スポンサードリンク
 







カスタム検索
カテゴリ
この記事にリンクを貼る

このブログはリンク・引用(記事の一部に限る)とも自由です。
ただし、引用する際には、オリジナル記事へリンクを貼ってください。
記事へのリンク・引用をする際には、次のタグをコピペされると便利です。
各記事のタグを表示するには、記事タイトルをクリックして記事表示に切り替えてください。

Designed by Shibata


このブログのリンク用タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

 

「夢発電」と「DMMソーラー」,太陽光発電のローン金利を軽減させる方法

 前回の記事で→ 住宅ローンを増額して太陽光発電を設置するシミュレーションをしてみました。

 その結果、経済効果だけを考えれば太陽光発電は設置せず、ローンの借入額を減らす方が有利という結論になりました。

 しかし、それでも私は太陽光発電の設置をおすすめします。

 今回は、その理由と太陽光発電のローン金利を軽減させる方法を考えてみたいと思います。

 まずは、おすすめする理由

 その1番目は、太陽光発電を設置した皆さんの満足度が大変高いということです。

 私も、我が家にシステムを設置する前に、ご近所さんや職場の先輩など、設置された皆さんの楽しげな自慢話(?)を嫌というほど聞かされました。
 それで、いつか効率のいいシステムが売り出されれば自分も設置しようと考え始めた訳です。

 で、設置した結果
 毎日、モニターで発電結果を見たり、電力会社から送られる売電の報告書を見るのも楽しみです。
 経済効果にも今のところ満足していますから設置して良かったと思っています。

 第2の理由は、福島原発事故を契機とする再生可能エネルギー推進に対する機運の高まりです。

 3.11以前は、住宅の太陽光発電は経済効果は薄く、自然環境へ貢献しているという自己満足を得たい人が設置するものという考えもあるくらいでした。
 しかし、あの事故が人々の再生可能エネルギーに対する意識を根底から覆してしまいました。

 省エネに貢献するとともに、脱原発に向けては再生可能エネルギーの推進が重要だと認識した人は多いでしょう。
 資金や日当たりなどの条件がクリアできて自宅の屋根に太陽光発電を設置可能な人のほとんどがこれを設置すれば、それだけで大きな省エネ効果があることは間違いないでしょう。

 第3の理由は、太陽光発電促進付加金の存在です。

 平成24年度からは、再生可能エネルギー発電促進賦課金が導入され、今後はこちらへ移行していきますが、平成24年度現在では、太陽光発電促進付加金と再生可能エネルギー発電促進賦課金の両方を使用者が負担する形となっています。
 メガソーラーの設置計画の勢いを見ると、年々その負担は増加していくものと思います。

 自宅に太陽光発電を設置しているご家庭は、この負担もそう気になりませんが設置されていない家庭では、まるでペナルティーのように負担だけが増加していきます。
 金額的にはたいしたことはありませんが、設置していない家庭にとっては腑に落ちない面があるのはないでしょうか?

 私が太陽光発電の設置をおすすめする理由はそんなところですが、そのために住宅ローンを増額してしまっては金利負担が大きくて大変です。

 これを軽くする方法はないでしょうか?

 まずは、対策その1「夢発電システム」 の採用

 「夢発電」は、言わずと知れた一条工務店さんの太陽光発電システムです。

 初期費用ゼロで設置し、10年固定金利1%の融資を組み、売電収入から返済するというシステム
 施主にとっては初期費用も要せず、金利がわずか1%という有利なものです。

 このシステムがどれだけ有利なシステムか検証してみましょう。

 前回のシミュレーションでは、フラット35の金利2%固定のとき、200万円の借り入れの増で、総返済額が296万円増えるというシミュレーション結果でした。

 一条工務店で建築される方はフラット35Sが利用できます。
 平成24年10月末までに申し込みすれば、フラット35Sエコが利用できますので、このプランの最近で金利でシミュレーションしてみましょう。

 基準の金利が1.89%、当初5年間が▲0.7%、6年目~20年目が▲0.3%の元利金等で、3000万円借り入れた場合と3200万借り入れて太陽光発電を設置した場合の比較です。

フラット35sエコ比較

 200万円の借り入れの増で、総返済額が263万円増えました。
 やはり、太陽光発電の費用を住宅ローンに組み込むと金利負担が大きくなることが分かります。

 一方、「夢発電」を利用した場合はどうでしょう?

 200万円のリフォームローン借り入れと同じという前提で計算してみました。
 (保証料は無視、手数料2%で計算)

 その結果の総返済額はわずか、2,142,438 円

 住宅ローンと比較すると約50万円の節約となりました。

 「夢発電システム」は、もちろん一条工務店オリジナルのシステムですから、一条工務店以外で住宅を建築する方は利用できません。

 一条オーナー以外の施主の皆さんへは、次回のまとめ記事でこれに代わる対策をお知らせします。

  対策その2「DMMソーラー」の採用

 DMM社が提供するシステムで初期費用わずか8万円で太陽光発電システムを自宅に設置できます。

 → DMM.comソーラーパネル 発電量シェアプラン

 システムの概要は、こちらの解説が解りやすいです。

  → DMMソーラーの発電量のシェア比率を2対8に変更 | 太陽生活ドットコム

 このシステムの難点は、10年間は発電量の8割をDMM社へ持っていかれるということで、やはり設置者にとっては売電による喜びが半減というところでしょう。
 
 また、DMM社の審査が厳しく、好条件の立地・屋根形状でないと審査をパスできないということです。

 この審査にパスするくらいなら銀行のリフォームローンを借りても十分やっていけると思うんですが、どうしても借金はイヤだという方にはおすすめです。

 さて、次回の記事で住宅ローン控除までを含めた検討のまとめを書いてみたいと思います。

 我が家の発電シミュレーションをやってみたい方はこちら

  → 楽天ソーラー: 太陽光発電の発電シミュレーション

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず









関連記事
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 

THEME:太陽光発電 | GENRE:ライフ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
kokko
2008年にヤマサハウス絆の家が完成
2011年太陽光発電設置
宅建主任者試験合格、ファイナンシャルプランナー資格者
ただし、実務経験ゼロ
建築はど素人の中年男性です。
よろしく!
ブログランキングに参加しています。 ブログ村には参考になる施主ブログが一杯
Just For You


ワンダーコア使ってます。
レビュー記事はこちら
プロテインと腹筋マシーン、ワンダーコアで5kgダイエットに成功


【送料無料】コストダウンの方法がわかる!後悔しない上質な家づくり [ 中村康造 ]



【リビングにおすすめのグリーン】
ウンベラータ


アルテシーマ


シーグレープ


エバーフレッシュ

  【紹介記事】
 >>>リビングにおすすめの観葉植物

おすすめのお店
 >>>e-RANさんHP
 


検索フォーム
サイト内検索はこちら
アクセス数

債務整理のお悩み相談

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。