スポンサードリンク
 







カスタム検索
カテゴリ
この記事にリンクを貼る

このブログはリンク・引用(記事の一部に限る)とも自由です。
ただし、引用する際には、オリジナル記事へリンクを貼ってください。
記事へのリンク・引用をする際には、次のタグをコピペされると便利です。
各記事のタグを表示するには、記事タイトルをクリックして記事表示に切り替えてください。

Designed by Shibata


このブログのリンク用タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

 

「ソーラーパネルは見えた時だけ課税します。」ってそんなぁ~

 もう、皆さん御存知のとおり、新築時に屋根一体型のソーラーパネルを設置すると固定資産税の課税対象になります。
 屋根仕上げの上に架台でパネルを設置したものは対象外ですが、、

 
一条工務店 夢発電
       画像は一条工務店の夢発電システム


 それも、1㎡あたり約150円の評価額となりますから、結構、固定資産税の額に響いてきます。

 これを、もし、市の家屋調査員が見落としてくれたらラッキー???
 かもしれません。

 最近は、家づくりブログを書かれる方も多くて、屋根一体型のソーラーパネルなのに評点されていなかったなんていう記事を目にすることがあります。

 でも、それは調査員のミスなんだと思います。

 だって、市町村は国が定めた固定資産評価基準によって固定資産の価格を決定することが地方税法で義務づけられています。

 固定資産税は市町村の税金だから基準は国が作っても、取扱いは市町村によって異なるんだという方もいらっしゃいます。

 実際、異なる点はあると思いますが、それは国の解説などにも明記されていない部分
 つまり、解釈の分かれる部分であって、解説に明記されていることを評点しないというのは、よほど納税者全般の納得がいく理由がない限り無理だと思うんです。
 
 仮に、家屋の評価額に誤りがあると市町村が訴えられた時、市町村の唯一の後ろ盾はこの固定資産評価基準です。
 
 「国の基準のとおり評価していますから・・・」
 これが市町村の逃げ道です。
 
 国の基準はありますが、我が市では独自の判断で評価していますと言ってしまえば、自らその逃げ道を断ってしまうことになります。

 ですから、その固定資産評価基準に明確に示されている建材一体型ソーラーパネルを市の判断として評点しないというケースは、あったとしても極めて稀なことだと思うんですね。

 そんな意識で見ていたもんですから、つい、我が家のソーラーパネルは評価されていないという記事に対して、余計なコメントを書いちゃったんです。

 「調査員のミスですね。」って。 

 それは、書かれた方としては気分悪いですよね。

 もし、その方がこの記事をごらんになっていれば、改めてお詫びします。
 その節は、ご不快な思いをさせてしまって申し訳ありませんでした。

 さて、そのブロガーさんによれば、その方がお住まいの市では多分、ソーラーパネルは課税の対象になっていないとのことでした。

 どうしても気になる私は、その市役所の税務課に電話で聞いてみました。

 その時の職員の方と私のやりとりです。

 私  「屋根一体型のソーラーパネルは評価の対象ですか?」
 職員 「屋根一体型であれば評価の対象になります。」
 私  「実際、評価額に計算されている事例もあるんですか?」
 職員 「確認できたものは、すべて評価額に含められているはずです。」
 私  「確認は、やはり立面図とかで確認されるんですか?」
 職員 「いえ、図面は使いません。目視ですね。」
 私  「えっ!、目視と言うことは見えた時だけ課税対象ということですか?」
 職員 「ん~、まぁ、そういうことになります。」
 私  「そうなんですねぇ。じゃあ、床暖房はどうですか?」
 職員 「床暖房は目視できませんから評価漏れになってしまう可能性があります。
    それでは不公平なので、当市ではすべて評価の対象としないことにしています。」

 こんな感じでした。
 市の職員の方も、はきはき答えた訳じゃありませんよ。
 それはもう、ばつが悪そうに説明されました。
 今年、5月の話ですから、今は改善されているかもしれませんが、、

 床暖房に関しては、公平性の観点から言えば納税者の理解も何とか得られる範囲かもしれません。

 しかし、ソーラーパネルについて、「見えた時だけ課税」って、そんなぁ~って思っちゃいますよね。

 見落としで評価から外された施主はラッキーでしょうが、しっかり課税された施主から見ると不公平この上ないですよね。

 それにしても、その見落とした職員は、屋根仕上げを何で評点したんでしょうね。

 ガルバリウム鋼板でしょうか?コロニアルでしょうか?それは目視できたんですかね?
 できる訳ないですよね。屋根の全部あるいはほとんどがソーラーパネルなんですから。

 太陽光発電システムが設置されていれば、モニターやパワコンはイヤでも目に付くでしょうから、屋根一体型なのかどうか聞き取りで確認するのが職務だと思うんですが・・・
 
 他の納税者から見れば、職員の職務怠慢で貴重な市の財源を失っていると指摘されても仕方ありません。

 まぁ、そこまで厳しく言わなくても、

 やっぱり、「見えた時だけ課税します。」はあんまりだと思う方はクリックをお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

【関連記事】

太陽光発電パネルに課税される固定資産税の計算方法
太陽光発電パネルの固定資産税アップ額はいくら?150円/㎡です。
平成24年固定資産評価基準(家屋)の説明
太陽光発電の売電収入を確定申告する計算方法
「 一条工務店の固定資産税はかなり高い上に驚愕の事実が発覚」

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず



関連記事
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
kokko
2008年にヤマサハウス絆の家が完成
2011年太陽光発電設置
宅建主任者試験合格、ファイナンシャルプランナー資格者
ただし、実務経験ゼロ
建築はど素人の中年男性です。
よろしく!
ブログランキングに参加しています。 ブログ村には参考になる施主ブログが一杯
Just For You


ワンダーコア使ってます。
レビュー記事はこちら
プロテインと腹筋マシーン、ワンダーコアで5kgダイエットに成功


【送料無料】コストダウンの方法がわかる!後悔しない上質な家づくり [ 中村康造 ]



【リビングにおすすめのグリーン】
ウンベラータ


アルテシーマ


シーグレープ


エバーフレッシュ

  【紹介記事】
 >>>リビングにおすすめの観葉植物

おすすめのお店
 >>>e-RANさんHP
 


検索フォーム
サイト内検索はこちら
アクセス数

債務整理のお悩み相談

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。