スポンサードリンク
 







カスタム検索
カテゴリ
この記事にリンクを貼る

このブログはリンク・引用(記事の一部に限る)とも自由です。
ただし、引用する際には、オリジナル記事へリンクを貼ってください。
記事へのリンク・引用をする際には、次のタグをコピペされると便利です。
各記事のタグを表示するには、記事タイトルをクリックして記事表示に切り替えてください。

このブログのリンク用タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

googleウェブマスター向けガイドラインに沿ったサイトの修正を行いました。

 当サイトの新着記事がgoogleにインデックスされず、また送信したサイトマップも保留のままとなっています。

 このことから「ウェブマスター向けガイドライン」に違反しているものと考えられますので、次のとおり修正しました。

*キーワードの乱用について

  各ページに共通のテンプレートの一部において、キーワードの詰め込みが見られたので、これを削除しました。 

  具体的には、ヘッダー部分と左カラムにあった「Web内覧会」という言葉を必要最低限に抑えました。

  その結果、このキーワードの使用数は、画像内を含め修正前の21ヶ所が、修正後7ヵ所になりました。

   【修正前】

左カラム

  【修正後】 

左カラム修正後


  なお、ヘッダー部分のサイトの説明は、キーワードの列挙から適切な文章に改めました。

タイトル

 【修正前】
  kokkoの家づくり日記第2ステージ、注目キーワード:鹿児島 ヤマサハウス 高気密高断熱 シャープ太陽光発電 一条工務店固定資産税 消費税増税 平成25年度税制改正大綱確定申告2013年6月7月フラット35金利予想 2014年住宅ローン控除減税 シミュレーションWeb内覧会 固定 変動金利 評判 ウンベラータ

 【修正後】
     
  kokkoの家づくり日記第2ステージ、鹿児島のヤマサハウスで家を建てました。2014年の消費税増税を前に2013年は住宅の買い時なのか?住宅ローンは固定か変動か?各シミュレーションで施主の疑問に答えます。住宅ローン減税、固定資産税、Web内覧会など家づくりに関する情報満載

 以上です。

 今後、ウェブマスター向けガイドラインを遵守し、違反することのないよう心がけます。
関連記事
スポンサーサイト
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

FC2のブログがgoogleに検索されないのでサヨナラかな?

 皆さん、こんにちは。ブログの更新意欲をすっかり失ってしまったkokkoです。

 と言うのも、記事のタイトルのように、当ブログがgoogleの検索にヒットしなくなってしまいました。

 異常事態に陥ったのは6月15日です。

googleクロールページ数

 それまではgoogleの検索ロボットが1日に当ブログの200ページ程度をクロールしていました。
 多い日は250ページを超えることもありました。

 カテゴリ別や月別アーカイブを含めても全部で260ページほどのサイトですので、毎日、全部に近いページを見てくれていたことになります。

 それが、6月15日以降は1日に30ページ以下と10分の1程度まで落ち込んでしまいました。

 しかも、それ以降にアップした記事は、全くインデックスされません。

 これは、私のブログに限った話ではなく、FC2ブログの一部のサイトで同じ現象が発生しているようです。
 しかも、私の場合と同じ6月15日からです。

 FC2ブログでは昨年末にも同じような現象がありました。
 その時は、FC2側に不適切な行為があったと認識されたためのペナルティーだったんですが、FC2の対策が功を奏して数日で復旧しました。 

 しかし、今回はFC2側の問題という訳ではなく、各ブログの方に問題ありと認識されたようです。

 その証に、同じFC2ブログのぽなーんさん草野さんの記事は、ちゃんとインデックスされています。

 ただ、お二人のブログで6月15日前後の記事をgoogleの検索結果で見てみると、キュッシュがエラー表示されているものがあります。
 私の記事のキャッシュにもエラー表示がありました。

 これはどうも、全部のFC2ブログをふるいにかけた上で、問題ありのブログが選別されたような、そんな気がします。

 といって、私が何かペナルティーを受けるような行為をしたかと言えば、そんな覚えはありません。

 スパム判定をしてくれるサイトで当ブログのチェックをしても「問題なし」の結果です。

 google自身、私のブログにブロックしたURLはないと表示されます。

 それでも、新着記事はインデックスされないし、過去の記事の検索順位も急降下しています。

 いくつか気になる点を改善してみました。

 広告のバナーを外したり、表示スピードを速めたり、

 しかし、事態は変わっていません。

 以前は、誰かがgoogleに対して違反行為をすると、同じドメインを使っている無関係の人まで巻き添えでペナルティーを受けるということは、よくありました。

 それを避けるためにも、FC2のドメインは先頭の文字が個人ごとに異なるので、いいかなと思って選択したんですが・・・

 インデックスされなければ、当然、検索結果にも表示されません。

 googleの検索にヒットしないということは、ネットの世界では存在しないのと同じことです。

 実は、2年前に旧ブログ(tea cupのオートページというブログサービス)の更新をやめて、新たにこのブログを始めたのも、原因はgoogleでした。

 その時は、tea cupのすべてのブログがgoogleからの広告配信停止というペナルティを受けました。

 その状態は、今でもまだ復旧していないと思います。

 tea cupのオートページからの引っ越しも考えましたが、画像の移転ができなかったので、別に新たなブログを始たのが、当サイトです。

 幸い、FC2ブログからの引っ越しは画像の移転も可能なブログサービスがありますから、FC2ブログにはサヨナラして、引っ越ししようと考えています。

 今回、googleに関して色々と勉強してみて、FC2ブログはSEO的にも利用者のために真剣に取り組んでサービスしてくれているんだなぁと実感できたので、決してFC2がダメだということではありませんが、当ブログに関しては引っ越しやむなしという結論です。

 ということで、現在、引っ越し先を検討中です。

 近いうちにリニューアルしてお目にかかれるものと思いますので、その日までしばらくお待ちください。

 めげずに頑張れって応援してくださる方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ



 
関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

2013年7月のフラット35金利は2.05%を予想

皆さん、こんにちは。kokkoです。

 前回の記事では、フライング気味にフラット35の7月金利を予想してみましたが、21日に住宅金融支援機構から貸付債権担保第74回債の発行条件が発表になりました。

 その結果から、7月の実行金利を予測してみたいと思います。

住宅金融支援機構74回債条件

 出典:住宅金融支援機構債権発行実績
7ページ

 住宅金融支援機構が発表した条件は、

  表面利率 1.32%

  ローンチスプレッド 第329回国債流通利回り+44ベーシスポイント(bp)

 です。

  表面利率が、前月の1.30%から0.02bpの上昇となりました。

 その結果を、過去の実績の表に加えると

MBSとフラット35金利差

 となり、2013年7月のフラット35金利は2.05%前後と予想できます。

 前回の記事では、6月20日の10年物国債の利回りから、ほぼ6月の金利を維持して、2.03~2.04%と書きましたが、それより若干高めとなりました。

 6月21日の10年物国債の利回りは終値は、前日比0.024bp高の 0.879%と上昇しました。

 これが影響したのか?と、ここまで書いて気がついてんですが、0.024プラスで0.879%なら、前日の利回りは0.855%になるはずですが、昨日の記事の画像では0.846%でした。

 0.855%が正しければ、6月20日と比較すれば0.02bpの上昇もうなづけます。 

 私が考えた「基準は毎月20日の10年物国債の終値」というのが正しいのか、もう少し他の債権チャートなども見ながら検証してみますが、いずれにしてもフラット35の金利は3ヶ月連続で上昇になるのは確実と思われます。

 当サイトの2013年7月のフラット35(20年超)予想金利は、
  2.05% ~ 2.06% 
  とさせていただきます。  

 
専門家のためになる記事が満載
 にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ

住宅ローンに関する記事のリンク集

にほんブログ村 トラコミュ 住宅ローンへ
住宅ローン
トラコミュ
フラット35
トラコミュ
住宅ローンの行方



今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず


関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

2013年7月の【フラット35】金利を予想

最新予想はこちら
 >>> 2013年7月のフラット35金利は2.05%を予想

以下、オリジナル記事です。

皆さん、こんばんは。kokkoです。

 当サイトが先月、発表したフラット35の6月の金利予想(2.03%~2.04%)は見事、的中でした。
  >>> 2013年6月の【フラット35】金利が決定、予想は的中

 これに気をよくして7月の金利予想もやってみたいと思います。

 フラット35の金利は、10年物国債の金利に連動しますが、基準日は、毎月25日ではなく、毎月20日と見ています。

 毎月20日の長期金利(新発10年物国債利回り)終値が基準となります。

 20日が土日なら翌営業日の金利です。

 これに住宅金融支援機構が投資家向けに金利の上乗せをし、金融機関が利ザヤを乗せるんですが、詳しい計算方法は改めて紹介するとして、5月20日と6月20日の10年物国債の金利を比較してみます。

20130620長期金利

 画像は、ぱらっとチャート

 5月20日が,0.840%
 
 そして、6月20日が,0.846%
 (対前月比  +0.006bps)

 と、わずかな上昇です。

 あとは、住宅金融支援機構が上乗せする金利(=ローンチスプレッド)をいくらで決定するかですが、これはおそらく21日に発表されるものと思います。

 このローンチスプレッドは毎月変動するので、発表を待たなければ正確な予測はできませんが、これが前月と同じと仮定すれば、

 7月のフラット35の金利は

 6月の2.03%と同じか2.04%ということになります。 → 2.05%に訂正(6/21) 

 とりあえずは、7月も6月の金利をほぼ維持する見込みとだけ申し上げておきます。 

 それでは、住宅金融支援機構が発表する第74回債のローンチスプレッドの結果が分かれば、また、報告します。
 
専門家のためになる記事が満載
 にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ

住宅ローンに関する記事のリンク集

にほんブログ村 トラコミュ 住宅ローンへ
住宅ローン
トラコミュ
フラット35
トラコミュ
住宅ローンの行方



今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず




関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

室内干しの住宅で畳のカビを防ぐ方法

室内干しの住宅で畳のカビを防ぐ方法

a0022_000075.jpg

 皆さん、こんにちは。今週から和室にイグサマットを敷いて寝ているkokkoです。

 それにしても、毎日、暑いですね。しかも湿度が高い。

 この季節、人間は蒸し暑さに参ってしまいますが、活発に繁殖しようとするのがカビ達ですね。

 部屋の中にカビが生えると、ダニも発生しやすくなり、家族の健康に害を及ぼしかねません。

 前回の記事で、我が家の畳にカビが生えたことを書きました。

 ちょうど、1年前のこの季節、同じ内容の記事に、

 「それ見たことか、やっぱり高気密高断熱住宅はカビやすいんだ!。」

 と噛みついてきたコメント屋がいました。

 その年の鹿児島は、連日の雨で高温多湿の状態が続いていました。

 わずかに天気のいい日でも、桜島の降灰の降灰がありますから、我が家では窓開け厳禁

 それに連日、室内干しですから、何か対策をとらないとカビが生えるのも無理はありません。

 確かに、高気密高断熱住宅は十分に計画換気を計算し、実践しなければ、カビる可能性は高いと言えるかもしれません。

 しかし、中途半端に気密性の高いC値5.0㎠/㎡程度の家がカビにくいかと言えば、そんなこともないでしょう。

 締め切った部屋で室温25℃以上、湿度90%以上という日が続けば、C値に関係なくカビてしまうんじゃないでしょうか?

 特に新築の住宅であれば、天然イグサの畳は、イグサ自体に栄養分がありますし、その吸湿性から湿気をたっぷりため込みますから、カビにとっては絶好の環境です。

 これを防ぐためにはどうしたらいいのか?

 設計段階と住んでからの2つの時期に分けて検討してみます。

 まず、カビの育つ条件ですが、

【1】湿 度  湿度が75%を越えると元気になります。
【2】温 度  20℃を超えると活発化します。
【3】栄養分  食べカスや衣類、木、プラスティックなど家にあるほとんどのものがエサになります。
【4】酸 素  カビも生物なので、酸素を必要とします。


 以上の4つの条件が揃うと、カビは繁殖を始めます。

 これを防ぐには、

 ◎ 4つの条件のうち1つ以上を完全に断つこと

 ◎ 空気の流れを作ること


 のいずれかか必要となります。そのために注意すべき事を挙げてみました。

【設計段階で気をつけること】

 1 和室を風通しのいい部屋になるように設計すること

 2 できるだけ開放できる間取りにすること

 3 十分換気できるよう、換気量と換気経路の計画を立てること

 4 調湿性能の高い仕上げ材を多用すること

 5 畳の通気性を考えて畳や下地板を選択すること

 1・2については特に説明の必要はないでしょうが、3以降について簡単に説明を加えると、

 3の換気については、空気がよどむことのないよう給気口と排気口の位置を決め、必要換気量を計算しておく必要があります。

 ただし、外気が湿度90%を超えるような日は、いくら換気しても入ってくる空気が湿気たっぷりですから換気してもほとんど意味ありませんので、住んでからの対策が必要になります。 

 4の調湿性能の高い仕上げ材とは、漆喰・珪藻土・エコカラットなどです。

 これらの調湿性能に頼っても効果に限度がありますが、ビニールクロスで覆うよりは遙かに効果があるはずです。

 5の通気性ですが、スタイロ畳は通気が遮られるので避けた方が無難ですが、今や新築住宅に使用される畳の多くは、ポリスチレンフォームなどの断熱材を畳床に使うこのタイプのものです。

 スタイロ畳に構造用合板の下地板では、湿気の通り道がありませんから、せめて下地板は杉板を使うなどして通気性を確保したいものです。

 なお、畳表には、天然の藺草(イグサ)の他に、和紙畳が普及してきています。

 和紙畳ならカビの発生をかなり抑えることが出来ます。

 和紙畳については改めて記事にしたいと思います。

【住んでから気をつけること】

 1 室内の相対湿度が概ね75%を超えないようにする。

 2 こまめに掃除する。

 3 締め切らずにできるだけ空気の入れ替えができるようにする。

 4 空気の流れを作る。

 1の除湿ですが、連日、外気の湿度が90%を超えるような状況では、室内を75%以下にするのも結構、難しいものです。

 調湿性能の高い仕上げ材を多用しても効果に限度がありますから、機械に頼らざるを得ません。
 
 ただ、除湿機までは使いたくないと考えるならエアコンの除湿機能を利用するのが一般的でしょう。

 最近の高性能のエアコンの多くは、再加熱除湿方式を採用しています。

 除湿すると室温が下がりますが、下がり過ぎないように空気を暖めるのが再加熱除湿

 当然、電気代が嵩みます。

 再加熱方式でない通常のドライ運転は安上がりですが、設定室温まで温度が下がると除湿機能もストップしてしまいます。

 この場合は、室温が下がり過ぎないようにしながら適度な除湿を維持するしかありませんから完璧な効果は期待できませんが、エアコンから風が吹いているうちは空気の流れもできますので、こちらの効果も期待できます。

 室内干しでどうしても湿度が落ちないとなれば除湿機に頼らざるを得ません。

 2の掃除です。新しい藺草に含まれる栄養自体は取り除けませんが、畳表面に付着したゴミなどは栄養源になりますから、こまめに掃除して除去します。

 今年、kokkoは和室で寝ることになりましたので、自分が寝る部屋くらいは自分できれいにしようと思っています。

 なお、掃除に使う雑巾にカビ菌が付いていては意味ありませんから、キッチン用のアルコール除菌できれいにした雑巾で拭き掃除です。

 3はオープンな仕切りということになります。

 特に夫婦共働きのご家庭は、昼間、和室を閉め切ることのないよう気を付けて下さい。

 4の空気の流れですが、24時間換気だけでは難しいと思います。

 先ほどのエアコンの風の利用でいいと思いますが、部屋の隅など空気のよどみがありそうな場合は、扇風機を弱運転で使うのも有効です。

 また、空気清浄器やエアコンの空気清浄機能もオゾンの働きで効果はあると思います。

 以上、色々書きましたが、うっとおしい梅雨の季節を爽やかな畳で過ごせるように、ちょっと手間をかけてみましょう。

【当サイト内関連記事】
和室のメリット・デメリットから必要か不要かを考える。
高気密高断熱住宅のカビと一条工務店の今後
梅雨時には換気より除湿が大切


今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ 

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

専門家のためになる記事が満載
 にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず


  
 
関連記事

和室のメリット・デメリットから必要か不要かを考える。

 和室のメリット・デメリットから必要か不要かを考える。

和室

 間取りを検討する上で、非常に大きな懸案になるのが、和室を設けるかどうかの問題です。

 経済面や敷地の広さに余裕があればいいですが、限られた床面積の中で、和室に面積を割り振るのか?
 それとも、リビングなど他の部屋を拡げて開放感を求めるのか?
 多くの施主の皆さんが悩むポイントだと思います。

 その答えは、各家庭のライフスタイルによって異なってくるでしょう。

 ただ、ライフスタイルと言っても、現在の生活ではなく、今後、20年先・30年先まで見据えたものでなくてはなりません。

 これからお子さんが誕生する予定のあるご家庭であれば、和室は思いの外、子育てに使い勝手のいい部屋になると思います。

 また、泊まりのお客さんがあったり、将来、親御さんと同居の可能性があるご家庭は和室があった方がいいでしょう。

 寝室が2階にある場合は、ご自身が年齢を重ねた時のことも想定しておきたいものです。

 先輩施主の皆さんは、どのようにお考えでしょうか?次のようなサイトがあります。

 >>> 「和室」の有無で迷っています。|住まいの先輩に聞きました|

【和室を設けた皆さんのWeb内覧会】
トラコミュ
WEB内覧会<和室>


 投稿されている皆さんの意見では、和室を設けなかった人も多いですし、和室を設けた人の中でも必要なかったかなと思っている人が結構いるのには驚いてしまいますが、私は「和室を設けて良かったと思っている派」です。

 我が家には、リビングに隣接する形で6帖の和室・床の間・仏間・押入がありますが、和室を設けた理由は次のとおりです。

 ・将来、両親のいずれかと同居の可能性もあること
 ・長男なので実家の仏壇を引き継がなければならないこと
 ・リビングに通すほど親しくはないお客さん用に、応接間が欲しかったこと
 ・子供たちと遊ぶ空間としては、畳の間が最適だと思ったこと

 実際、生活してみて、

 【和室のメリット】

 ・ちょっと休憩したい時、ゴロンと横になれる。
 ・子供たちとトランプ等をして遊ぶスペースとして丁度いい。
 ・人数の多い来客があった時に、椅子の数を気にせず対応できる。
 ・畳が新しいうちは、イグサの香りで癒される。
 ・押入れの収納力が助かる。
 ・家庭訪問や保険の営業さん等の応対時に客間として活躍する。

 【和室のデメリット】

 ・床の間・仏間を含めると8帖近くの面積を要したので、その分リビングが狭くなってしまった。
 ・高温多湿に降灰の影響で締め切った上に室内干しなのでカビが生えてしまった。
 
 我が家の例で思いつくのは、これくらいでしょうか?


 【和室を設置する場合の注意点】
 
 よく失敗する事例としては、和室を独立した部屋にすると、使用頻度が落ちるという点が挙げられます。
 
 結局、納戸としてしか使わず必要なかったかなと後悔する人が多いようです。

 少なくともリビングに隣接する形で、できれば仕切りもオープンにできる間取りなら必要に応じて開放したり、閉じたりして活躍することと思いますし、明るさや風通しも確保できるでしょう。

 次回からは、梅雨時における畳のカビ対策について書いてみます。

【当サイト内関連記事】
高気密高断熱住宅のカビと一条工務店の今後
梅雨時には換気より除湿が大切

【先輩施主のWeb内覧会】
トラコミュ
WEB内覧会<和室>


今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず


 
関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

にほんブログ村で誰の記事を読むべきか。

にほんブログ村で誰の記事を読むべきか。 

 こんにちは、kokkoです。

 今日のタイトルは、「誰の記事を読むべきか」って随分、偉そうですいません。

 まぁ、なかなかパソコンに向かう時間のない私が、限られた時間の中、ネット上でどのような閲覧パターンをとっているのかをご紹介したいと思います。

 まずは、私のブログ村でのカテゴリ別登録の割り振りですが、

一戸建 注文住宅(施主)に90%
一戸建住宅(施主)に10%
 
 となっています。

 それでは、いつもの私の閲覧パターンです。

 まず、パソコンを開いて、自分のブログを確認した後、ウンベラータの画像を使ったオリジナルバナーをクリックして、一戸建 注文住宅(施主)へ進みます。

 
 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ 


 ここの注目記事ランキングを100位くらいまでタイトルチェックして気になる記事を読みます。

 このカテゴリには、家建てる?のぽなーんさんを始め地場の工務店で施工された施主の皆さんが沢山登録されていますが、ハウスメーカーの施主の皆さん方も登録されています。  

 積水ハウス IS ORDER J マイホーム建築の軌跡のターチさん、
 そらくんのBJホームがもうすぐ建つ ~セキスイハイムBJ建築日記~のそらさん、
 陽だまりのおうち☆三井ホームのハチさん 

 そして、一条工務店のneronaさんpopologさん等々

 各ハウスメーカーの施主の皆さんは、それぞれのハウスメーカー別のカテゴリに登録した上で、一戸建てカテゴリにも登録されている訳ですが、こうしてくれると、一戸建てカテゴリに登録している施主の皆さんからもチェックがしやすくて助かります。

 その後、住まいブログの注目記事ランキングを100位くらいまでタイトルをチェックして、気になる記事を読みます。

 当然、さすけさん の記事も読むことになります。

 で、ここからが本日の本題ですが、最後にチェックするkokkoおすすめのカテゴリがこちら

    → 住まいの豆知識

 こちらには、以前からお世話になっている草野さんの家づくりコンサルタントの雑記帳
 住宅建築を検討された方なら誰でも一度は訪問するWebサイト「住まいの水先案内人」の管理人、堀さんの住まいの水先案内人 ブログ が参加されています。

 このお二人に、一戸建住宅(施主)に参加されているビカビさん を加えたお三方 

 このお三方のブログは、我が家の建築中に毎日のように拝見しました。

 と言うのも、当時(もう4年以上も前のことになりますが、)このお三方のブログと私kokkoの旧ブログ ガンにも負けず高気密高断熱の家づくり日記は、同じ「一戸建住宅」のカテゴリに属していました。

 当時は、カテゴリに施主・業者という区分がありませんでしたので、施主のブログもこのような専門家のブログも同じカテゴリの中でランキングが決められていました。

 施主の皆さんは、先輩施主の皆さんの記事を参考にしつつ、有益な専門家の記事も一緒に読むことができた訳です。

 それが、今ではカテゴリが施主と業者に分けられ、施主もハウスメーカー別の細かいカテゴリまで設けられました。

 その結果、施主は自分のハウスメーカーのカテゴリだけに登録し、他のカテゴリへは見に行かないという人が増えたような気がします。

 そして、専門家の皆さんはどんなに有益な記事を書いても、注目記事の100位以内に入ることさえ困難な状況になり、ブログランキングも低迷し、埋もれてしまっています。

 例えば、先程、紹介した住まいの水先案内人のブログが住まいブログの中で第204位です(6月13日現在)。

 ちなみに、私の薄っぺらくてかつ更新頻度も低いブログがなんと住まいブログ第3位です。

 「こんなことでいいのか、ブログ村!?」

 と、文句を言う振りして、ちょっと自慢してみました。(失礼)

 実は、5月までの約3ヶ月間は人知れず、ひっそりと1位をキープしていたんですが、一条トラコミュの嵐にあえなく陥落です。
 まぁ、1位・2位がさすけさんとneronaさんじゃ、しかるべき結果ですが・・・・

 すいません、話が横道にそれました。
 
 本題に戻すと、せっかく同じブログ村に専門家の皆さんの有益な記事が沢山アップされているのに、それが施主の皆さんの目に届かないというのは惜しいことだと思うんですよ。

 それで、是非、住まいの豆知識 のカテゴリも見ていただきたいと思うんです。

 実は、以前、私のブログを豆知識のカテゴリに登録されてはどうかというアドバイスをいただいたことがあります。

 その時は、訪問者数の少ないカテゴリに登録してもあまり意味ないなと思い、見送りましたが、今回、紹介させていただいた機会に、当ブログの登録割合の一部を豆知識カテゴリに割り振ろうと考えています。

 ということですので、住まいの豆知識カテゴリの先輩ブロガーの皆さん、当ブログが登場した時には、暖かく迎えていただくようお願いします。

 また、記事の内容も、建築に関しては素人の私ですが、「豆知識」の名前に恥じないようなものを沢山、書いていきたいと思います(恥ずかしい記事も堂々と書きますが・・・)。

 そして、読者の皆様には、引き続き当ブログをご愛顧の程、よろしくお願いします。

 追伸:ビカビさんを始めとする一戸建住宅(施主)カテゴリの皆さんへ

 これまで当ブログを登録しながらカテゴリへのリンクを貼っていませんでした。
 今回からリンクを新たに表示しましたので、ポチッとよろしくお願いします。

[お知らせ]

  さすけさんが作成されたトラコミュWeb内覧会*一条工務店は、こちら
                       ↓    ↓    ↓    ↓
 
 
 一条工務店以外のHMの施主の皆さんも、【Web内覧会】トラコミュを作成してみませんか?

  詳しくはこちら → 一条工務店トラコミュとハウスメーカー別Web内覧会トラコミュ

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず


 
関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

ブログが壊れてしまいました。

[お知らせ]

  さすけさんが作成されたトラコミュWeb内覧会*一条工務店は、こちら
                       ↓    ↓    ↓    ↓
 
 
 一条工務店以外のHMの施主の皆さんも、【Web内覧会】トラコミュを作成してみませんか?

  詳しくはこちら → 一条工務店トラコミュとハウスメーカー別Web内覧会トラコミュ

ブログが壊れてしまいました。

 皆さん、こんにちは。kokkoです。
 お世話になっている読者の皆様へお知らせとお願いです。

 これまで使っていたブログの表示がおかしくなってしまいました。

 右フレームだけが表示され、その下に左フレームと記事のフレームが表示されてしまいます。

 なので、普通に表示しただけでは、記事が全く表示されないように見えます。

 フレーム幅より幅の広い画像か何かを張り付けたんだろうと思い、最近、貼り付けたものを削除してもダメ!

 保存していた修正前のテンプレートのHTML文書を使ってもダメ!

 ということで、暫定ですが、このテンプレートを使うことにしました。

 FC2ブログは、誰でもテンプレートを作成して共用テンプレートとして申請・登録できます。

 なので選択できるテンプレートが数千種にも及ぶという点で魅力はあります。

 一方、デザインした人によって考え方が違うので、テンプレートを変更すると、想像しなかった不具合も出てきます。

 今回の例で言うと、カテゴリのURLが変ってしまいました。

 以前使っていたテンプレートでは、表示されている表示順にURLが決まっていました。

 今回のテンプレートは、作成した順番にURLが決まるようです。
 この方が一般的です。

 以前のテンプレートの方式では、表示順を変えると、リンクを貼ってくださっていた方のリンク先が別のカテゴリになるという欠点がありました。

 これが改善されるのはいいんですが、それでも今回のテンプレート変更でリンク先が異なることとなってしまいます。

 それで、当ブログの(記事ではなくて)カテゴリへリンクを貼ってくださっている方は、リンク先が別のカテゴリになっていると思います。

 お手数ですが、もし可能であれば、リンク先を確認の上、修正いただれば助かります。

 以上、お知らせとお願いでした。

 今後とも当ブログをよろしくお願いします。
 
これからも頑張れ!と応援してくださる方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず


 
関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

一条工務店トラコミュとハウスメーカー別Web内覧会トラコミュ

一条工務店トラコミュとハウスメーカー別Web内覧会トラコミュ



 ブログ村では、さすけさんの作成されたトラコミュWeb内覧会*一条工務店が話題になっています。

 当サイトでも、【Web内覧会】トラコミュのリンク集に一条工務店のWeb内覧会をアップしました。

 ブログ村で一大勢力を誇る一条工務店施主の皆さんですから、トラックバック数もあっという間に相当数に及んでいます。

 ところで、他のハウスメーカーで、こんなトラコミュがあるかと言えば、まだないんですね。
 
 そこで、kokkoからの提案です。

 一条工務店以外のHM施主の皆さん、ご自分のHMでのWeb内覧会トラコミュを作成してみませんか?
 作成されれば当サイトのリンク集のページにもアップさせていただきます。

 トラコミュの作成方法は本当に簡単です。

 例えば、ブログ村のWeb内覧会<総合>トラコミュのページを開いて

トラコミュ作成

 →のところから、作成のページへ進んで必要事項を入力するだけです。
 イメージ画像はなくても可です。

 これが、面倒ということであれば、ご依頼いただければ私の方で作成も可能かと思います。
 ただし、実際にトラックバックしてくださるのが条件となります。

 トラコミュを作成してもトラックバック記事がゼロでは意味ありませんので、、、

 同じHM施主の皆さんの交流の場としても利用できますし、新築検討中の皆さんにとっては貴重な情報源になると思います。

【参考記事:トラックバックの方法】

 【Web内覧会】をされる方に、これだけはお願いしたい事 

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず


関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

住宅ローンに関する愚かな疑問「固定金利と変動金利、どちらがお得?」

 皆さん、こんにちは。

 6月の住宅ローン固定金利は、長期金利のアップに伴い上昇となりました。
 それにしても、債券市場に振り回される今の金利設定システムはどうにかならないものかと思うkokkoです。

 さて、今回は、「住宅ローンの固定金利か、変動金利か」の問題について、現時点での私なりのまとめ記事にしたいと思います。

 住宅ローンの金利を選択する際に、こう考える人がいます。

 「固定金利と変動金利、どちらがお得なんだろう?」

 でも、これって変な疑問だと思いませんか?

 固定金利は、借入の時点で総返済額が計算できる金利タイプ
 一方、変動金利は総返済額が幾らになるか誰にも予測できない金利タイプ

 それを比較しようというのですから無理があります。

 言うなれば、

 「国債と株式、どちらを買った方がお得ですか?」という疑問と似たようなものです。

 満期まで持てば利回りが確定している国債と、元本も保証されないけれど株価が上がれば儲けが大きい株式

 それを比較してどちらがお得ですかと聞かれても、国債と株式、両方の性質を説明して、どちらがその人の目的に合っているのか判断してもらうしかありません。

 住宅ローンの固定と変動もそれと同じで、どちらがお得かではなく、どちらが借入者に合っているかを判断すべき問題です。

 固定金利と変動金利のどちらが自分に合っているのか?

 それを判断するための大まかな流れをフローにしてみました。

固定金利・変動金利フロー

 現在、賃貸住宅にお住まいの方を例に簡単に説明してみます。

 月単位の金額の方がイメージしやすいでしょうが、収入・支出とも月によって差があると思いますので、まずは年間の額を出して月平均を出してみましょう。

 ① 将来の生活費を試算

  まず、現在の生活費を元に、将来の家計のシミュレーションをしてみます。

  そのためには、キュッシュフロー表の作成がおすすめです。

  子供たちの入学や自動車の買い替えなど家族の人生における大きなイベントを踏まえながら、ライフプランニングをしていきます。

  キュッシュフロー表については、お世話になっているneronaさんや草野さんが記事にされています。

  >>> 私が試した住宅ローンと家計シミュレーション / 書庫のある家@i-cube
  >>> 住宅金融支援機構がライフプランニングの普及促進 / 家づくりコンサルタントの雑記帳
 
  キャッシュフロー表のスタイルについては、お二人が取り上げていらっしゃる住宅支援機構の資金計画シミュレーションのように情報を入力して自動作成されるタイプやexcelソフトなどを利用して自分で作成していくタイプがあります。

  今回のように、ローンの返済額が決まっていない場合は、excelタイプで作成していく方が計算しやすいと思います。

  excelタイプは、次のサイトで数種類紹介されています。
   >>> キャッシュフロー表,ダウンロード:ライフプランの考え方・手法 
 
  その中では、「使えるキャッシュフロー表」が、その名の通り一番「使える」のかなと思いました。
  (ただし、ダウンロードに起因するトラブルまでは責任を負いかねますので、自己責任でお願いします。)

  キャッシュフロー表ができれば、②の毎月返済可能額の計算も簡単です。
  と、ここまで書いても、実際にキュッシュフロー表の作成を試みる方は、ごく少数だと思います。
 
  それで、今回はキャッシュフロー表を使わずに、①と②を一気にやってしまう方法を紹介します。

  キャッシュフロー表の作成については、また、別の機会に記事にしたいと思います。

 ② 毎月の返済可能額を試算

  キャッシュフロー表を作成すれば、年間の返済可能額は、

  年収(手取り) - ローン返済以外の支出額 - 年間貯蓄額

  となりますが、キャッシュフロー表を作成していない場合には、現在の家賃・貯蓄額をもとに計算します。

  まず、現在の家賃+貯蓄額の年間合計額を計算します。

  例えば、現在の家賃が月8万円、貯蓄額が年間100万円なら、

   8万円×12+100万円=196万円A

  住居費以外の生活費が現在と変わらないと仮定すると、

  A-ローン返済以外の住居費-年間貯蓄額が返済可能額です。

  ローン返済以外の住居費とは、固定資産税・都市計画税、メンテナンス・リフォーム費用、火災保険料などがこれに当たります。

  1戸建ての場合で年間20万円、マンションの場合で50~60万円と言ったところでしょうか。
  
  貯蓄にも年間50~60万円は、回したいところです。

  1戸建ての場合で計算すると、
 
  A196万円-住居費20万円-貯蓄50万円 = 126万円

  ただし、これは生活費が現在と同額という前提です。

  子供さんのいる家庭では、養育費が嵩んでくるでしょうし、高齢の親御さんがいれば介護費用も必要になるかもしれません。

  その増加分を月2万円とすれば、126万円-2万円×12月=102万円

  これを12月で割ると、102万円÷12=8万5千円  

  月8万5千円しか返済に充てられないという計算結果になりました。

  年間100万円しか貯蓄できない家庭では、これが限度額ということになります。
 
 ③ 変動金利の月返済額をシミュレーション

  変動金利による月返済額のシミュレーションは、住宅金融支援機構の返済プラン比較シミュレーションで行います。

  変動金利のシミュレーションは、5年間、1.25倍ルールを正確にシミュレーションできるソフトでなければ意味がありません。
  その点で、支援機構のソフトは信頼できます。

  シミュレーションのやり方はこちらの記事を参考にして下さい。

   >>> 金利は上昇!もしも2年後に変動金利が3%になったら・・のシミュレーション

  ちなみに、この記事の中でのシミュレーション結果を紹介すると、

  借入金額 2,500万円 35年間元利均等返済のとき

 【プラン3】
  変動金利 当初2年間 1.0% 3年目~35年 3.0%
  保証料なし

  で、毎月返済額は、当初5年間が70,571 円、6年目~10年目が88,213 円、11年目以降が101,733 円でした。

 ④ ②と③を比較して、金利上昇に対応可能か判定する。

  判定の結果、金利上昇に対応不可能であれば、固定金利を選択せざるえ終えないこととなります。

  ②で計算した85,000円と比較すると、先ほどのシミュレーション結果は、6年目~10年目がギリギリ、11年目以降は貯蓄を取り崩していく状況となります。

 ⑤ リスクに対する考え方で選択する。 

  金利上昇への対応が可能と判定した場合でも、各自のリスクに対する考え方で選択が分かれてきます。

  金利の変動に気を遣うのが嫌だと考えれば、全期間固定か一定期間(10年)固定タイプを選択することになります。
  固定と変動のミックスタイプならリスクヘッジも取れて選択の範囲に入ってくると思います。   
  
  リスクは覚悟の上で、総返済額を抑えたいとか、浮いたお金を他へ運用したいと考えるなら、変動金利または、一定期間(2~3年)固定タイプを選択ということになるでしょう。
 
 こんな風にまとめてみましたが、あなたはどのタイプになるでしょうか?

 十分、検討した上で最善の結論を出されることをお祈りします。

 なお、②の返済可能額の計算は、深田 晶恵さんの著書「住宅ローンはこうして借りなさい 改訂4版」を参考にさせていただいています。
 
 
  


  住宅ローントラコミュには、施主の皆さんの体験談や専門知識をお持ちの皆さんの記事が登録されていますので、こちらも参考にされてください。



【当サイト内関連記事】
2013年6月の【フラット35】金利が決定、予想は的中
固定金利をすすめるFPと変動金利をすすめるFP
金利は上昇!もしも2年後に変動金利が3%になったら・・のシミュレーション
意外と小さい変動金利のメリット
長期金利が急上昇、住宅ローン金利への影響は?
「住宅ローンはこうして借りなさい 改訂4版 深田 晶恵著」のレビュー

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず

関連記事
THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |
プロフィール
kokko
2008年にヤマサハウス絆の家が完成
2011年太陽光発電設置
宅建主任者試験合格、ファイナンシャルプランナー資格者
ただし、実務経験ゼロ
建築はど素人の中年男性です。
よろしく!
ブログランキングに参加しています。 ブログ村には参考になる施主ブログが一杯
Just For You


ワンダーコア使ってます。
レビュー記事はこちら
プロテインと腹筋マシーン、ワンダーコアで5kgダイエットに成功


【送料無料】コストダウンの方法がわかる!後悔しない上質な家づくり [ 中村康造 ]



【リビングにおすすめのグリーン】
ウンベラータ


アルテシーマ


シーグレープ


エバーフレッシュ

  【紹介記事】
 >>>リビングにおすすめの観葉植物

おすすめのお店
 >>>e-RANさんHP
 


検索フォーム
サイト内検索はこちら
アクセス数

債務整理のお悩み相談

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。