24年固定資産評価基準(家屋)の説明

 よく分かった!という方は、ぜひクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

各ハウスメーカーのランキングには参加していませんが、こちらも参考になるブログが一杯!
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ

ブログTOPページへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず





関連記事
THEME:太陽光発電 | GENRE:ライフ |

太陽光発電パネルに課税される固定資産税の計算方法

前回の記事「 一条工務店の固定資産税はかなり高い上に驚愕の事実が発覚」でも触れた太陽光発電パネルの固定資産評価額ですが、今回はその具体例を挙げて評価額の算定をしてみます。

 まず、固定資産税の評価の対象となる太陽光発電システムの説明です。
 個人の住宅の太陽光発電システムは単独で課税対象となるわけではなく、家屋の一部として評価額に加算されます。
 しかも、その対象は固定資産評価基準に「建材型ソーラーパネル」とあるとおり、屋根仕上げを兼ねた屋根一体型パネルが対象であり、架台を設置し取り付ける据え置きタイプのパネルは評価の対象となりません。

  一条工務店夢発電
              画像は一条工務店の夢発電システム 

 この取り扱いには不公平感をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、「建材型ソーラーパネル」が紛れもなく家屋の一部であるのに対し、据え置きタイプは別に屋根仕上げは施工されており、パネルも取り外し可能だという点から家屋の一部と見るのは無理があります。
 また、中古の家屋でもどんどん据え置きタイプが設置されている状況から、新築時に設置されたものだけ評価の対象としては、それこそ不公平な取り扱いとなりますのでやむを得ないところでしょう。

 それでは、評価額の計算に入ります。

 条件設定:延べ床面積35坪(115.70㎡)総2階建て(建床面積57.85㎡)
      片流れ屋根1.5寸勾配、軒の出75cmの全面にパネル

 まず、固定資産評価基準表から補正率を求めます。

24年固定資産評価基準屋根

24年固定資産評価基準屋根補正率

 屋根の形式:片流れ屋根=0.8
 勾配の大小:1.5/10=0.85
 軒出の大小:75cm=1.4
 下屋の多少:ないもの=1.0
 施工の程度:普通のもの=1.0

 連乗補正係数 0.8×0.85×1.4×1.0×1.0=0.952

 *勾配の大小 1.5/10の0.85は「家屋評価実務ハンドブック」(財)地方財務協会の解説より
 *軒出の大小 75cmの1.4は同ハンドブックの解説「軒出の大きいものとは60cm=1.2」から計算
  軒出が大きいからと言ってあまり大きい補正率を使われると不利になります。
  仕上げ面積の実測値から総合補正率を逆算する方法もあります。

(屋根の評点)=(㎡当たり評点)×(補正率)×(建床面積)
       = 32,210 × 0.952 × 57.85 =1,773,907 点

 評価額:この評点に木造1点単価0.94円を掛けて1,667,472円
 *1点単価0.94円は地域によって異なりますが、0.94円は一般的な地方都市での単価です。
 *建床面積とは、家屋の垂直投影面積です。

 なお、家屋の評価には、取得額やシステムの能力は関係ありませんから、施工の程度は1.0です。

 結果として、1,667,472円が屋根部分の評価額です。
 ただ、これは太陽光発電のパネルの評価額ではなく、屋根の小屋組や下地材、労務費までを含む評価額ですから、実際に太陽光発電システムを設置するのに要する費用に比べるとかなり安いと言えます。

 もっとも、一般の瓦屋根なら標準評点数が12,250点ですから、それと比べると建床面積1㎡当たり20,000円程度高いと言うことになります。
 この家屋で言えば、110万円ほどの上乗せです。
 評価額は1年経過で8割ですから、88万円の差
 税額で言えば1.4%のときで12,300円の差 
 3年間(長期優良住宅なら5年間)は、その半額と考えれば税額的には大した差はないと言えるかもしれません。
 これ位の差額なら、デザイン性や発電効率を優先したいという方もいるでしょう。

 コロニアルは化粧スレートの9,170点、ガルバリウム鋼板は6,680点で計算されます。
 こちらと比較すると瓦の場合よりは差が大きくなりますが、

 次回、どなたでも設置面積から税額を計算できるよう太陽光発電パネルの1㎡当たり税額を発表します。

 なお、片流れ屋根は施工の手間が省けますので0.8の補正率となっていますが、外壁仕上げの面積が大きくなりますので、評価額ではそこまで差は出ません。

 太陽光発電パネルに課税される固定資産税についてはこんなところですが、これを参考に市役所で固定資産税の縦覧をしてみますか?
 しかし、縦覧簿では全体の評価額しか記載されていませんから、チェックはできません。

 固定資産台帳の閲覧を申請しても、部分別の評点までは記載されていないのが普通でしょう。

 となれば、評価調書の閲覧を申請することになりますが、制度化されているのは固定資産台帳の閲覧までですから、評価調書については市町村が行政サービスとして説明するかどうかの判断になります。
 もし、見せられないというものをどうしても見たければ開示請求という手段がありますが、最近は行政側でも柔軟に対応してくれるケースが多いようです。

【関連記事】
太陽光発電パネルの固定資産税アップ額はいくら?150円/㎡です。
「ソーラーパネルは見えた時だけ課税します。」ってそんなぁ~
平成24年固定資産評価基準(家屋)の説明
太陽光発電の売電収入を確定申告する計算方法

今回の記事、参考になりました?参考になったという方は、ぜひクリック(投票)をお願いします。
ランキングが上がると更新の励みになります。今日は何位でしょうか? 
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

各ハウスメーカーのランキングには参加していませんが、こちらも参考になるブログが一杯!
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ
 





関連記事
THEME:太陽光発電 | GENRE:ライフ |

焼肉キング鹿児島谷山店の土日祝限定食べ放題ランチメニュー

 昨年、産業道路沿いにオープンした焼肉キング鹿児島谷山店へ行きました。

焼肉キング

 うちの家族で行くのは今回で2回目
 狙うのは土日祝限定の食べ放題ランチ(実施店舗限定)です。

 44種類のメニューが100分間食べ放題で1,980円税込2078円
 → 焼肉キングのHP 

 小学生は半額、未就学児無料というのは、子育て世代にとっては嬉しい限りです。
 44種類のメニューには、一通りの焼き肉メニューに加えて、クッパやビビンバなどのご飯類からサラダ、デザートにドリンクバーとランチには十分な品揃えです。

焼肉キング液晶

 テーブルにある取り外し可能な液晶画面から注文すると店員さんがテーブルまで持って来てくれるシステムです。
 注文できるのは、入店後80分間

塩タン

 画像は塩タン

 味は?というと、我が家の6歳の次男が「なべしまの方が美味しい。」と言っておりました。
 それはそうだろうけど、6歳にしては妙に舌の肥えた子です。

 一方、長男の方は、好きな物が好きなだけ食べられるからキングの方が好きだと言っておりました。
 実に親思いの優しい子です。
 なにしろ、なべしまに行くと、親は子供達に肉を譲って、お代わり自由のご飯でお腹を膨らませてますから、
 味は多少落ちても肉を思い切り食べられるこのシステムは有り難いですよ。
 それに1,980円の食べ放題にしては、まずまずの味だと思います。
 私は特に野菜クッパが好きですね。

 それと嬉しいのは、サラダメニューが充実していて美味しいこと
 写真のカリカリじゃこの緑野菜サラダはおすすめです。

焼肉キングサラダ

 食べ放題メニューは、58品目2,480円、100品目2,980円などがありますが、この土日祝日限定食べ放題ランチは、午後3時までに入店して注文します。
 たまには、ガッツリ肉を食べたいという時にはぴったりの焼き肉キングの紹介でした。

焼肉キング地図

焼肉キングの平日20%OFFなどお得なクーポンはこちら


今回の記事、参考になりました?参考になったという方は、ぜひクリック(投票)をお願いします。
ランキングが上がると更新の励みになります。今日は何位でしょうか? 
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

各ハウスメーカーのランキングには参加していませんが、こちらも参考になるブログが一杯!
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ

ブログTOPページへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず
 


関連記事
THEME:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 | GENRE:地域情報 |

一条工務店の固定資産税はかなり高い上に驚愕の事実が発覚

 4月から5月は固定資産税の納税通知書が送られてくる時期です。
 当ブログでも、固定資産税や不動産取得税に関する記事をこれまでいくつか紹介してきました。
 
 その中で、木造住宅であれば40坪位までなら不動産取得税は1,200万円控除(長期優良住宅は1,300万円控除)で、課税にならないケースがほとんどですという風に説明してきました。
 ところが、一条工務店で住宅を建築されたneronaさんの記事「固定資産税の調査は遅い方がいいかも」を読んで驚きました。

 市の家屋調査員の方から、一条工務店のi-cubeなら評価額の㎡単価が12万円~13万円だという説明があったというんです。

 市の調査員も余裕を持って高めに説明されているかもしれませんが、
 木造住宅なら普通は、㎡単価8万円~9万円というところでしょう。
 それより3万円から4万円も上積みされるということになります。
 ちなみに、ヤマサハウスで建てた我が家の新築時の㎡単価は、84,487円です。
 (次世代省エネ基準仕様、H24基準に補正後の評価額) 
 長期優良住宅ではありませんので、長期優良住宅なら9万円程度にはなるのかもしれません。

 確かに、夢発電を載せたi-cubeなら建材一体型ソーラーパネルに全館床暖房、全熱交換タイプの換気設備が評価額に加算されますから高くなるのも無理はありません。
 そこで、どれくらい評価額が上がるものか試算してみました。
 (一条工務店の施主でもない私が計算するのは余計なお世話かもしれませんが、一条工務店の高い住宅性能を認めた上での試みですのでご容赦ください。)

 試算の設定条件は、35坪(115.70㎡)の住宅として、屋根仕上げ・断熱材(外壁面)の施工面積は24年固定資産評価基準の標準量、床暖房設置面積は延べ床面積の8割、換気設備の対象面積は全延べ床面積として算定しています。

一条固定資産税

 試算の結果、一般の木造住宅の評価額に上積みされる分が3,826,900円
 1㎡当たり33,076円高いという計算になりました。

 長期優良住宅の標準的な木造住宅の1㎡当たり評価額を9万円と仮定して上積み分を加算すると約12万3千円
 率にして37%も高いという結果です。
 新築時の評価額は、14,231,100円となります。

【追記】

 実際に固定資産税の通知が来たという方のブログ記事を拝見すると、ざっくりですが、

 i-cubeで
  太陽光パネル、床暖房なしで㎡当たり85,000円くらい
  これに、太陽光パネルでプラス1万円、床暖房でプラス2万円くらいかなという感じです。
    ~ 追記終わり

 その評価額から、不動産取得税・固定資産税・都市計画税(0.3%)を計算してみました。
 (都市計画税は課税されない地域もあります。)

【平成23年築の場合】

新築時評価額   14,231,100 ÷0.99 = 14,374,848 円
 (0.99は21基準→24基準の補正率)
平成24年評価額 経年減点補正率 0.80 11,384,880 円
平成27年評価額 経年減点補正率 0.68  9,677,148 円

○不動産取得税
 (14,374,000-13,000,000)×3% = 41,200 円

○固定資産税・都市計画税

 年 度  評価額   税率 固定資産税 都市計画税 合計
平成24年 11,384,000  0.7  79,600   34,100  113,700
平成25年 11,384,000  0.7  79,600   34,100  113,700
平成26年 11,384,000  0.7  79,600   34,100  113,700
平成27年  9,677,000  0.7  67,700   29,000   96,700
平成28年  9,677,000  0.7  67,700   29,000   96,700
平成29年  9,677,000  1.4  135,400   29,000  164,400

【平成24年築の場合】

新築時評価額   14,231,100 円
平成25年評価額 経年減点補正率 0.80  11,384,880円
平成27年評価額 経年減点補正率 0.70  9,961,770円
平成30年評価額 経年減点補正率 0.65  9,250,215円

○不動産取得税
 (14,231,000-13,000,000)×3% = 36,900 円

○固定資産税・都市計画税

 年 度  評価額   税率 固定資産税 都市計画税 合計
平成25年 11,384,000  0.7  79,600   34,100  113,700
平成26年 11,384,000  0.7  79,600   34,100  113,700
平成27年  9,961,000  0.7  69,700   29,800   99,500
平成28年  9,961,000  0.7  69,700   29,800   99,500
平成29年  9,961,000  0.7  69,700   29,800   99,500
平成30年  9,250,000  1.4  129,500   27,700   157,200

*3年ごとの評価基準の変動はないものとして試算

 全館床暖房と言う言葉から、延べ床面積の8割に電気式床暖房で計算しましたが、実際にはこんなに施工面積は大きくないかもしれません。
 実際の床暖房施工面積から計算してみてください。

 さて、税額としてはこれに土地の税金がかかる訳ですからかなりの負担です。
 しっかり、不動産取得税も課税されます。

 そして、この計算の中で驚愕の事実が発覚しました。
 それはこの住宅に適用される経年減点補正率です。
 経年減点補正率の詳細については改めて説明しますが、今回は結論だけ説明します。

  >>>皆さん勘違いしてません?家屋の評価額と経年減点補正率

 家屋の固定資産評価額は年々減少すると言われます。(正確には3年ごとにですが、)
 新築時の評価額を補正するのが、この経年減点補正率です。

 通常、木造の住宅は25年経過で下限の0.2に達しますが、1㎡当たり評点が114,000点以上の場合には、下限の0.2に達するのが35年目です。
 これは、軽量鉄骨造住宅の30年より長くなっています。

 つまり、上の試算で出た新築時の評価額がかなり高い上に、評価額の落ちるスピードも遅いということになります。
 具体例を挙げると、築16年経過の時点で、一般の木造住宅が新築時の4割ちょうど、軽量鉄骨造が46%であるのに対して、上記の住宅は5割ちょうどです。

 一条工務店の施主の皆さんにはつらい情報かもしれません。
 しかし、これだけ価値の高い住宅を驚くほどの低価格で提供しているハウスメーカーだ言うこともできます。
 各設備に関しても独自の生産・調達ルートを持っているからこそなし得ることです。

 今、住宅の建築を検討中の皆さんには、固定資産税のことはあまり考えずに満足のいく家づくりに集中してくださいと言いたいと思います。
 ただ、太陽光発電は建材一体型ソーラーパネルではなく、据え置き型でもいいのかなとは思いますが、、

【関連記事】
太陽光発電パネルの固定資産税アップ額はいくら?150円/㎡です。
固定資産税の納税通知書から不動産取得税の税額を計算する方法
平成24年固定資産評価基準(家屋)の説明
太陽光発電の売電収入を確定申告する計算方法
皆さん勘違いしてません?家屋の評価額と経年減点補正率

今回の記事、参考になりました?参考になったという方は、ぜひクリック(投票)をお願いします。
ランキングが上がると更新の励みになります。今日は何位でしょうか? 
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

各ハウスメーカーのランキングには参加していませんが、こちらも参考になるブログが一杯!
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ



関連記事

入居3年で転居の危機

 もうすぐゴールデンウィークですが、皆さん、もうスケジュールはお決まりですか?
 
 我が家は毎年のことながら、この時期になってからバタバタと、ホテルの空き部屋を探してます。
 
 4~5日前まではどのホテルも予約が一杯でなかなか空きがなかったんですが、2日前くらいから割と手頃な部屋の空きが出てきました。
 そろそろ、スケジュールが確定してキャンセルが出てくる頃なんでしょうね。

 楽天トラベル「ゴールデンウィークに泊まれる宿」(右のフレームにバナーもあります。)で検索すると簡単に空きが見つかります。
 小学生(高学年・低学年)、幼児の区分まで入力できるので便利です。
 我が家もようやくホテルの予約ができました。
 その旅のお話は、連休明けにでも書きたいと思います。

 さて、今回のタイトルなんですが、実は私こと、この度転勤となりました。 

 3年前に完成した我が家ですが、その時もわずか入居2ヶ月で転勤になりました。
 そして、この3年間、片道1時間オーバーの長距離通勤を続けてきました。

 それがこの4月の転勤で、少し通勤が楽になるかと思いきや、なんと片道2時間かかる遠隔地でした。(涙)

 家族揃って転居ということも考えましたが、今の住宅をわずか入居3年で貸家にしたくもないし、空き家にもしたくない。
 かと言って、単身赴任も子供達が小さいから一緒に暮らしたいということで没

 大体、住まいブログを書いているのに自宅の状況がわからないのはつらすぎますよ。
 そんなこんなで結局、通勤することにしました。
 通勤に1日4時間かかることになります。


桜島 


 そして毎日、こんな景色を見ながら通勤しています。

 帰って来ると流石に疲労困憊で、ブログの更新も平日は滞り気味ですが、少しペースは落ちても引き続き頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 通勤頑張って、ブログの更新も頑張れって応援してくださる方は、
 ポチッとクリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

各ハウスメーカーのランキングには参加していませんが、こちらも参考になるブログが一杯!
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ


関連記事
THEME:日々のできごと | GENRE:ライフ |

民主党の消費税増税法案における住宅の特例

 民主党が今国会での成立を目指す消費税増税法案ですが、その中で住宅の請負契約に関する特例はどうなっているのか気になるところです。
 今回は、民主党から出されている消費税増税法案の内容を見てみました。

 その法律案の内容は次の要綱に示されています。  
 →「社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する等の法律案要綱

 まず、税率アップの予定ですが、現行5%の消費税率を26年4月に8%、27年10月に10%へ引き上げることとなっています。
 この要綱の中で示されている税率は、国税である消費税分のみなので4% → 6.3% → 7.8%となっていますが、地方消費税分を加えると、5% → 8% → 10%という税率になります。

 次に住宅関連の特例ですが、住宅の請負契約関連については、次のとおりとなっています。(5%→8%引き上げ時)
 
 「平成25 年10 月1日前に締結した工事の請負契約等に基づき、施行日以後に当該契約に係る課税資産の譲渡等が行われる場合には、当該課税資産の譲渡等に係る消費税率は、現行税率(4%)とする等の経過措置を講ずることとする。」

 つまり、税率アップの半年前までに請負契約を結んだ分については、引き渡しが税率アップ以後であっても旧税率を適用するということです。
 なお、8%から10%への引き上げ時にも同様に旧税率(8%)を適用するということになっています。

 本来、消費税の税率は契約締結時ではなく、引き渡し時のものが適用されますが、住宅の契約に関しては個人の負担が大きくなりすぎるということで、前回の消費税引き上げ時(3%→5%)にも、税率アップの半年前までに契約したものについては旧税率を適用するという特例がありました。

 今回もこのような特例が設けられるのか注目されるところですが、法案の要綱では前回と同じような経過措置を講じるとなっていますので、税率アップになるにしてもこの特例はほぼ間違いなく規定されるものと思われます。

 それでも、契約締結の期限まで後、約1年半しか?ありません。
 いえいえ、まだ1年半も?あります。

 あまりに期限ぎりぎりでは、売り手市場になってしまいますが、あと1年くらいはあせることなく土地探しや住宅の仕様・設計の検討に十分、時間をかけても大丈夫でしょう。

 ただし、金利の動向には注視していきましょう。
 消費税の増税より金利の負担増の方が大きかったということもあり得ますから、
 ただ、これも運・不運はつきものですから、くれぐれもあせって後悔することのないようにしたいものです。

 今日の記事、参考になったでしょうか?
 参考になったという方は、こちらをクリックしてくださいね。
 ランキングが上がると更新の励みになります。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

各ハウスメーカーのランキングには参加していませんが、こちらも参考になるブログが一杯!
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ

【関連記事】
消費税増税と住宅ローン控除から見た「2012年は住宅の買い時か?」1
消費税増税と住宅ローン控除から見た「2012年は住宅の買い時か?」2



関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

固定資産税の納税通知書から不動産取得税の税額を計算する方法

 土地や住宅を取得すると翌年から課税されるのが固定資産税
 その納税通知書が4月から5月にかけて各市町村から発送されます。

 この納税通知書が届いた皆さんに是非、計算していただきたいのが、住宅の新築時評価額です。
 この新築時評価額が分かれば、不動産取得税の税額計算ができます。

納税通知書

 まずは,納税通知書に記載されている家屋の評価額を見ます。
 課税標準額ではなく評価額です。
 課税明細書の方に記載されているかもしれません。

 この評価額は、新築時の評価額に経年減点補正率が掛けられたものです。
 住宅用家屋の経年減点補正率は、新築の翌年(つまり初めて固定資産税が課税される年)は0.8です。
 これは、木造・非木造を問いません。

 ですから通常の年なら、(固定資産税の評価額)÷0.8で住宅の新築時評価額が計算できます。

 ただし、平成24年は固定資産評価額の3年に1度の見直しの年に当たりますので、計算がちょっと複雑になります。

 今回の家屋の評価額の見直しは、平成23年の評価額を平成24年基準で評価し直すとどうなるかという視点で行います。
 と言っても、全棟を評価し直すわけにはいきませんから、23年の評価額に24年基準と21年基準の変動率を掛けて、一律補正するという手法を取ります。
 
 この際、使用する率を補正率と言いますが、21基準→24基準の補正率は、
 木造が0.99
 軽量鉄骨造などの非木造が0.96となっています。
 24年基準に補正すると21年基準よりわずかながら安くなるという訳です。

 本来、平成23年築の家屋は、平成21年基準で評価すべきですが、固定資産税の課税基準日は24年の1月1日です。
 市町村は21年基準で評価すると即、24基準に補正しなければならないのでそんな面倒なことはせず、初めから24年基準を使って評価しています。

 一方、不動産取得税は新築時の評価額を基に税額を計算しますので、23年の評価額(つまり21年基準での評価額)に戻す必要があります。
 21年基準での評価額に戻すには、24年基準での評価額を先ほどの補正率で割り戻します。

 よって、23年築住宅の新築時の評価額は、
 木 造=24年固定資産評価額÷0.8÷0.99
 非木造=24年固定資産評価額÷0.8÷0.96
                    となります。

 仮に、固定資産税納税通知書に記載された評価額が、1,100万円の軽量鉄骨造専用住宅なら
 11,000,000 ÷ 0.8 ÷ 0.96 = 14,322,916円
 が新築時の評価額となります。
 
【不動産取得税の計算】

 新築時の評価額が計算できれば、不動産取得税の計算は次の式で求めることができます。

 不動産取得税額 = 課税標準額 ×税率3%
 課税標準額 = 新築時の評価額-1,200万円(長期優良住宅は1,300万円)
 課税標準額は千円単位以下の端数は切り捨て、税額は百円単位以下の端数は切り捨てます。

 先ほどの軽量鉄骨造の住宅を長期優良住宅として計算すると
 課税標準額=14,322,916円-13,000,000円=1,322,000円
 税   額=1,322,000円 × 3% = 39,600円

 新築時の評価額が1,200万円(長期優良住宅なら1,300万円)以下なら家屋の不動産取得税はかかりません。
 厳密に言うと新築家屋の免税点は23万円ですから,1,223万円(長期優良住宅なら1,323万円)以下なら家屋の不動産取得税はかかりません。
 
 この式で計算してみると、40坪以下の木造住宅はほとんど課税にならないと言っていいでしょう。
 軽量鉄骨造の住宅なら40坪で1,200万円を超える住宅も多いでしょうが、長期優良住宅の特例控除額1,300万円に救われて課税にならないケースも多いものと思います。

 あなたも納税通知書から不動産取得税の計算をしてみてくださいね。
 そして、思ったより税額が安くて済んだっていう方は、
 こちらをクリックしてくださいね。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

各ハウスメーカーのランキングには参加していませんが、こちらも参考になるブログが一杯!
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ





関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

固定資産税、今年は3年に1度の審査請求チャンス!

 住宅を建てる方(建てた方)にとっては大変、気になる固定資産税
 今年は、この固定資産税の価格に対して不服がある時に審査請求ができる3年に1度の年に当たります。

 固定資産税の課税対象となる土地・家屋の価格は、市町村の固定資産台帳に登録されています。
 この固定資産台帳に初めて登録された不動産の価格に対して不服がある時は、その後、納税通知書が届いた日から60日以内は審査請求ができます。

 つまり、新築の住宅は、新築された年の翌年に初めてその価格が固定資産台帳に登録されますから、納税通知書が届いた日から60日以内は審査請求ができます。
 しかし、この時期を逸すると、あとは3年に1度の評価替えの基準年にしか審査請求はできません。

 平成24年は、土地・家屋ともに固定資産評価額の評価替えの基準年です。
 なので、土地や一昨年以前に新築された家屋の固定資産評価額に不服のある方は今年が3年に1度の審査請求チャンスということになります。

 どの市町村でも、例年、4月~5月くらいに固定資産税の納税通知書が届くと思います。
 この納税通知書に課税明細書が同封されていて、その中に各不動産の評価額が記載されています。
 (課税標準額ではなく、「評価額」です。)

 事前に評価額を知るには、「固定資産台帳」の閲覧をするか「土地(家屋)価格等縦覧帳簿」の縦覧を行うこととなります。

 固定資産台帳の閲覧は、当然、所有者自身の物しかできませんが、土地(家屋)価格等縦覧帳簿は、納税義務者であれば近隣の土地・家屋と比較ができるように他人の不動産の評価額まで見ることが出来ます。

 この価格に不服がある時には、固定資産評価審査委員会に審査の申し出をすることとなります。
 ただし、評価額の修正というのはそう簡単にはいきません。

 昨年、TBSで放送された報道特集の番組でも、東京都の固定資産評価審査委員会では、家屋の評価額に対する納税義務者の主張が認められることはほとんどない(調べた範囲では全くなかった?)とのことでした。 
 一度、決定した評価額を請求の都度、精査し誤りを修正していたのでは、課税額が確定せず事務も輻輳するので好ましくないとして無視できる範囲の誤りは修正の要求に応じないという考えがあるようです。

 それなら、正式に審査請求して認められないよりは、疑問がある時には、まずは課税担当課へ相談に行った方が得策だと思います。
 東京都ほど大きくない一般の市町村なら、明らかな誤りがあれば評価額の修正に応じてくれる可能性が高いと思います。
 
 しかし、そんな大ごとになる前に、評価の誤りをさせないということが大切です。
 その方法については、また記事にすることとして、次回(?)は納税通知書の評価額から家屋の新築時の評価額を計算する方法を紹介します。

今回の記事、参考になりました?参考になったという方は、ぜひクリック(投票)をお願いします。
ランキングが上がると更新の励みになります。今日は何位でしょうか? 
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

各ハウスメーカーのランキングには参加していませんが、こちらも参考になるブログが一杯!
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ

ブログTOPページへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず

 
 



関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

ヤマボウシの葉が出てきました。

 先日、冬の様子を紹介した我が家のヤマボウシ
 他の樹種に比べると芽吹く時期が遅くて、例年、やきもきさせられます。

 それが、今年はもう既に葉がほぼ出揃いました。
 冬場の冷え込みから逆に春の訪れのインパクトが強かったのか?

 その辺は良く解りませんが、今年は元気に育ってくれる予感

 ヤマボウシ芽吹き

新葉ヤマボウシ


 なにしろ、このヤマボウシ君
 元気がなくて、毎年、夏場に落葉しています。

 ここ2年は、褐斑病ですが、植えた1年目は水枯れでした。

 冬場に植樹された皆さん!
 冬場は樹もあまり水を吸わないから少しの水で大丈夫!と思っていませんか?

 植樹されたばかりの樹は、一所懸命大地に根を張ろうと頑張っていますから、根が活着するまでは冬場でも水はたっぷり必要なんだそうです。
  
 我が家は、南向きで樹のすぐ近くにアスファルト道路がありますから土が乾燥しやすいんですね。
 そうならないように、この時期には週に2回程度はホースで5分間ほど水をやるようにしています。
 
 水枯れによる落葉だけは絶対に避けようと思っています。
 ゴールデンウィーク頃には防除もしてみようと考えています。
 なんとか今年こそ元気に育って秋には美しい紅葉を見せて欲しいものです。

今回の記事、参考になりました?参考になったという方は、ぜひクリック(投票)をお願いします。
ランキングが上がると更新の励みになります。今日は何位でしょうか? 
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

各ハウスメーカーのランキングには参加していませんが、こちらも参考になるブログが一杯!
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ

ブログTOPページへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず

 
 
関連記事
THEME:ガーデニング | GENRE:趣味・実用 |
プロフィール
kokko
2008年にヤマサハウス絆の家が完成
2011年太陽光発電設置
宅建主任者試験合格、ファイナンシャルプランナー資格者
ただし、実務経験ゼロ
建築はど素人の中年男性です。
よろしく!
ブログランキングに参加しています。 ブログ村には参考になる施主ブログが一杯
Just For You


ワンダーコア使ってます。
レビュー記事はこちら
プロテインと腹筋マシーン、ワンダーコアで5kgダイエットに成功


【送料無料】コストダウンの方法がわかる!後悔しない上質な家づくり [ 中村康造 ]



【リビングにおすすめのグリーン】
ウンベラータ


アルテシーマ


シーグレープ


エバーフレッシュ

  【紹介記事】
 >>>リビングにおすすめの観葉植物

おすすめのお店
 >>>e-RANさんHP
 


検索フォーム
サイト内検索はこちら
アクセス数

債務整理のお悩み相談

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。