スポンサードリンク
 







カスタム検索
カテゴリ
この記事にリンクを貼る

このブログはリンク・引用(記事の一部に限る)とも自由です。
ただし、引用する際には、オリジナル記事へリンクを貼ってください。
記事へのリンク・引用をする際には、次のタグをコピペされると便利です。
各記事のタグを表示するには、記事タイトルをクリックして記事表示に切り替えてください。

このブログのリンク用タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家づくりの残念・後悔・失敗ポイント リンク集に3つのサイトを追加しました。

家づくりの残念・後悔・失敗ポイント リンク集(2013年5月31日更新)

 以前、紹介した家づくりの残念・失敗・後悔ポイント、リンク集に次の3つのサイトを追加しました。

◆ 家づくり後悔データベース 住宅・すまいづくり失敗例から学ぶ

  工学博士で一級建築士でもある岩下繁昭先生がまとめた家づくりに関する後悔ポイント集
  家づくりのあるゆるカテゴリ別に集積された事例は、その名の通り正にデータベース

◆ 家づくり失敗談 Topページ@ハウジングこまち

  季刊「ハウジングこまち」編集部のHPにある投稿タイプの失敗談コーナー
  実体験に基づく失敗談は分かりやすく参考になります。

◆ はじめての家づくり 後悔ポイント20連発 [注文住宅] All About

  施主の皆さんにはお馴染みのAll Aboutにある専門家の投稿ページ

  『最高の住まいをつくる「間取り」の教科書』の出版でも知られる建築家 佐川 旭さんがまとめた後悔ポイントとアドバイス集

 これに、以前紹介したのが、「ブログ村」のトラコミュ「家づくりの残念・失敗・後悔ポイント」



 こちらは、「ブログ村」に登録されている施主の皆さんなら、どなたでも参加(=トラックバック)できますので、後悔ポイントの記事を書いた時には、振るってトラックバックしてください。

 なお、陽だまりのおうち★のハチさんも玄関やリビングでの失敗談まとめ記事で当トラコミュに参加されていますので、こちらも是非、参考にされてください。

 トラコミュの参加方法が分からない方のために、トラックバックする方法を再掲しておきますね。

【あなたの記事をトラコミュにトラックバックする方法】 

 トラコミュに参加するには、ブログをブログ村に登録していることが条件になります。
 逆に言えば、ブログ村に登録さえしていれば誰でもトラコミュに参加でます。

 トラコミュに参加するとは、あなたの記事をそのサイトにトラックバックすると言うことなんですが、そのトラックバックをするには、次の2つの方法があります。

 (1) トラコミュページから直接トラックバックする方法
 (2) トラックバックURLを記事編集のページのトラックバックURL欄にコピー&ペーストして送信する方法

 まず、 (1)の直接トラックバック について説明します。

1 希望するトラコミュページへアクセスしてください。
      ↓   ↓   ↓
トラコミュ
家づくりの残念・失敗・後悔ポイント


  *ここで、ログインしてくださいと表示される場合は、ログインしてから進みます。

2 自分のブログの記事一覧を表示させる。

 画像は「WEB内覧会*リビング」での例で説明してありますが、要領はどのトラコミュでも同じです。

直接トラックバック
画像はクリックすると拡大表示されます。

 画面の「直接トラックバックする」ボタンをクリックすると、自分のブログの記事一覧が表示されます。

3 登録したい記事の選択

直接トラックバック記事一覧

 記事一覧の中から、そのトラコミュに登録したい記事を選び、記事の右にある「直接トラックバックする」ボタンをクリック
 
 「トラックバックを送信しました。」と表示されれば完了です。

 (2)のURLをコピペする方法
 *アメーバブログはトラックバック機能が廃止されているようですので、(1)の直接トラックバックで作業して下さい。

1 アクセスは上と同じです。

2 あなた専用のトラックバックURLの表示とコピー

トラックバックURLコピー

 トラックバックURL欄にあなた専用のトラックバックURLが表示されています。
 (最後の12桁の文字があなた専用になっています。)

  「URLコピー」のボタンをクリックすると「クリップボードへのアクセスの許可」を聞いてきますので、「アクセスを許可する」を選択します。
  あるいは、マウスの左クリックでURLを反転させ、右クリックでコピーしても結構です。

3 ブログ記事の編集ページにあるトラックバックURL欄にコピペする。

FC2トラックバック

 画像はFC2ブログの例ですが、他のブログでも似たり寄ったりだと思います。
 
 これで記事を送信(更新)すれば完了です。
  
 どうですか?ブログ村のトラコミュ、登録が増えれば、本当に家づくり検討中の皆さんに役立つと思いませんか?

 登録すれば、アクセスアップにもつながると思いますので、皆さん振るって参加してください。


今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず


関連記事
スポンサーサイト
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

2013年6月の【フラット35】金利を予想してみる。

最新予想はこちら
 >>> 2013年7月のフラット35金利は2.05%を予想

2013年6月の【フラット35】金利を予想してみる。

 皆さん、こんにちは。最近、やたらフラット35の金利が気になるkokkoです。

 5月は中旬以降、長期金利が急上昇したためフラット35を始めとする固定金利タイプの住宅ローン金利への影響が心配されています。
 
 特に6月にフラット35の融資実行が予定されている皆さんは、気がきでないことと思います。

 そこで、私も6月の実行金利がいくらになるのか試算してみようと思い、ネットで参考になる記事を探しましたが、意外な事に、フラット35の金利決定の仕組みを明確に説明しているサイトがほとんどありません。

 専門のサイトでも、「フラット35の金利は、毎月下旬の10年もの国債の市場金利に連動します。」程度の説明しかないものがほとんどです。

 下旬というのがいつなのかもはっきりしません。25日の金利なんだとか、25日が土日なら、翌月曜日の金利なんだとか説明されていますが、なかなか具体的な数字まで例示されたものは見つけることが出来ませんでした。

 唯一、参考になりそうな記事が次の記事でした。

 >>>融資の実効金利はどのように決まるのか?決定の原因・要因とそのカラクリに迫る~フラット35で住宅ローンを組む~@フラット35の金利動向を予想・予測するサイト!

 この記事の中で、フラット35の金利は10年物国債の金利よりも「貸付債権担保住宅金融支援機構債券(MBS)」に連動すると説明されています。

 そこで、私も最近のデータを分析してみました。
 >>> MBS既発債の状況

 住宅金融支援機構の債券とフラット35の金利を比較したのが次の表です。

MBSとフラット35金利比較表

 対前月比を見ても、両者の金利差を見てもこの2つが連動していることは間違いなさそうです。
 (両者の金利差が、支援機構と金融機関の手数料になります。)

 そして、5月21日に6月払込み分のMBS表面利率が発表になっています。

MBS既発債

 その利率は1.30%

 これに先ほどの両者の金利差0.73を加えると、6月のフラット35金利は2.03%となります。

 しかし、この数字に全く自信はありませんでした。
 と言うのも、あまりに単純過ぎて、その割にどなたもこの計算で予測されている方を見なかったからです。

 が、先程紹介したサイト「フラット35の金利動向を予想・予測するサイト!」の最新記事を見ると、同じ計算で予想されていました。

 >>>2013年6月のフラット35の住宅ローン金利は大幅上昇へ!! | フラット35の金利動向を予想・予測するサイト!

 それで、ちょっとだけ自信を持って予測値を発表させていただきます。

 当サイトの2013年6月のフラット35(20年超)実行金利予測値は、

  2.03~2.04%

とさせていただきます。

 しかし、稀に見る債券市場の乱高下は続いていますので、各金融機関の利ザヤに対する考えも単純にはいかないことも考えられます。

 また、24日の長期金利が基準だとすれば、もう少し高めの金利ということになります。

 いずれにしても実際の実行金利は、月初めの各金融機関からの発表を待っていただくしかありませんが、そこをご理解の上、参考にしていだければ幸いです。 

【当サイト内関連記事】

2013年6月の【フラット35】金利が決定、予想は的中
金利は上昇!もしも2年後に変動金利が3%になったら・・のシミュレーション
意外と小さい変動金利のメリット
長期金利が急上昇、住宅ローン金利への影響は?
フラット35の6月金利は急上昇か?長期金利が続伸

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず


関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

ヤマボウシの花が咲きました。

ヤマボウシの花が咲きました。

 我が家のシンボルツリーはヤマボウシ

 入居1年目は水枯れで夏場に葉が全部落ちました。

 2年目以降は、毎年、褐斑病でほとんどの葉がやられてしまっています。

 昨年から予防にトップジンMの水和剤を散布しています。
 最初は5月に散布して効果があった気がしますが、梅雨が明けたらもう一度散布しようと思いつつ、ちょっと油断していたら、またやられてしまいました。

 今年もゴールデンウィークに1回目の散布をしましたが、梅雨が明けたら今度こそすぐに2回目の散布をして、なんとか元気に夏を乗り越えてもらいたいと思っています。

 そんなご難続きのヤマボウシですが、入居2年目には花が咲いたんですよ。

 その後は、褐斑病で花どころではなかったんですが、今年、久々に花が咲きました。
 ほんの数輪なんですが・・・・

ヤマボウシの花下から

 えっ!わかりませんか?

 ヤマボウシの花って下からでは良く見えないんですよね。

 2階の窓から下を見るとこんな感じ

ヤマボウシの花上から

 ダメージの大きいかった1本は、回復にまだ時間がかかりそうですが、その他の株は徐々に元気になりつつあるようです。 
 
 来年はもっと沢山の花を咲かせてほしいものです。

【サイト内関連記事】 
ヤマボウシの葉が出てきました。
冬の庭木たち、ヤマボウシ・オリーブと霜で落葉したロイヤルジャスミン 

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず



関連記事
THEME:ガーデニング | GENRE:趣味・実用 |

「住宅ローンはこうして借りなさい 改訂4版 深田 晶恵著」のレビュー

「住宅ローンはこうして借りなさい 改訂4版 深田 晶恵著」のレビュー

 皆さん、こんにちは。
 固定金利か変動金利か、自分なりに結論が見えてきたkokkoです。

 今回は、その結論を導くのに大いに役だった深田 晶恵さんの著書「住宅ローンはこうして借りなさい 改訂4版」を読んでの感想を書いてみます。

 全体的な感想としては、記事の内容が現在の経済状況に即しており、施主が住宅ローンの選択に当たってやるべき事が具体的に示されていて使える本だと思いました。

 各種チェックシートの様式も巻末に添付されていて、すぐに活用できます。
 ケーススタディーもパターン別に説明され、充実しています。

 深田さんは、変動金利のリスクを説明した上で、「10年固定金利」や固定と変動の「金利ミックス返済」をすすめていらっしゃいますが、それを含めて特に目を引いたポイントをいくつか挙げてみると・・・

 ●変動金利で借りていい額は最大1000万~1500万円。残りは固定金利型で 
 ●割引幅が拡大した「10年固定金利」がおすすめ
 ●おいしいとこ取り「金利ミックス返済」を活用してラクラク返済
 ●金利ミックス返済で繰上返済をする場合は、変動タイプを積極的に
 ●地方で有利なローンを組むには県内2トップの銀行の金利をチェック
 ●ボーナス返済を上手に使って、支払利息を大きく減らそう!

 新規の借入の方だけでなく、今の低金利で借り換えを考えていらっしゃる方にも参考になる本だと思います。
 特に、借り換えではなく、金融機関との金利引き下げ交渉術についての説明は多くの方にとって有益だと思います。

 まぁ、こんなところですが、amazonの「なか見!検索」では、目次だけでなく本文の一部までネットで見ることができるので、内容がイメージできて助かりますね。一度、確認してみてください。 
               ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
 
  


 なお、固定金利をすすめるFPと変動金利をすすめるFPの記事で紹介した池上氏には、この本は徹底して批判されていました。

 しかし、過去に出版された版も、それぞれが出版された時点での適切なアドバイスになっていると思います。

 たまたま、この20年近くがデフレ基調だったために、結果として変動金利を選択した場合の方が総返済額が少なくて済んだだけの話なんですよね。

 池上氏が過去の実績から変動金利の優位性を主張したい気持ちは分かります。

 分かりますが、それはレースが終わった後に、「だから俺は、1番人気が来ると言っただろう!」と自慢している競馬場の予想屋のおっちゃんと一緒なんですよ。
 これまでのデフレ状況下でのデータは、今後、全く参考にならないと思います。
 なにしろ、日銀は過去に例を見ない異次元の金融緩和をやっている訳ですから・・・

 それに深田さんは、どちらを選択した方が得だなんて事は言っていない。
 ただ、危険な金利タイプのリスクと対処法を説明しているだけなんですね。

 それを「不勉強」と批判するのは、全く当たっていない。

 私はそう思うんですが・・・・ 
 
 次回、私なりの「固定金利か、変動金利か」の問題についての現時点でのまとめを書いてみたいと思います。
 
     楽天市場をご利用の方はこちら 
       ↓  ↓  ↓
 【送料無料】住宅ローンはこうして借りなさい改訂4版 [ 深田晶恵 ]

【当サイト内関連記事】
固定金利をすすめるFPと変動金利をすすめるFP
金利は上昇!もしも2年後に変動金利が3%になったら・・のシミュレーション
意外と小さい変動金利のメリット
長期金利が急上昇、住宅ローン金利への影響は?
フラット35の6月金利は急上昇か?長期金利が続伸

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず



関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

住宅ローンで変動金利を選択された施主ブロガーさんへ

住宅ローンで変動金利を選択された施主ブロガーさんへ

 皆さん、こんにちは。
 深田晶恵さんの「住宅ローンはこうして借りなさい」を勉強中のkokkoです。

 今日の記事は、「余計なお世話だ!」とお叱りを受けそうですが、住宅ローンで変動金利を選択された施主ブロガーさんへのお願いです。

 というのも、変動金利を選択された方のブログ記事を読んでいると、変動金利のリスクを十分、検証しないまま選択されたんじゃないだろうかと思わせるものが多いからです。

 「株式投資なんて怖くてできません。」と言うような人が、こと住宅ローンの選択になると「ギャンブラー」に変身してしまう。

 5年間、1.25倍ルールの怖ろしさも十分、検討しないまま安易に変動金利を選択してしまう。そんな気がしてならないんです。
【参考サイト】
 >>>住宅ローン変動金利のワナ

 前回の記事にも書きましたが、金利が上昇を始めたら固定へ変更するという方法も実際にはかなり実現困難な方法だと指摘する専門家は多いんです。こちらの際ともそうです。
【参考サイト】
 >>>「金利上昇局面で変動金利の人ができることとは?」~確実な方法で将来に備えよう!~

 繰り上げ返済の活用も、将来の教育費の増や、老後やいざという時のために備える貯蓄をした上でないと危険極まりないのに安易に考えている人も多いようです。

 住宅のメンテナンス費用だって積み立てておかなければなりませんよ。

 私は、決して変動金利を否定はしません。

 資金に余裕のある人は、むしろ変動金利を選択された方が結果的には総返済額を低く抑える可能性が高いと思います。

 そもそも変動金利でも固定金利でもどちらを選択しても自由ですし、その結果を個人のブログに書かれることについて、なんの責任も生じないと思います。

 しかし、前回の記事固定金利をすすめるFPと変動金利をすすめるFPにも書いた通り

 ネットの読者は不特定多数です。

 その中には、販売業者のセールストークに乗せられて、身の丈を超える借り入れをしようとしている人もいる訳です。

 変動金利でないと融資の審査さえ通らないほど年収に対する借入額の割合の大きい人もいます。

 そんな人があなたのブログを見て、少しでも安心して変動金利での借り入れを決心したとしたならば・・・

 もちろん、様々な情報から総合的に判断しその人の自己責任で選択したわけですから、
 仮にその人が、ローン破綻し、マイホームを手放すようなことになったとしても、あなたが責められるべき事ではありません。

 ただ、同じ時期に境遇は違っても同じ家づくりという人生のイベントに取り組んだ「同志」が、夢破れていくのは残念だと思いませんか?

 そんな悲劇を招かないためには、その人にも自分のリスク管理を十分にやってもらえばいいんですが、そういう人に限ってなかなか自分の抱えるリスクを理解していないものです。

 それならせめて、あなたとは境遇が違うんだということを知ってもらう必要があります。

 ということで、私から変動金利を選択した施主ブロガーさんへのお願いです。

 あなたの記事の中に、金利を何パーセントでシミュレーションしたのか?

 金利上昇の仮定を何年後に何パーセントとしたのか?

 その結果、計算された月の返済額が、無理のないものだったということを書いて欲しいんです。
【参考記事】
金利は上昇!もしも2年後に変動金利が3%になったら・・のシミュレーション

 将来の金利なんて誰にも予測できません。

 ただ、いろんなケースを想定して自分の抱えるリスクは把握できます。

 読者の皆さんにも、そのリスクを知った上で、我が家で変動金利が可能なのか。固定金利で安心を買った方がいいのかを考えて欲しいと思います。  

 本当に、いつもながら、余計なお世話の鼻につく記事で失礼しました。

           この本は使えます。おすすめします。


amazonをご利用の方はこちら → 住宅ローンはこうして借りなさい 改訂4版

【当サイト内関連記事】
固定金利をすすめるFPと変動金利をすすめるFP
金利は上昇!もしも2年後に変動金利が3%になったら・・のシミュレーション
意外と小さい変動金利のメリット
長期金利が急上昇、住宅ローン金利への影響は?
フラット35の6月金利は急上昇か?長期金利が続伸
「住宅ローンはこうして借りなさい 改訂4版 深田 晶恵著」のレビュー

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず
関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

固定金利をすすめるFPと変動金利をすすめるFP

 皆さん、こんにちは。住宅ローンについて勉強中の「なんちゃってFP」kokkoです。

 さて、前々回、前回と長期金利が急上昇している状況を説明しましたが、5月16日の長期金利は、前日比-0.012ポイントの0.844%と落着きを見せたものの、日銀が国債購入の予告をしたにもかかわらず高位で維持されています。

 長期金利が上昇すれば、フラット35などの固定金利もアップしますから、フラット35の申し込みをされている皆さんは本当に心配されていることと思います。
 6月の10年固定などのローン金利は既に引上げを決定した金融機関もあり、前月比0.3ポイント増程度の金利になりそうです。
 
 一方、債権相場の影響を受けない変動金利については、今年12月までは日銀の政策金利引き上げがありませんから、金融機関からの貸出金利も急激な変動はないものと思います。

 では、固定をあきらめて、変動金利を選択した方がいいのか?
 これは、そんな単純には答えの出ない問題です。

 この問題について専門家の意見はどうでしょうか?

 資産運用などの専門家と言えば、FP(ファイナンシャルプランナー)
 国家資格で言うと「ファイナンシャルプランニング技能士」

 FPの皆さんの意見を見ると、固定金利を勧める方が多いですね。

 例えば、このサイト
 住宅ローン、変動金利派?それと固定金利派? | FPインタビューズ
 4対0で固定金利が圧倒的に有利です。
 
 FPが固定金利をおすすめする理由
 それは、FPには顧客の利益を最優先にアドバイスする義務があるからです。

 「顧客の収入や資産、負債などに関するあらゆるデータを集め、顧客の目標や希望を把握し、包括的なライフプランを立案し、それを実行援助する専門家」がFPです。

 包括的なライフプランを立案するためには、固定金利が適しています。
 将来、月々の返済額がいくらになるか判断のつかない変動金利ではライフプランの立案が難しくなります。
 間違っても顧客をローン破綻に導くようなアドバイスはできません。

 しかし、FPであっても変動金利をすすめる方もいます。

 その場合の「顧客の利益」は、「ローンの総返済額を低く抑えること」
 これを最優先に考えれば、変動金利の方が総返済額は低くなる可能性が大きいですから変動金利をおすすめすることになります。

 変動金利をすすめるFPに池上 秀司さんがいらっしゃいます。

 >>>変動金利を否定するFPの不勉強さ|池上秀司のブログ

 池上氏の考えは、こちらのサイトの方がポイントがまとめられていて分かりやすいと思います。
 >>>メディアが教えてくれない「本当のお金の話」

 池上氏は、変動金利を否定するFPを徹底して攻撃します。
 
 「変動金利は危険だ」とギャーギャー騒ぐFPはただの不勉強で、事実に基づかない捏造で不安を煽っているだけだと言います。

 池上氏は、現場叩き上げの専門家ですから、素人の私が意見するのはおこがましいのですが、

 氏の主張で私が納得のいかない点をいくつか挙げさせていただきます。
 
 氏は景気が良くなっても日銀は政策金利を上げないと言っています。

 しかし、日銀には「物価の番人」という重要な役割があります。
 
 2%のインフレターゲットが達成されれば、金利の引き上げは当然、検討されるでしょう。

 仮に2%の物価上昇率を安定的に維持するためには金融緩和を継続する必要があるとして、日銀が政策金利の引上げを行わなかったとしても、
 金融機関はローン金利を上げてきます。

 現在の変動金利が超定位で推移している理由は、金融機関の利下げ競争の賜物である優遇金利の大きさにあります。

 仮に近い将来、インフレ2%を達成した場合、貸出金利も2%以上にしなければ、金融機関は自らの貸出金という資産を目減りさせてしまうことになります。

 現在の実質金利(貸出金利-物価上昇率)が1%と仮定し、これを維持するためには物価上昇率が2%になれば、貸出金利は3%でなければなりません。
 金融機関は、優遇金利による利下げを縮小してでもこのラインは確保してくるのではないでしょうか?

 ですから、2年後に金利3%というシチュエーションは、現実的な前提としてシミュレーションする必要があります。

 私が「金利は上昇!もしも2年後に変動金利が3%になったら・・のシミュレーション」の記事で試算した結果、

 2,500万円の借り入れで、毎月返済額は、当初5年間が70,571 円、6年目~10年目が88,213 円、11年目以降が101,733 円となります。

 つまり、2,500万円を借り入れ、ボーナス払いなしの元利均等返済の場合で、
 月々の返済額が101,733円を負担できる家庭でなければ、変動金利を選択すべきではないということになります。

 池上氏は上がった金利は、また下がる可能性もあるとして楽観的な考えです。

 さすがに相談料を払って家計の状況をきちんと把握できる顧客に対し、無謀なアドバイスはしないでしょうが、
 ネットの読者というのは不特定多数で、どんな人が読んでいるか分かりません。

 その中には、固定金利では返済が無理だけれど、変動金利なら何とか返済できるといった「住宅ローン難民」予備軍もいるかもしれないのです。
 変動金利のリスクも十分に説明するのがFPの仕事だと思うんですが・・・
 
 さて、一方、池上氏に不勉強のFPと名指しされた深田晶恵さんですが、こちらは著書も多く、メディアへもよく出演されていますので御存知の方も多いことでしょう。

 指摘されている著書「住宅ローンはこうして借りなさい改訂4版 [ 深田晶恵 ]」を私も本屋で立ち読みしてみました。

 実際にどのタイプのローンをどこから借りるのか、その検討方法まで説明されていて分かりやすい。
 そう感じました。
 その中では、10年固定金利ローンや固定と変動のミックスローンを勧めていらっしゃいます。
 
 通り一遍の説明しかない解説書とは違い、使える本だなと言う気がします。

 早速、私も楽天ブックスで1冊注文しました。
 (私自身が住宅ローンを借りることは、もうないでしょうけど・・・)

 本が届いたら、またレビュー記事も書きますので、お楽しみに!

 さて、このお二人が書かれている内容で興味深かったのが、「変動金利から固定金利への借り換え」です。

 深田さんは、「金利上昇局面で固定金利は変動金利より先に動くから、固定に変えようと思った時にはもうかなり金利上昇していて手遅れで、事実上、無理」と指摘します。

 これに対して、池上さんは、
 
 固定金利の方が高ければわざわざ変えずに変動金利でそのままにしておけばいい。
 つまり選べる金利の中で低いものを選んでいけばいいと反論しています。

 池上さんの論調は強いですが、結果的には、どちらも金利上昇局面では「借り換えない(借り換えられない)」で一致しているのは面白いですね。

 当初、変動金利を選択するのであれば、多少、金利が上がっても借り換えない覚悟は必要なのかもしれません。
 慌てて借り換えをすれば、高値掴みになる可能性もありますし、金利が下がった時点でまた借り換えすれば、手数料が嵩んで「借り換え貧乏」になってしまいます。

 「固定金利か、変動金利か」
 
 私なりの結論は、まずは、金利が上昇した時のシミュレーションを行い、返済に無理のある人は固定金利

 返済に無理のない人で、

 多少のリスクは承知で総返済額を低く抑えることを重視する人は変動金利

 精神的安定を望む人は固定金利

 こんな感じだと思いますが、この問題に関してはもう少し掘り下げて記事にしてみたいと思います。

 まずは、次の記事にシミュレーションの仕方が書いてありますので、ご自分で試算してみてください。

 金利は上昇!もしも2年後に変動金利が3%になったら・・のシミュレーション

 意外と小さい変動金利のメリット



amazonをご利用の方はこちら → 住宅ローンはこうして借りなさい 改訂4版

【当サイト内関連記事】

住宅ローンに関する愚かな疑問「固定金利と変動金利、どちらがお得?」
変動金利の上昇予想、インフレターゲット2%を達成すれば
金利は上昇!もしも2年後に変動金利が3%になったら・・のシミュレーション
意外と小さい変動金利のメリット
長期金利が急上昇、住宅ローン金利への影響は?

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず


関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

フラット35の6月金利は急上昇か?長期金利が続伸

皆さん、こんにちは。「なんちゃってFP」のkokkoです。

 長期金利が急上昇していることは、前回の記事「長期金利が急上昇、住宅ローン金利への影響は?」でお伝えしましたが、13日の債券相場でも長期金利は大幅な上昇となりました。

 前日比0.08ポイント高の0.776%

 わずか2日間で、0.176ポイントの上昇
 率にして29%の伸びです。

5月13日長期金利チャート

  チャートは、ぱらっとチャート長期金利の日足
 
 もう皆さん、よく御存じのとおり、長期金利はフラット35の金利に直結しますから、このまま長期金利が高めに推移すれば、6月の実行金利は大幅上昇ということになります。

 もちろん、日銀が国債購入に出動するでしょうし、株高も落ち着けば長期金利は再度、下降する可能性もあります。

 仮に髙めに推移したとして前月比0.2ポイント程度の上昇で収まれば、まだまだ超低金利の範囲内です。
 4月、5月がちょっと低すぎただけとも言えますから・・・

 フラット35を申し込んでいらっしゃる方は、はらはらどきどきでしょうが、これから先何十年も、変動金利で金利の動向を気にし続ける思いに比べれば、まだ安心と言えるんじゃないでしょうか?

 では、変動金利での借り入れを検討中の皆さんはどうでしょう?
 2年先には3%の金利になることを想定してシミュレーションしてみる必要があるのは明らかな状況だと思います。

 はたまた、既に変動金利で借り入れた方は?

 前回、予告した固定金利か変動金利かの記事は未完成ですので次回のお楽しみ!ということでお願いします。

 なお、同記事で書いた「面白いサイト」だけは、お知らせしておきますね。

 変動金利で借り入れた方への精神安定剤

 >>>メディアが教えてくれない「本当のお金の話」

 池上氏は自身のブログでこんな記事も書いてますよ。

 >>>変動金利を否定するFPの不勉強さ|池上秀司のブログ

 こんなFPもいるんですね。

 勉強不足の私には納得いかない点が多いんですが・・・

 詳しくは、また次回! 

 【サイト内関連記事】

固定金利をすすめるFPと変動金利をすすめるFP
金利は上昇!もしも2年後に変動金利が3%になったら・・のシミュレーション
意外と小さい変動金利のメリット
長期金利が急上昇、住宅ローン金利への影響は?
「住宅ローンはこうして借りなさい 改訂4版 深田 晶恵著」のレビュー

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ



関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

長期金利が急上昇、住宅ローン金利への影響は?

皆さん、こんにちは。kokkoです。

 5月10日は、円相場が1ドル101円台を回復し、株式市況は日経平均株価が前日比416.06円高の14,607.54円という活況でした。

 この株高に伴い、長期金利の指標となる10年物国債が、一時0.700%と、2月25日以来の高水準まで売られました。
 終値で前日比0.096ポイント高の0.696%
 率にして前日比+16.00%の急上昇です。

5月10日長期金利チャート
  チャートは、はぱらっとチャート長期金利の日足

 これまで、株が上がりながら長期金利は低いままという不可思議な状況が続いていましたが、これは日銀の過去に類を見ない金融緩和策によるもの。
 長期国債を日銀が大量に購入したため投資家の安心感から国債は高値(低金利)を維持してきましたが、今回は10日の時点で日銀が静観していたため素直に株高が金利上昇につながったものです。

 週明けにも日銀が国債購入に動くものと思われますから、一本調子に金利が上昇するとは思えませんが、中長期的には金利上昇局面に入ったと見る方も多いことでしょう。

 こうなってくると、長期金利が直接貸出金利に結びつくフラット35を申込み中の方は気が気ではありません。

 このまま、長期金利が上がったままなら6月以降融資実行の金利が高くなりますからね。

 でも、本当はそれ以上に心配すべきは、変動金利で融資を受けた方ではないでしょうか?

 と言っても、変動金利は日銀の政策金利に連動しますから、しばらくは上昇の心配はありません。

 3月6、7日の日銀金融政策決定会合で政策金利の現状維持が決まりましたから、その結果を受けて固定金利は今年12月までは低金利が維持される可能性大です。

 しかも、日銀はインフレターゲット2%が達成されるまでは、徹底した金融緩和の方針を表明していますから、この目標の達成が確実になるまでは政策金利が引き上げられることもないでしょう。

 そう考えれば、今、じたばたする必要もなさそうですが、いざ、2%のインフレが達成されれば、変動金利が3%前後まで上昇する可能性が大であることは明らかです。

 一方、変動金利で融資を受けている方が固定金利へ借り換えるのは、判断が非常に難しいと言わざるを得ません。
 仮に、金利上昇局面の絶好のタイミングで借り換えができたとしても、その後金利が下がれば、結果的には動かない方が良かったとなるのがオチとも考えられます。

 固定金利か変動金利かの問題は、施主にとって永遠の問題ですよね。
 私もFPの資格は持っているものの、実務は全く経験ありませんし、住宅ローンに関してはまだまだ不勉強で、素人と何ら変わりありませんので、まぁ、こんな考えもあるのか程度で読んでいただきたいと思います。

 ただ、数か月前に面白いサイトを見つけて大変興味深く読ませていただいてから、住宅ローンについてもっとしっかり勉強してみようと思うようになりました。

 次回はその辺のことを含めて、固定か変動かの記事を書いてみようと思います。

 【サイト内関連記事】

固定金利をすすめるFPと変動金利をすすめるFP
金利は上昇!もしも2年後に変動金利が3%になったら・・のシミュレーション
意外と小さい変動金利のメリット
フラット35の6月金利は急上昇か?長期金利が続伸
「住宅ローンはこうして借りなさい 改訂4版 深田 晶恵著」のレビュー

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず





関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

あなたの住宅の固定資産税額は?おおよその目安をお知らせします。

家屋の固定資産税・都市計画税のおおよその目安

 皆さん、こんにちは。kokkoです。

 さて、5月も連休が明けると、固定資産税の納税通知書が送付されてくる市町村も多いことと思います。

 昨年、新築された方は初めての納税通知書に一喜一憂されていることと思います。
 今年、新築される皆さんは、我が家の固定資産税がいくら位なのか気に掛かるところでしょう。
 
 そこで、今回は家屋の固定資産税・都市計画税はいくら位なのか、おおよその目安について説明します。

 よく、家屋調査員の方が説明の中で使うフレーズで、

 「固定資産税のおおよその目安は、1㎡あたり1,000円です。」
 というものがあります。

 なるほど、大変わかりやすい目安です。

 これを床面積別に表にすると、次のようになります。

固定資産税の目安

 延床面積が100㎡の住宅なら固定資産税は10万円
 ただし、築後3年間(長期優良住宅は5年間)は新築住宅の2分の一軽減がありますから、この半額で5万円

 それに、都市計画区域内などで都市計画税が課税される場合、税率が0.3%として約2万1千円となります。
 合わせて7万円強

 それに土地の税額が加算されます。

 木造2階建ての標準的な専用住宅であれば、大体、これ位の税額に収まるものと思いますが、家屋の評価額は1棟ごとに使用されている資材や施工の程度により評価され、市町村で決定されますから、あくまで大まかな目安として考えてください。

 平家建てでは、少し㎡単価が高めになることが多いようです。

 また、木造家屋では、地域により「物価水準による補正」が行われます。

 その結果、次の都道府県では1割程度、金額が高くなります。
 ・・・北海道、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県

 これに屋根一体型ソーラーパネルや床暖房がある場合は、評点が加算されます。

 【参考記事】
 一条工務店の固定資産税はかなり高い上に驚愕の事実が発覚
 
 以上が木造住宅の場合ですが、軽量鉄骨造の住宅の場合は、これより1割前後高めに見ておいた方がいいでしょう。
 ただし、物価水準による補正率は全国一律ですから地域差は考慮する必要ありません。

 以上が固定資産税と都市計画税のおおよその目安です。参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

【サイト内関連記事】
固定資産税、家屋の評価額計算方法(物価水準による補正率)
固定資産税の納税通知書から不動産取得税の税額を計算する方法
固定資産税の基礎解説シリーズ
1 固定資産税の納税通知書の見方(課税標準額と減税額の計算式)
2 固定資産税の対象になるヨド物置とならないカーポート
3 固定資産税の床面積は?ビルトインガレージ・サンルーム・ポーチ
4 固定資産税の床面積と評価額(ベランダ・バルコニー)
5 固定資産税の課税対象になる住宅設備

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず


関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

シンボルツリー(オリーブ)が大きくなり過ぎて困る。

シンボルツリー(オリーブ・ミッション)が大きくなり過ぎて困る。

 皆さん、こんにちは。kokkoです。

 大型連休も最終日、いかがお過ごしですか?
 楽天市場のお買い物マラソンが始まりましたが、参加されますか?

 我が家は、今回は2、3個購入予定の物を買うだけで、本格参戦は回避です。

  楽天市場エントリーはこちら
   → お買い得アイテムが大集合!買うならやっぱり楽天市場

 さて、今日は、我が家のシンボルツリーのお話

ヤマボウシオリーブ200907

 我が家のシンボルツリーは、向かって右がヤマボウシ
 左がオリーブ・ミッション

 画像は、入居半年経過の2009年7月に撮ったもの

 植えたばかりのオリーブは、今にも折れそうなくらい細く、か弱そうだった。
 (太い幹に見えるのは支柱です。)

 それが、

 4年経った

 現在では、

 こんな

 ことに

  ・ 

  ・

  ・

ヤマボウシオリーブ20130505

 メインのヤマボウシを追い越す勢いで、オリーブが成長しています。

 幹も6~7cmの太さになって、支柱と変わらないくらいになりました。
 もう、支柱もいらない大木です。

 大きくなる樹だとは覚悟していたんですが、

 狭い敷地ですから、これでも毎年、強い剪定を繰り返しているんですよ。

 今年も、思い切った剪定をしました。

ヤマボウシオリーブ20130506

 これでやっと、私のイメージするオリーブらしいオリーブでしょうか?
 家・ヤマボウシとのバランス的にも、これ位であって欲しい。

 残念ですが、毎年、この時期に強い剪定をするので花は咲きません。

 ちょっと可哀そうですね。

 もう少し、成長を抑えてくれといいんですが・・・
 せめて花が咲く間だけでも・・・

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず


関連記事
THEME:ガーデニング | GENRE:趣味・実用 |
プロフィール
kokko
2008年にヤマサハウス絆の家が完成
2011年太陽光発電設置
宅建主任者試験合格、ファイナンシャルプランナー資格者
ただし、実務経験ゼロ
建築はど素人の中年男性です。
よろしく!
ブログランキングに参加しています。 ブログ村には参考になる施主ブログが一杯
Just For You


ワンダーコア使ってます。
レビュー記事はこちら
プロテインと腹筋マシーン、ワンダーコアで5kgダイエットに成功


【送料無料】コストダウンの方法がわかる!後悔しない上質な家づくり [ 中村康造 ]



【リビングにおすすめのグリーン】
ウンベラータ


アルテシーマ


シーグレープ


エバーフレッシュ

  【紹介記事】
 >>>リビングにおすすめの観葉植物

おすすめのお店
 >>>e-RANさんHP
 


検索フォーム
サイト内検索はこちら
アクセス数

債務整理のお悩み相談

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。