スポンサードリンク
 







カスタム検索
カテゴリ
この記事にリンクを貼る

このブログはリンク・引用(記事の一部に限る)とも自由です。
ただし、引用する際には、オリジナル記事へリンクを貼ってください。
記事へのリンク・引用をする際には、次のタグをコピペされると便利です。
各記事のタグを表示するには、記事タイトルをクリックして記事表示に切り替えてください。

このブログのリンク用タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のトイレは寒い?

 これまで、当ブログで我が家の寒さ対策やフローリングが冷たくて残念!といった記事を書いてきました。
 これが、読む人の誤解を招いたらしく、いったいどれだけ寒いんだ?とか、無知による暖房不足だとかいったご指摘をいただきました。

 それで、今回は我が家の冬の寒さに関する現時点でのまとめ記事を書いてみたいと思います。

 まず、私が住む鹿児島市の気象の状況ですが、2011年の年間平均気温が18.4℃
 省エネ基準のⅤ地域に属します。

 真冬でも最低気温が氷点下になることはほとんどありません。
 入居した平成21年1月からの最低気温を見てみると、今年の2月3日が-2.9℃
 その次に寒かったのが、平成23年の1月に-1.6℃という最低気温がありますが、それ以外は氷点下でもマイナス0℃台という日が数日あるだけです。

 そこにC値0.76cm2/m2、Q値2.29W/㎡・Kの家を地場のヤマサハウスで建てました。
 C値はそこそこですが、Q値はⅢ地域の次世代省エネ基準をやっとクリアする程度ですから、「Ⅴ地域にしては高気密・高断熱の家」と自称しています。

 新築当時は、Q値が2.43W/㎡・Kでしたが、Low-eガラスを使用していなかった北面・東面のサッシのコールドドラフトが強かったため全てLow-eガラスに変更して2.29W/㎡・Kに改善しています。

 私は設計時点では自分なりに結構、勉強したつもりでしたが、入居してみて自分の勉強不足を痛感し、色々研究しながら快適な住空間の創造を目指してきました。

 建築に関しては全くの素人ですから、知識も不足しているでしょうし、実践してきたことも試行錯誤の連続ですから誤りもあるかもしれません。
 それでも、記事を読んでくださる皆様にとって少しでも参考になればと思って書き続けてきました。

 さて、住宅の寒さに対する感じ方ですが、それは人によってそれぞれ違います。
 年齢や体質によっても違うでしょうし、以前すんでいた環境にも大きく左右されます。

 私たち家族が新居の前に住んでいたのは、RC造の賃貸マンション
 24時間換気がありませんでしたから気密性は高く、暖かでした。
 冬場でも毛布も使わず、肌布団1枚で寝ていました。
 その代わり、結露とカビには悩まされましたが、

 トイレ


 新居に住んで1年ちょっと過ぎたある寒い夜、
 子供たちに「寝る目にトイレに行きなさいよ。」と言うと、

 「トイレは寒いからいやだ」と言うじゃありませんか。
 確かに1年目の冬はちょっと寒かったけど、ガラスもLow-eガラスに交換したし寒くないだろう。
 一体、何℃だと思っているんだ!
 と、心の中で思いながらトイレの温度計を見ると18℃

 ほら、やっぱり寒くない。
 
 一戸建てのトイレは寒くなりがちですが、大人はそれを知っていても、うちの子供たちはそんなこと知らないんですよね。
 その時のリビングの温度が22℃

 4℃の温度差があれば、まぁ寒いと感じても無理はないかもしれません。

 マンション生活が長かった私たち夫婦にとっては、高気密高断熱の家のトイレが寒いだなんて想像したこともありませんでした。
 限られた予算の中で、ウォームレットやウォシュレットは真っ先に仕分けられました。
 便座カバーだけあれば十分と思っていましたし、実際、住んでみてそれは正解でした。
 便座が温かければなぁとか、トイレに暖房が欲しいなぁとか思ったことはありません。

 ただ、4℃の温度差はどうにかしたい。

 我が家のトイレは、リビングからキッチン横を通る通路の先にあります。
 スライドドアなのでアンダーカットもないし、壁との隙間もわずかでリビングからの暖気が入りにくいにのが温度差の原因です。

 どうにかならないものか考えていて、はたと気がついたんですが、
 「トイレだからと言って、必ずしもドアを閉めなきゃならないってこともないだろう。」

 ダッチマンの24時間換気の性能は結構いいみたいで、トイレの臭いは全然、外に漏れません。
 流石に”大”の後は無理ですが、そうでなければドアを開けても問題ありません。
 普段は家族以外、誰が見る訳でもないし。

 試しに開けてみると、20cm開けておくだけでも締め切った時と比較すると全然違います。

 夜、寝る前にドアを全開しておけば、朝はリビングとほぼ同じ温度を保っています。
 差があっても1℃~2℃です。

 これで温かいトイレの完成です。

 我が家で一番寒い場所は玄関ホール
 ここはドアを閉め切って暖房が効きませんから、外気温が氷点下に近づくと14℃くらいまで下がります。
 玄関ホールにトイレを造らずに本当に良かったと思います。

 我が家の暖房はエアコンだけです。
 設計の段階では、ヤマサハウスお勧めの床下暖房も検討しました。

 床下暖房は、基礎断熱の床下に配管しボイラーで温めた温水を流します。
 ラジエターから放熱して床から居室を暖めますから、洗面所もトイレも輻射熱でほのかに暖かい。
 そんな優れた暖房設備です。
 しかし、120~130万円程度の設置費用がかかります。
 (ヒートポンプ式だと150万円くらい)
 それが私たちには捻出できませんでした。

 で、エアコンだけになった訳ですが、エアコンは22℃に設定して、丁度どいいくらい。
 節約して21℃にすると寒いと言うほどではないけど、もう少し暖かみが欲しいなぁというくらい。
 24時間エアコンで外出時も18℃くらいに設定してスイッチは切りません。
 そうすることで躯体が冷めません。
 エアコンは1階と2階に各1台、時々和室のエアコンを補助で使用しています。
 電気代はオイルヒーターを使った月に2万円を超えたことが1回ありましたが、その他は冬場で13,000円~18,000円くらい。
 今年は太陽光発電を入れたので11,000円台で済みました。

 満足しているかと聞かれれば、満足はしていません。
 私も妻も寒がりなんですね。
 ヤマサハウスで建てた方は、ほとんどの皆さんがエアコンで満足していますから。

 寒く感じる原因は、24時間換気の給気口から入ってくる外気だということが分かりましたから、その対策は打ちました。
 シーリングファンにサーキュレーター

 一番手っ取り早いのは、2階の各部屋のドアを閉めることなんですが、できるだけ全室空調を目指してドアは開けています。
 子供たちが大きくなればそういう訳にもいかないでしょうから、各部屋にエアコンが必要になるでしょう。

 こんな感じで庶民は庶民なりに工夫しています。

 それを、ケチって暖房不足だという批判は的外れだと思います。
 誰だってお金のことを気にしないで済むのなら暖かい方がいいに決まってますから、いい設備を入れて温度も高めに設定しますよ。

 まぁ、こんなところですが、エアコン以外の暖房を入れるとすれば何がいいんでしょう?
 以前、おすすめしていた蓄熱暖房機は、東京電力の料金値上げの内容からオール電化家庭への影響を試算の記事にも書きましたが、夜間料金の値上げが現実のものになりつつありますからコスト的にきつくなってきますね。

 長くなりましたので、おすすめの暖房については、また、改めて書いてみます。
 
非常識なコメントに負けることなく頑張れ!って応援して下さる方はクリックをお願いします。 
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へ
 積水ハウス → にほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ
 その他   → にほんブログ村 住まいブログへ

【関連記事】
東京電力の料金値上げの内容からオール電化家庭への影響を試算 
最大の残念ポイント~3年経過のサクラ無垢フローリング
吹き抜けありのリビング階段寒さ対策



関連記事
スポンサーサイト
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

「ウレタン塗装のフローリングは冷たい」を実験してみる。

 前回の記事、 最大の残念ポイント~3年経過のサクラ無垢フローリングで、ウレタン塗装のフローリングは無垢のサクラでも冷たく感じると書いたところ、こだわりの家さんからウレタン塗装でもそんなに差はないのではないかという主旨のコメントをいただきました。

 そこで、私が感じる冷たさは数字的に表せるものなのかどうか実験をしてみました。
 実験の対象としたのは、
 ・ウレタン塗装のサクラ無垢材フローリング
 ・ウレタン薄塗りのナラ無垢材ダイニングテーブル
 ・オイルフィニッシュのナラ無垢材椅子

 我が家の床材は、1階床がウレタン塗装のサクラ無垢材で、2階床が複合フローリングです。

 サクラのオイルフィニッシュのフローリングがあれば良かったんですが、これは我が家にないのでテーブルと椅子を代替品として使っています。

 フローリングは無垢材のウレタン塗装した既製品で、表面はテカテカした光沢があります。
 ナラのダイニングテーブルは、出荷前に天板の表面を薄くウレタン塗装してもらった物で、表面は滑らかですが、木目などの凹凸は残っていますので、ウレタン塗装といっても自然な風合いは感じられます。
 天板アップの画像がこれです。

ウレタン薄付け

 椅子は出荷前にオイル仕上げが施してあるということでした。

 床板と家具の違いはありますが、我が家は基礎断熱ですし、気候的にも床下の温度は室温と大差ありませんので、参考程度の結果は得られるものと思います。

 【実験の方法】

 それぞれの資材の表面を掌で2分間暖め、掌を退けた直後の温度と1分後の温度の変化を比較してみます。
 温度測定は赤外線温度計を利用しました。

赤外線温度計

 暖める時間を2分間としてのは、掌で暖めて1分もすれば、資材と掌の温度差はほとんど無くなり熱伝導も見られなくなるだろうと考えたからです。
 それに余裕をみて1分間上乗せして2分間としています。
 
 ここでお断りですが、私は伝熱工学なんて勉強したこともありません。
 なので、こんな実験のやり方でいいのか甚だ疑問ですし、利用した温度計もおもちゃのような赤外線温度計で精度も高くありません。
 ですから実験の結果については、全然自信がありません。
 専門の方から見れば鼻で笑われそうですが、まぁ遊びの延長ぐらいということでお付き合いください。

5月21日(月) 午後10時 天候:朝のうち日食(見れず)、夜は曇時々ドカ灰
 外気温19.8℃、室温23.0℃

表面温度

 フローリングは触ると、やはりひんやりした感じがします。
 2分経過し、直後に測った温度は28.8℃
 掌は30.8℃とあまり下がらず、私の予測とは裏腹にまだ2℃の温度差があります。
 2つの物質が接触すると熱は温度の高い方から低い方へ流れ、均一になろうとします。
 この場合で言うと、フローリングと掌が同じ温度になるまで体温が奪われるはずです。

 しかし、掌は他の物質と違って、熱が奪われると体から熱が送られてきます。
 皮膚の表面温度は30℃そこそこでも、体温は36℃を保っている訳ですから、表面の熱が奪われた分、体の内側からどんどん熱は供給されているものと思われます。
 
 フローリングの温度測定に1秒程度は要しています。
 その間に若干、温度は落ちているものと思いますが、それを考慮しても1分や2分では資材と皮膚表面の温度が均一化することはないようです。
 おそらくは、この両者が均衡する温度より室温が低いうちは空気中に放散される熱もありますので、体温は微量ながら奪われ続けるのではないかと思います。

 3つの資材での結果を比較すると、ウレタン塗装のフローリングは、熱が伝わりやすく冷めやすい。
 オイルフィニッシュのナラ無垢材は、熱が伝わりにくく、冷めにくい。
 ウレタン薄塗りのナラ無垢材はその中間と言えそうです。
 (一部、腑に落ちない数字もありますが、そこは大目に見てください。)

 各資材の熱伝導率(単位:Wm-1K-1)を調べてみると、

 ナラ、サクラは、0.190 
 ウレタン塗装の原料であるポリウレタンが、0.300
 ちなみにヒノキ、杉等が 0.120です。
  (山崎一生先生のHPより)

 この数字からも、ポリウレタンはナラ、サクラの1.5倍以上熱を伝えやすいと言えます。
 ただ、ウレタン塗装はせいぜい1mm程度の厚さしかないから、そこに大量の熱量を蓄えることはないと言われそうですが、ウレタン塗装は木材の表面の小さな凹凸まで塞いでしまいますので、ウレタンを介することによって、直接木材の表面に触れる時より木材へ伝導する熱が増加するものと思われます。

 実際、触った感触も

 ウレタン塗装はぴたっと密着する感じ
 オイルフィニッシュはさらさらした感じです。
 ウレタン薄塗りなら、滑らかさはありますが、オイルフィニッシュと大差はありません。

 こだわりの家さん邸のフローリングはこの類の塗装なのでしょう。
 既製品に比べれば、はるかに費用はかかるでしょうが、メンテナンス性を考慮すれば、理想的な塗装と言えるのかもしれません。

 それぞれの資材に触れながら思ったのは、熱伝導率の違いによって感じる温度差はもちろんありますが、木材の表面には小さな凹凸や無数の孔があります。
 そこにある空気が体温によって温められ「無垢材は暖かい」と感じ、表面がツルツルのウレタン舗装は皮膚が塗装面に密着するので「ウレタン塗装は冷たい」と感じるという面もありそうだということです。

 前回と今回の記事では、ウレタン塗装の冷たさばかり強調されてしまいましたが、汚れにくく傷が付きにくい。掃除も簡単というメリットを重してウレタン塗装を選択するのもありだと思います。
 また、トイレや洗面所といった水回りには、防水性に富むウレタン塗装の無垢フローリングが最適な資材だと思います。
 クッションフロアは、将来、痛みが出やすいと思います。

 仕上げの選定に当たっては、資材や塗装のそれぞれの特性を知った上で、十分、検討していただきたいと思います。

今回の記事、参考になりました?参考になったという方は、ぜひクリック(投票)をお願いします。
ランキングが上がると更新の励みになります。今日は何位でしょうか? 
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へ
 積水ハウス → にほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ
 その他   → にほんブログ村 住まいブログへ







関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

最大の残念ポイント~3年経過のサクラ無垢フローリング

最大の残念ポイント~3年経過のサクラ無垢フローリング

我が家の床材は、サクラの無垢フローリングです。
 サクラと言っても本桜ではなくカバザクラ
 建築資材でサクラと言えば一般的には、こちらのカバザクラの方を指します。

無垢サクラフローリング
 画像は、入居から3年が経過した我が家のサクラのフローリングです。
 あちらこちらに傷はありますが、全体的には綺麗なものです。

フローリング傷
 これは、ソファーの脚のボルトが緩んでいるのに気付かずに、ソファーがガタガタした時のキズですね。
 その他にも、物が落ちて付いた傷は数知れず、、

 でも、一年に一回位はワックス塗りをする必要があるのかと思っていましたが、全くそんな必要もありません。
 その理由は、表面に施されているウレタン塗装
 この塗装のお陰で、まるでメンテナンスフリーかと思わせる程いい状態を保っています。

 では、タイトルにある残念ポイントとは何かと言うと、ウレタン塗装ゆえの冷たさです。

 「冷たさ」と書きましたが、実は赤外線温度計でフローリングの表面温度を計ってみると室温と同じかそれ以上の温度は保っているんです。
 ですから、正確に言えば問題なのはその「熱伝導率の高さ」ということになります。

 家づくりにおいて、暖かく涼しい家を目指した私にとって、冬でも素足で過ごせる家が理想でした。
 靴下もスリッパもなしで無垢のサクラの肌触りを楽しみたい。
 そう思っていたんですが、検討の段階では塗装品か無塗装品かはあまり真剣に考えてなかったんですね。
 サクラのピンクが強いものか白っぽいものかという色にはこだわったんですが、ヤマサハウスさんからこれでいいですか?と提示された塗装品にそのまま決定したと記憶しています。

 しかし、住んでみるとその熱伝導率の高さから感じる冷たさは残念でなりません。
 もちろん、我が家の吹き抜けにリビング階段という間取りがこの冷たさの原因の一つであることは間違いありません。
 吹き抜けなしならそんなに感じないでしょうし、せめてリビング階段でなければここまで感じなかったかもしれません。

 外気温が零度に近い寒い日には、靴下なしでは床が冷たく感じられるので我慢せず靴下を履いています。(スリッパは使用しませんが)

 施主ブロガーの皆さんは無塗装の無垢フローリングにこだわった方が多いですよね。
 特に、こんなブログ記事を読んだりすると無塗装の無垢材で暖かさを実感したかったなぁとつくづく思います。
 → 床の厚み〜寒くなってわかったこと〜@HelloWorld! 

 ただ、毎日掃除をするうちの相方は塗装なしは考えられないと言っています。
 それでも相方は冷え症ですから、無塗装の暖かさを実感すればその意見も撤回するかもしれません。

 しかし、今となっては、簡単に張り替えることは出来ません。
 でも、そう言えばビカビさんは「もみの木」が体にいいんだと言って、新築間もないのに、フローリングの上にモミノキの無垢フローリングを重ねていたっけ、
 → 良い見本!! 

 私はまだ、お金をかけてそこまでは出来そうにありません。
 いつの日か床を張り替えることがあれば絶対、無塗装の無垢材にしたいと思います。

今回の記事、参考になりました?参考になったという方は、ぜひクリック(投票)をお願いします。
ランキングが上がると更新の励みになります。今日は何位でしょうか? 
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へ
 積水ハウス → にほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ
 その他   → にほんブログ村 住まいブログへ
【関連記事】
吹き抜けありのリビング階段寒さ対策

ブログTOPページへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず
関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

家庭用売電価格42円のパブリックコメント~24年度7月以降の太陽光発電

 平成24年7月以降に設置する家庭用の太陽光発電システムの売電価格に関するパブリックコメントの募集が発表されました。

SHARP nq-190aaロゴ

 この売電価格については、既に 平成24年度の住宅用太陽光発電による余剰電力の買取価格は42円にの記事で、経済産業省の調達価格等算定委員会が余剰電力、42円/kwh、買取期間10年とする方針であることはお知らせしましたが、資源エネルギー庁は、5月16日、この委員会の意見のとおり案を策定し、パブリックコメントを募集すると発表しました。

 → 電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法の施行に向けた主要論点に対する意見募集について

 この中で、主に家庭用である10kw未満の太陽光発電に関しては、余剰電力、買取期間10年、42円/kwh(ダブル発電については34円/kwh)という案になっています。

 これで、平成24年6月までの1kwh当たり42円の売電価格の継続が、ほぼ確定したこととなります。

 東京電力からは料金値上げの申請があり、各電力会社からも夏の節電要請が予想される中、この売電価格据え置きは家庭での太陽光発電システムの設置の追い風となることは間違いないでしょう。

 42円が継続になって「安心した~!」という方は是非、クリックをお願いします。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

【関連記事】
太陽光発電パネルに課税される固定資産税の計算方法
平成24年固定資産評価基準(家屋)の説明

各ハウスメーカーのランキングには参加していませんが、こちらも参考になるブログが一杯!
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ

ブログTOPページへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず







関連記事
THEME:太陽光発電 | GENRE:ライフ |

土地の評価額は下がっているのに固定資産税は増えている。その理由は?

 先週、我が家に届いた固定資産税の納税通知書

 家屋については、 固定資産税の納税通知書を公開(4年目で税額倍増?)の記事で紹介しましたが、今回は土地の税金

 昨年分と比較すると、評価額は下がっているのに、課税標準額が上がって税額も増加しています。

 このことに関しては、読者の方から質問もいただきましたので、今回、土地の固定資産税について説明してみたいと思います。
 
 今年の土地の固定資産税は、

 平成24年度税額=平成24年度課税標準額×税率(固定資産税1.4%、都市計画税 0.3%)

 で求めますが、この課税標準額に調整が加えられています。
 
 まず、住宅用の土地で200㎡までは、小規模住宅用地として、評価額の1/6になっています。
 200㎡を超える分については、一般住宅用地として評価額の1/3です。

 参考までに都市計画税は、
  小規模住宅用地 評価額の1/3、一般住宅用地 評価額の2/3

 この軽減は、住宅が建っていることが条件ですから、住宅を取り壊せば適用がなくなります。
 逆に更地に住宅が建てば、適用を受けて税額が安くなります。

 ここまでは、問題ありませんね。
 次に、宅地の税負担の調整率というものがります。
 これがどこの市町村のHPを見ても同じようなことが書いてありますが、複雑難解です。

 分かりやすかったのが、鳥羽市のHP

 鳥羽市のHPにあったグラフを拝借して、私なりに噛み砕いて説明してみます。

clip_imagehutantyosei.gif
 
 バブル華やかなりし頃、土地の価格は上昇を続け、固定資産税の評価額と実勢価格には大きな乖離がありました。
 地価の上昇は平成3年くらいまで続き、市町村ごとの評価水準にも差があり問題となっていました。

 そこで、総務省は土地の固定資産評価額を全国一律に地価公示価格の7割を目途とすることにしました。
 そして、その基準で平成6年の評価替えが行われ、評価額は一気に跳ね上がりました。
 しかし、既にバブルは崩壊、地下は下落の一途です。
 
 地下は下落するのに、税額だけ一気に上げる訳にいきませんから、平成6年から経過措置がとられました。
 これが、宅地の税負担の調整率で平成25年まで少しずつ課税標準額を上昇させて、20年かけて評価額に追いつくように措置されています。

 我が家の税額表を使って、平成21年~23年の調整を説明すると、

土地の固定資産税額

 Aが本来の課税標準額ですが、調整率で抑えられた課税標準額は、前年度課税標準額にAの5%を加えたものとなります。
 ただし、B/Aが80%を超えるときには、前年度の課税標準額を据え置きます。
 (  )内書きが据え置き後の課税標準額で、この1.4%が税額です。
 我が家の22年度、23年度は80%を超えていますから前年度の課税標準額がそのまま据え置かれますので、税額も据え置かれています。

 平成24年・25年は、この調整率が、B/Aが90%を超えるときには前年度の課税標準額を据え置かれることとなります。
 これで20年間続いた調整が終わります。

 我が家の24年度のB/Aは、90%以下ですからBの額がそのまま課税標準額となっています。
 来年はこれが90%を超えれば今年の課税標準額が据え置かれることとなります。

 なお、固定資産税の評価額は一般には、3年に1度だけ見直しがありますが、その間でも地価の下落がある場合には、評価額を下げることが出来るとなっています。
 我が家の土地の価格は、年々下落しているようで、評価額も毎年下がっています。

 その結果、土地の評価額は下がっているのに税額は上がるという結果になっています。

 ご理解いただけたでしょうか?
 わかった!と言う方は是非、クリック(投票)をお願いします。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

各ハウスメーカーのランキングには参加していませんが、こちらも参考になるブログが一杯!
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ

ブログTOPページへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず


関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

東京電力の料金値上げの内容からオール電化家庭への影響を試算

 東京電力は5月11日、家庭向け電気料金を7月から平均10.28%値上げすると経済産業省に申請しました。

 私は、最初、このニュースを聞いた時に直感的にオール電化家庭の負担はそんなには大きくならないのだろうと感じました。

 その理由は、ニュースのニュアンスからピーク時の使用量を減らすために、昼間の料金を高めに設定し、深夜料金の値上げは抑えるようなメニューになるのだろうと思ったからです。
 それなら、既にオール電化家庭の料金体系はそのようになっているのだし、夜間の料金は現行からあまり値上げしないだろうと思った訳です。

 しか東京電力が発表した料金値上げの申請内容を見てみると、オール電化家庭の深夜料金もしっかり値上げになっています。

 → 東京電力プレス 電気料金の値上げについて

 以下は、同プレスからの抜粋です。

 まずは、一般家庭での値上げ

一般家庭電気料金値上げ幅

 290kwh使用を前提としていますので、当然、ガス併用の家庭を含めた平均で、我が家の使用量と比較するとかなり少なめです。

 これとは別に、ピーク時の料金を高めに、夜間を安めに設定するピークシフトプランというメニューが新たにできます。
 イメージはこうなります。

ピークシフトプランイメージ

 夫婦共働きの家庭など昼間の電気使用量が少ない家庭では、このプランを選択すれば値上げの影響を抑えられるとしています。

 一方、オール電化家庭向けの電化上手のメニューでは次のとおりとなっています。

電化上手値上げ

 我が家で使用しているのは、九州電力の電化でナイトですから、このままの値上げはないと思いますが、少なからず影響はあるでしょう。
 東京電力のこの改定内容から我が家での負担増を試算してみました。
 私も素人で電気料金には詳しくありません。誤りがあるかもしれませんのでご了承ください。

我が家の負担増

 新居入居後の平成22年6月から平成23年5月までの1年間の電気使用量をもとに、現行の東京電力料金と改定後の料金体系から試算しています。
 夏季料金は利用明細書とのタイムラグがありますが、これは無視しています。
 概算ですので誤差はあると思います。

 我が家は、33坪弱、鹿児島市の平坦地に建つ高気密高断熱高遮熱を売りにするヤマサハウスで建築した1戸建てです。
 専業主婦、子供2人
 夏と冬はほぼエアコン24時間稼働です。
 この年は、冬場、オイルヒーターも使ったので冬場の使用量がかなり高めになっています。
 この時点で、太陽光発電は未設置

 我が家がオール電化の平均的な家庭とは言い難いと思いますが、負担増が年平均で1,714円(13.5%)

 これは、やっぱり大きいですね。
 ニュースで言われていた平均の10.28%を超えています。

 その理由は、オール電化最大のメリットである深夜料金の単価が、2.41円としっかり値上げされているからです。
 率にして、24.8%の値上げ
 夏季の昼間料金が4.26円で12.6%の値上げ

 単価的には小さい額でも比率で言えばべらぼうな値上げとも言えそうです。
 やっぱり、エコキュートの冬場の使用量が大きいんですよね。

 しかし、我が家でこれを救ってくれるのは、昨年11月に導入した太陽光発電

 深夜料金の値上げは同じですが、昼間の発電で値上げ分の幾らかはカバーしてくれるはずです。
 時間があれば、太陽光発電を加味したシミュレーションもやってみたいと思います。

ここまで読んで下さった皆さん、最後にワンクリックをお願いします。
人気ブログのランキングがご覧いただけます。 
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

各ハウスメーカーのランキングには参加していませんが、こちらも参考になるブログが一杯!
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ

ブログTOPページへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず




関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

固定資産税、家屋の評価額計算方法(物価水準による補正率)

 我が家には、昨日まで固定資産税の納税通知書が届いていません。
 別に首を長くしてまっている訳ではありませんが、、
 まぁ、今日くらいは届くかなと思います。

 【参考記事】
  固定資産税の納税通知書を公開(4年目で税額倍増?)

 さて、固定資産税の計算の基になる家屋の評価額については、家屋の評価額と経年減点補正率の記事で紹介していますが、その中で「とりあえず」という形で説明した物価水準による補正率を表にしましたのでアップします。

 その表に入る前に、もう一度おさらいです。

 家屋の評価額 = 再建築費評点数 × 評価一点当たりの価額 × 経年減点補正率

 評価一点当たりの価額は、1円 × 物価水準による補正率 × 設計管理費等による補正率

【物価水準による補正率】
 1 木造の場合
   東京特別区を1.0とし、全国の指定市ごとに特別区との比較で0.9、0.95、1.0の中から定められています。

物価水準による補正率

   指定市以外の市町村にあっては、その市町村が所在する都道府県における指定市の率によるものとされています。
   (指定市と物価水準に著しい差がある場合には市町村長が0.90から指定市の率を超えない範囲で定めることもできます。)

 2 非木造は
   全市町村 1.00です。

【設計管理費等による補正率】

 木造の場合1.05、非木造の場合1.10です。

 鹿児島市での計算を例で挙げると、
 物価水準による補正率が0.9
 設計管理費等による補正率は、1.05 ですから

 評価一点当たりの価額 = 1円 × 0.9 × 1.05 で 0.94円(端数切り捨て)となります。

 物価水準の補正率が1.00の市町村は、1.05円
    同     0.95の市町村は、0.99円 が1点当たり価額となります。

 あとは、再建築費評点数にこの1点当たり価額を乗じれば家屋の評価額が出るということになります。

今回の記事、参考になりました?参考になったという方は、ぜひクリック(投票)をお願いします。
ランキングが上がると更新の励みになります。今日は何位でしょうか? 
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

各ハウスメーカーのランキングには参加していませんが、こちらも参考になるブログが一杯!
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ

ブログTOPページへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず


関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

三井グリーンランドとホテルヴェルデ

 ゴールデンウィークの前半を使って熊本県荒尾市にあるグリーンランドへ行ってきました。

 宿泊はグリーンランドのオフィシャルホテル ホテルヴェルデ

ウルトラマンコスモスホテルヴェルデ
 画像はウルトラマン・コスモスの像とホテル ヴェルデ

 ホテル ヴェルデは、グリーンランドとウルトラマンランドの間にあるホテルで、ホテル玄関の目の前がウルトラマンランドですから,写真のようにウルトラマンの像があったり、館内にも子供たちが喜びそうなディスプレイで飾られていました。

ホテルヴェルデ

 部屋はツインルームにソファーベッドが追加されていました。
 ソファーベッドは小学生用なんですが、柵がないので私が寝ました。
 大人にはクッションが効かなくて寝心地はあまり良くないのが残念でしたが、部屋は広くてきれいです。
 そして、このホテル一番のおすすめは、天然温泉の大浴場
 露天風呂まであってとても気持ち良かったですよ。

 私たちは、1泊朝食バイキング、入園料・フリーパスポート付きのプランを利用しましたが、ディナーバイキング付きのプランもあります。
 ディナーバイキングは結構リッチな感じですが、この遊園地は山の中にある遊園地という感じではなく、施設周辺には店舗も多くて飲食店もありますので夕食なしでも不自由はありません。

三井グリーンランド

 当遊園地は、長年、三井グリーンランドとして親しまれてきましたが、経営母体であった三井鉱山が経営から撤退したため2007年7月からは(九州)グリーンランドと名称変更されています。 

 アトラクション数では、89機種と日本一の数を誇る遊園地です。
 また、ジェットコースターも10機種あり、こちらも現在日本一なんだそうです。

 遊園地の周辺はグリーンランドリゾートとして、ウルトラマンランド、ホテル、ゴルフコース、温泉、焼肉店、ボーリング場、ショッピングモールなどが整備されています。
 なんと、住まいづくりに興味のある方にはうれしい住宅展示場まで営業しています。
 私が初めて一条工務店のモデルハウスを見たのもここ、KKT住宅展示場 家夢ON (COME ON)だったんですが、今は一条工務店は出展しておらず、セキスイハイム・パナホームなど3棟のみの展示でちょっと寂しくなってはいます。
 (住宅展示場とは別に遊園地の入り口横には、タマホームの展示場もあります。)
 
 この遊園地のいいところは、アトラクション数が多いので、短い待ち時間で楽しめること
 私たちが言った4月29日日曜日は、開園時間が朝8時30分から夜8時30分までと延長になっていたこともありますが、1日で乗りたいと思うアトラクションは,ほとんど制覇しました。
 一番、並んだのがスーパースライダーで40分位は待ったかと思いますが、その他はほとんどスムーズでした。
 ここの売りである仮面ライダーショーも昭和・平成のライダーの豪華ラインナップでお父さんも大満足

 まぁ、まだ子供たちが小さいので、ジェットコースターはミルキーウェイに1回乗っただけでしたが、

 このジェットコースターは、立ち乗りタイプと座り乗りタイプの2両が同時に走るというものです。
 私たちは座リ乗りタイプに乗りながら、立ったまま走る人たちを見て、よくまぁこんな怖いことができるもんだと感心していたんですが、実はこの機種、名前こそ変わっていますが、エキスポランドで死亡事故のあった風神・雷神と同型機種だと後で知って(というか思い出してというか)やっぱり乗らなくて良かったと思いました。
 エキスポランドの事故原因は整備不良でしたから、きちんと整備さえしてあれば大丈夫なんでしょうが、ロマンチックに思えたミルキーウェイ(彦星号・織姫号)という名前の裏にそんな歴史があったと思うとちょっと複雑です。

 しかし、当日はそんなことも知らずに遊び尽くしました。

 子供たちの1番人気は、カード迷路 ぐるり森。
 何回も何回もチャレンジしてました。
 夜の花火はあっという間に終わってしまいましたが、子供たちは花火そっちのけで閉園まで遊び続けて、大満足の一日でした。



今回の記事、参考になりました?参考になったという方は、ぜひクリック(投票)をお願いします。
ランキングが上がると更新の励みになります。今日は何位でしょうか? 
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

各ハウスメーカーのランキングには参加していませんが、こちらも参考になるブログが一杯!
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ

 
関連記事
THEME:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 | GENRE:地域情報 |

皆さん勘違いしてません?家屋の評価額と経年減点補正率

固定資産税の家屋の評価額と経年減点補正率基準表

 ブログ村にアップされる施主の皆さんの固定資産税に関する記事を見ていると、よくこんな記述を見かけます。

 「こんなに家屋の評価って安いのか」
 とか、
 「これなら不動産取得税もかかりません。」
 といった言葉

 でも、固定資産税の納税通知書に書いてある評価額というのは1年経過の評価額であって、新築時の評価額ではありません。

 家屋の評価額には経過年数に応じて経年減点補正率という係数が乗じてあります。
 固定資産税の課税初年度は1年経過した家屋とみて評価されています。
 1年経過の住宅の経年減点補正率は0.8ですから、皆さんが見ている評価額は、新築時の評価額の8割になっています。

 つまり、不動産取得税の課税標準額を算出するためには、今の評価額を0.8で割り戻す必要があります。
 詳しくは →  固定資産税の納税通知書から不動産取得税の税額を計算する方法
 
 ここまで計算して記事を書いている方はあまり見かけませんので、勘違いされている方が多いんじゃないかと思います。

 さて、今回は、固定資産税の家屋の評価額の計算について説明します。
 経年減点補正率基準表もアップしています。

 それでは、まず評価の方式ですが、固定資産税の家屋の評価額は、再建築価格方式という方法で計算されています。

 再建築価格方式とは評価対象となった家屋と同一のものを、評価の時点においてその場所に新築するとした場合に必要とされる建築費から評価額を算出する方式です。
 家屋の評価は総務省が定めた固定資産評価基準によって算定されますが、これで算定されるのが再建築評点数です。

 この方式のメリットに、建築時の景気などに左右されず平等に評価がなされるという点が挙げられます。

 例えば、バブル崩壊直後の平成2~3年頃はまだ建築費は非常に高くて、この時建築した住宅の評価額も大変高かった訳です。
 それが、年々不動産の取引価格は下落し、家屋の評価基準も下落を続けました。

 なので、平成2~3年に家を建てた人は評価額が高くて今でも固定資産税が高いんじゃないかと思われがちです。

 しかし、固定資産税の評価額は3年に1度見直しがあります。そして、その都度、新しい評価基準で評価し直したとしたらどうなるかという補正率を乗じています。

 ですから、同じ建物なら平成2年に建築した人も平成23年に建築した人も再建築評点数は同じという理屈になります。
 今、その当時に建てた家屋と同じものを新築するとして評価額を出す訳ですからそうなるはずですよね。

 この再建築評点数に経年減点補正率と1点当たりの単価を乗じて現在の評価額が計算されています。

 数式で書くと、

 評価額 = 再建築費評点数 × 経年減点補正率 × 評点1点当たりの価額 
 となります。

 経年減点補正率……家屋の建築後の年数の経過によって生ずる損耗の状況による減価をあらわしたものです。

 評点1点当たりの価額……1円×物価水準による補正率×設計管理費等の補正率

 物価水準による補正率は東京特別区を1.0として、全国の指定都市ごとに指数が定められています。

物価水準による補正率

   指定市以外の市町村にあっては、その市町村が所在する都道府県における指定市の率によるものとされています。
   (指定市と物価水準に著しい差がある場合には市町村長が0.90から指定市の率を超えない範囲で定めることもできます。)

 設計管理費等による補正率
    ○木造家屋 1.05
    ○非木造家屋1.10

 よって、評点1点当たりの価額は木造で上記の札幌市など 1.05、仙台市など0.99、鹿児島市など0.94
 非木造は全国一律1.10となります。

 なお、経年減点補正率は次のとおり基準表が固定資産評価基準に定められています。

【関連記事】
 平成27年基準の経年減点補正率については、こちらの記事に掲載してあります。
 (住宅に関しては補正率に変更はありませんが・・・)
  >>> 固定資産税の平成27年固定資産評価基準、経年減点補正率基準表はこちら

以下、平成24年基準で説明してありますが、基本は同じです。

経年減点補正率基準表木造

 木造家屋の経年減点補正率基準表PDF版

経年減点補正率基準表非木造

 非木造家屋の経年減点補正率基準表PDF版

 木造家屋の㎡当たり評価額は一般的には、8万円~10万円程度ですから、表の74,000点以上114,000点未満の欄を見ます。
 (115,000点とあるのは、114,000点の誤りです。)

 1年目が0.80で、25年経過で下限の0.20に達します。

 この表を見ると毎年、補正率が小さくなるように見えますが、実際に評価の見直しが行われるのは3年に一度だけですから
 築年によって適用される補正率は次のようになります。

築年次別経年減点補正率

 木造家屋は評点のランク毎に補正率が異なっています。
  一条工務店の固定資産税はかなり高い上に驚愕の事実が発覚の記事でも指摘したとおり、評点が114,000点以上になると通常25年で下限の0.20に達するところが35年もかかってしまうことになります。 

今回の記事、参考になりました?参考になったという方は、ぜひクリック(投票)をお願いします。
ランキングが上がると更新の励みになります。今日は何位でしょうか? 
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

各ハウスメーカーのランキングには参加していませんが、こちらも参考になるブログが一杯!
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ

ブログTOPページへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず



関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

固定資産税の納税通知書を公開(4年目で税額倍増?)

 皆さんのお宅へ固定資産税の納税通知書はもう届きましたか?
 今回は、我が家の固定資産税納税通知書を公開し、その税額計算などについて説明をします。

 我が家は平成20年築で、新築住宅に対する減額措置の3ヶ年が昨年で終了しました。
 そして、今年は恐怖の4年目
 税額がいくら増えているでしょうか?
 と言っても、鹿児島市の納税通知書は連休明けに発送ということなので、まだ我が家へは届いていません。

 そこで、今回は、我が家にとって課税初年度であった平成21年分を公開します。
 その上で、今年の税額を計算してみます。

 これまでの記事でも説明してきましたが、固定資産税の評価額は3年に1度だけ見直しがあります。

 前回の見直しが平成21年、そして今年(平成24年)がちょうど見直しの年ですから、平成21年から平成23年までは全く同じ評価額でした。
 今年の見直し後の評価額は、先日の固定資産台帳の閲覧で確認してあります。

 これが、我が家に初めて届いた平成21年の納税通知書

納税通知書

 鹿児島市の通知書は平成22年分までは土地・家屋別々に来ていましたが、平成23年分からは合算できています。
 今回は、家屋に注目してみます。

 決定明細の欄を拡大してみると

納税通知書明細

 家屋の課税標準額は課税年の評価額がそのまま課税標準額となります。

 我が家の平成21年から23年の評価額は7,434,200円でした。
 これは、新築時の評価額ではなく1年経過の経年減点補正率0.8が乗じてあります。

 つまり新築時の評価額は、通常なら初年度の評価額÷0.8で求めることが出来ます。
 県の不動産取得税は、新築時の評価額が課税標準額となりますので、この計算で新築時の評価額を出してみましょう。

 ただし、見直し基準年の前年(つまり平成20年や平成23年)に建築された家屋は、ちょっと補正が必要です。

 21年基準から24年基準への変動率である「再建築費評点補正率」で割り戻す必要があるんですが、結論だけ書くと、23年築の木造は更に0.99で割ります。
 同じく23年築の軽量鉄骨造などの非木造は0.96で割ります。
 詳細はこちらで説明してありますので、該当の方はご参照ください。
  →  固定資産税の納税通知書から不動産取得税の税額を計算する方法

 さて、固定資産税の税額計算に戻ります。

 課税標準額は評価額を千円単位に丸めますので、7,434,000円
 これに、税率1.4%を乗じて、計算上の算出税額は、104,076円

 これから、新築住宅に対する軽減税額が、
 7,434,200円 × 1.4% × 1/2 = 52,039円 
  
 よって、軽減後の税額は
 104,076円 - 52,039円 = 52,037円

 税額は100円単位に丸めますから 52,000円となります。

 都市計画税は0.3%の税率で22,300円

 合計 74,300円
 これに土地の税額が加わります。

 我が家の詳細:延べ床面積108.89㎡(33坪弱)、ほぼ総2階建ての木造瓦葺
 次世代省エネ基準対応ですが、長期優良住宅ではありません。
 和室のみ真壁、他は大壁、床暖房・床下暖房はいずれもなし
 太陽光後付け
 新築時の㎡当たり評価額は 82,855円
 延べ床面積が大きくなれば㎡当たり評価額は安くなる傾向がありますが、平家は割高になります。

 そして、4年目を迎えた我が家の税額計算です。

 評価額は、6,255,871円で確認してあります。

 課税標準額が 6,255,000円ですから
 税額は、6,255,000円×1.4%=87,500円 です。
 都市計画税が、6,255,000円×0.3%=18,700円
 合計 106,200円

 よく、軽減が終わると2倍になると言われますが、

 52,000円 → 87,500円で、68%の増
 
 都市計画税まで含めると

 74,300円 → 106,200円で、43%の増
 と言うことになりますので、2倍よりはかなり安めです。
 これは、たまたま評価額見直しの年と軽減のなくなる年が一致したためで、通常なら前年の2倍になります。
 ただ、新築後1年目の税額と比べれば2倍よりは小さくなるはずです。
  
 これで一通りの説明が終わりました。
 この後、新築時の評価額から今年の評価額を計算する方法を説明しますが、細かくなりますので興味のある方のみご覧ください。

 ここまでで十分、参考になったという方は、ぜひクリック(投票)をお願いします。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

 それでは、新築時の評価額から今年の評価額を計算する方法を説明します。
 23年築の方は、今年の評価額は納税通知書で解るでしょうからあまり意味がないですが、固定資産税の評価額がどのように変化していくのかという視点でご覧ください。

 まず、我が家の新築時の評価額は、9,022,087円です。

 これは、どうやって計算したかというと、 

 平成21年の評価額÷0.8です。
 ただし、見直し基準年の前年築ですから評価基準の変動率で割り戻す必要があります。

 18年基準から21年基準への「再建築費評点補正率」が木造1.03(非木造1.04)でしたから

 7,434,200円 ÷ 0.8 ÷ 1.03 = 9,022,087円 です。

 (21年・22年築の方は÷1.03は必要ありません。)

 これは、平成18年基準で評価した場合の評価額ですから、これを24年基準に補正するには、
 21年基準への補正率と24年基準への補正率を乗じて

 9,022,087円 × 1.03 × 0.99 = 9,199,821円 となります。

 これに、木造専用住宅の4年目の経年減点補正率0.68を乗じると、今年の評価額です。

 9,199,821円 × 0.68 = 6,255,878円 ≒ 6,255,871円 
 で、閲覧した際の評価額とほぼ一致します。 

 (厳密には、評価額=再建築価格×経年減点補正率ですが、上記の式は便宜的な簡略計算なので誤差が生じています。)

 このように、新築時の評価額は評価基準が見直される度に補正されていきます。
 (厳密には、再建築評点数が補正されます。)
 この評価基準が見直される度に補正されていく方式が、再建築評価方式です。

 次回、この再建築評価の仕組みと経年減点補正率の説明をします。

 最後まで読んでくださってありがとうございました。

 ところで、あなたはどこのハウスメーカーで建てられましたか?
 ここまで興味を持って読んで下さるのは、一条工務店の施主の方が多いんですよね。

 一条工務店の施主の方は、こちらへどうぞ!(当ブログは登録してませんが)
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へ
 
 いやいや、他のハウスメーカーの施主だっているぞ!と言う方はこちらへどうぞ!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ

ブログTOPページへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず


関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |
プロフィール
kokko
2008年にヤマサハウス絆の家が完成
2011年太陽光発電設置
宅建主任者試験合格、ファイナンシャルプランナー資格者
ただし、実務経験ゼロ
建築はど素人の中年男性です。
よろしく!
ブログランキングに参加しています。 ブログ村には参考になる施主ブログが一杯
Just For You


ワンダーコア使ってます。
レビュー記事はこちら
プロテインと腹筋マシーン、ワンダーコアで5kgダイエットに成功


【送料無料】コストダウンの方法がわかる!後悔しない上質な家づくり [ 中村康造 ]



【リビングにおすすめのグリーン】
ウンベラータ


アルテシーマ


シーグレープ


エバーフレッシュ

  【紹介記事】
 >>>リビングにおすすめの観葉植物

おすすめのお店
 >>>e-RANさんHP
 


検索フォーム
サイト内検索はこちら
アクセス数

債務整理のお悩み相談

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。