スポンサードリンク
 







カスタム検索
カテゴリ
この記事にリンクを貼る

このブログはリンク・引用(記事の一部に限る)とも自由です。
ただし、引用する際には、オリジナル記事へリンクを貼ってください。
記事へのリンク・引用をする際には、次のタグをコピペされると便利です。
各記事のタグを表示するには、記事タイトルをクリックして記事表示に切り替えてください。

Designed by Shibata


このブログのリンク用タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

 

 2012年、リビングにおすすめのエアコン

 皆さん、こんにちは
 しばらく記事の更新頻度がゆっくりでしたが、今週からはもう少し頑張っていきたいと思います。
 それでも通勤がハードなので無理のない範囲でですが、
 これからも、応援よろしくお願いします。

ダイキン ラウンド気流

 さて、エアコン関連の記事、 2012年エアコンの選び方、省エネ性能の見方では、エアコンの省エネ性能を中心にラベルに表示してある数値の見方を説明しました。

 今回は、リビングにお勧めの機種は?
 ということで書いてみたいと思います。

 と言っても、私は家電製品について特に詳しい訳ではありません。
 そこで、カタログから拾った数値などの比較を紹介してみます。
 正確を期してはいますが,誤りがあるかもしれません。そこはご容赦ください。
 できれば優しくご指摘いただけるとありがたいなと思います。

 まずは、どの程度の能力の機種を選べばよいのか?
 その入り口さえ解らないという方が多いと思います。

 そんな方には、このサイト

  → NEW!能力計算冷暖房対応版@エアコントラブル相談室

 このサイトで、高断熱仕様の2階建て住宅
 1階の南向き18帖リビング(LDK)で計算してみると、
 冷房で3.6kw、暖房で4.4kw以上という値になります。

 ということで、今回は、冷房能力4.0kw、暖房能力5.0kwのルームエアコンについて、主要メーカーの最上位機種について比較をしてみました。
 100V用と200V用がある場合は、200V用を採用しています。
 施主支給の場合は、コンセントをお間違いのないようにお願いします。

 1 省エネ性

省エネ性
 
 年間に要する電気料金で見てみると、日立しろくまくんがトップ
 でも、どのメーカーでも大差はありませんね。

 最下位のシャープにしても、

 「能力可変範囲(=冷房能力・暖房能力の( )書きになっている数値)が狭いために省エネの数値的には厳しい評価となっていますが、パワーで一気に冷暖房しますから、決して他社に劣ることはありません。」
   byシャープの営業マン

 というこで、冷房にしか使わないという家庭にとっては、どこのメーカーを選んでも大差なしと言っていいと思います。

 しかし、暖房や加湿などの機能を見ていくと各社の特徴が出てくるようです。 

 2 暖房能力

暖房能力

 平常時の暖房能力は、どの機種でも5.0kw
 しかし、重要視したいのは外気温が下がった時の低温時暖房能力

 低温時暖房能力は、外気温2℃/室温20℃時の能力を表していますので、暖房をエアコン主でお考えの方にとっては重要な数値です。
 低温時暖房能力で比較すると、富士通ノクリアがトップ

 また、これまでのエアコンは、氷点下が近くなると室外機の霜取りをするために暖房運転が中断されていたんですが、最近の上位機種には、霜取り時でも暖房運転をストップしないという機能が付いたものが出てきています。

 パナソニックとシャープの機種にこのノンストップ運転機能がついています。

 日立は暖房専用機にのみこの機能があり、三菱は運転が中断される前に室温を高めにして影響が小さくなるよう工夫されています。
 ダイキンには、朝の運転開始前に霜取りを行う翌朝暖房という機能がついています。

 昼間でも氷点下近くまで外気温が下がる地方では重視したい機能です。
 ただ、それだけ寒いとエアコンが主暖房では暖房不足になる可能性大ですが、、、

 3 空気清浄機能

空気清浄機能

 最近のエアコンは、イオンやミストを利用した空気清浄機能の付加が当たり前になってきました。

 この領域では、何と言ってもシャープのプラズマクラスターが高い評価を得ています。
 
 ダイキンの高速ストリーマ、パナソニックのナノイー、東芝のピコイオンなどがこれに続くといったところでしょうか?(個人的なイメージです。)

 それと共に重視したいのが、室内機内部のカビの発生などを抑える内部クリーン機能

 シャープ、ダイキン、パナソニックは空気清浄機能を内部クリーンにも使用する方式

 日立は、主部材にステンレスを使用することで除菌効果を得ています。

 室内機内部にカビが生えると、業者へ依頼するクリーニングの回数や費用も増加します。
 それにも増して家族の健康への影響が気になりますから、これも重視したい機能です。

 4 自動お掃除機能とメンテナンス

自動掃除機脳

 今回、紹介する機種は全てフィルターの自動掃除機能がついています。
 
 毎月、こまめにフィルター掃除ができればいいですが、なかなかそれは面倒
 冷暖房効率を維持し、電気代の節約のためには、付いていると助かる機能です。

 しかし、その結果、出た埃の処理に関しては、各社で差があります。

 パナソニックとシャープは、専用の管があって自動で排出しますので、お手入れ不要 

 その他の機種は、ダストボックスに埃がたまりますが、このお手入れの頻度は表のように説明されています。

 お手入れ不要や10年に1回という機種が多いですが、その間でも業者へのクリーニング依頼は必要です。

 個人的には、1回もフィルターのチェックをしないまま2年も3年も過ごすというのは怖いなと言う気がします。
 1年に1回くらいは、ちゃんとフィルターが掃除されているか、ダストボックスの状況はどうか?
 チェックした方がいいだろうと思います。

 5 その他の機能
  
 その他、考慮したい機能では、気流関係があります。
 三菱のムーブアイのように人の居所を感知して風を送るタイプ
 逆に、直接、風が当たらないように包み込むように送風するタイプと各社、工夫を凝らしています。 
 シャープやダイキンでは暖房時と冷房時のフィンの開く方向が逆という工夫もなされています。
 記事のトップにあるのは、ダイキンの暖房運転時の様子です。

 このようにして見てくると、決定的にこの機種がおすすめといえるものはなく、購入する側がどの機能を重視するかで選択が変わってくると言えそうです。
 総合的にはパナやシャープかな?と個人的には思いますが、もう一つ、この機種だけは施主の皆さんの注目度が違うなぁというのが、ダイキンの「うるるとさらら」です。

 無給水加湿・パワフル給気換気という他社にない機能を有するという点では突出しています。
 
 気密性の向上した最近の住宅では、冬場の乾燥は大きな課題ですが、これに貢献するであろう無給水加湿
 3種換気の給気口から入る冷気対策にもなりそうなパワフル給気換気

 この2つの機能は大きな魅力ですが、実際に使用している方からは意外と残念ポイントが挙げられているのも事実です。
 
 加湿能力が不足する。
 加湿の電気代が高い。
 換気運転すると音がうるさい。
 室外機が大きい。
 価格が高い。   等々

 先行配管の場合は、配管が太くて設置に苦労した(設置できなかった)という話もあります。

 加湿能力は1時間当たり700mlですから、これがフルに発揮されれば一般の加湿器に見劣りしませんが、外気の状況に左右されるという面はあります。
 電気代は、消費電力が2.0kwhですから、これに使用時間と1時間当たりの電気代単価を掛けるとかなり高額になりますので、加湿はハイブリッド加湿器にお任せした方が得策というのもうなづけます。

 そんな評判を加味しても魅力的な機種ではありますので、予算との兼ね合い次第というところでしょう。

 以上、各メーカーの最上位機種についてみてきました。

 ただ、予算面を考えると、最上位機種はリビング用くらいに限定して、他の部屋に設置するものは節約したいという方も多いでしょう。
 最上位機種のイメージで選定すると、「下位の機種には希望の機能が付いていなかった。」ということはざらですから、きちんとチェックする必要がります。

 次回のエアコン関連の記事では、我が家の2.2kw、寝室用を選定した際の経緯を説明します。

【参考サイト】

エアコン施主支給の注意点(先行スリーブのすすめ)

2012年エアコンの選び方、省エネ性能の見方

楽天市場のエアコン売れ筋ランキング

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へ
 積水ハウス → にほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ
 その他   → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず





関連記事
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 

THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
kokko
2008年にヤマサハウス絆の家が完成
2011年太陽光発電設置
宅建主任者試験合格、ファイナンシャルプランナー資格者
ただし、実務経験ゼロ
建築はど素人の中年男性です。
よろしく!
ブログランキングに参加しています。 ブログ村には参考になる施主ブログが一杯
Just For You


ワンダーコア使ってます。
レビュー記事はこちら
プロテインと腹筋マシーン、ワンダーコアで5kgダイエットに成功


【送料無料】コストダウンの方法がわかる!後悔しない上質な家づくり [ 中村康造 ]



【リビングにおすすめのグリーン】
ウンベラータ


アルテシーマ


シーグレープ


エバーフレッシュ

  【紹介記事】
 >>>リビングにおすすめの観葉植物

おすすめのお店
 >>>e-RANさんHP
 


検索フォーム
サイト内検索はこちら
アクセス数

債務整理のお悩み相談

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。