スポンサードリンク
 







カスタム検索
カテゴリ
この記事にリンクを貼る

このブログはリンク・引用(記事の一部に限る)とも自由です。
ただし、引用する際には、オリジナル記事へリンクを貼ってください。
記事へのリンク・引用をする際には、次のタグをコピペされると便利です。
各記事のタグを表示するには、記事タイトルをクリックして記事表示に切り替えてください。

Designed by Shibata


このブログのリンク用タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

 

緊急告知!24時間換気の花粉フィルターは水洗いしないで下さい。

 24時間換気の給気口にジェイベック社のパスカルを使用されている皆さんへ、緊急にお知らせします。

 と言っても、私がこの事実を知ったのは3ヶ月以上前なんですが、、、

 最近、ヤマサハウスで1年点検を終えたばかりの友人にこの話をしたところ、結構、衝撃を受けていたようなので、記事にして皆さんへもお知らせしようと思います。

 我が家では給気口のフィルターに花粉用のものを使っています。 
 鹿児島では桜島の降灰がありますが、花粉用のフィルターならこれもシャットアウトできます。

パッコン

 そのメンテナンス方法ですが、引き渡し時に説明を受けたとおり、時々、水洗いをしてきました。

 そして、4年が経過

 フィルターが縮んで、周りに空間ができるようになってしまいました。

 そろそろ買い換え時期かと思い、ジェイベック社の通販のページを見ると

 標準タイプなら6枚セットが2,992円(消費税込み/配送料別途)ですが、花粉用は7,182円(同)となっています。
 それまで、我が家が使用しているのは標準タイプだとばかり思っていたんですが、ヤマサハウスのアフターさんに確認したところ花粉用だと分かりました。

 そして、その際に知った衝撃の事実!
 それは、花粉用のフィルターは水洗いできないということ

 ヤマサのアフターさんによれば、メーカー側の説明が最近、変わったようだとのこと

 【参考サイト】>>>メンテナンスマニュアル@ジェイベック株式会社

 メーカーの説明によると

 ・給気口花粉フィルターの清掃
  給気口花粉フィルターの汚れは、掃除機等で吸い取ります。
  汚れのひどい時は水洗いせず、新しいフィルターと交換してください。
  花粉フィルターは水洗いができませんので、必ず新しいものにお取り替えください。

 となっています。
 でも、7,000円オーバーは痛いなぁと思って、買い控えしていました。

 それが、今回、どうしても買わなければならない事態となりました。

 その事態というのは、こちら
   ↓   ↓   ↓
標準フィルター

 なぜか、キッチンの給気口のみ標準タイプが設置されていたんですが、これは水洗い大丈夫と水道水を当てたところ穴が開いてしまいました。
 4年経過というのがそろそろ耐用年数ということだったんでしょうか?

 で、もうこれは買い換えるしかないので、ジェイベック社の通販で取り寄せました。

 実際の購入価格は、花粉フィルター6枚入り6,840円に送料600円,消費税372円

 ゆうちょ銀行からの振り込み手数料100円で 計 7,912円

 届いたフィルターを見るとこれまでの物とは少し規格が変わっているようです。

 これまで使用していたものは、表が青色で裏が白色の二重構造でしたが、今回の物は白色の一層構造
 ちょっとサイズも大きいような、、
 古い方は水洗いして縮んではいますが、それ以上に差がある気がします。

花粉フィルター

 厚さもこんなに違います。

花粉フィルター厚さ
 
 給気口の蓋に設置するのもパッチっとは入らずちょっと苦労しました。

花粉フィルター取付

 こうして、我が家にある6カ所の給気口すべてのフィルター交換が終わりました。

 これからはHPの説明にあるとおり、水洗いせず掃除機などで埃を吸い取るようにしたいと思います。 

 買い替えは値が張るので、できるだけ長持ちさせたいんですが、、、

 ヤマサハウスを通して買えば、1枚当たり1,260円ということですので、送料分くらい安くなるかなというところ 

 ところで、鹿児島では気になっている方もいると思うんですが、

 この給気口
 羽などの部品の間に桜島の灰が詰まって黒くなるんですよね。
 羽の動きも悪くなるし、、、

 その掃除の方法についても近いうちに説明しますのでお楽しみに!

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず



関連記事
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 

THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

COMMENT

花粉フィルター

吸気口の清掃方法,楽しみにしています。

花粉フィルターは,ここだと少し安いです。ジェイベック社の純正品みたいです。
http://www.pcon-phs.co.jp/goods/goods08.html

我が家はここで購入しました。純正品ではなさそうですが,とにかく安かったので。。。
http://www.e-filter.jp/syouhin.htm

情報ありがとうございます

貴重な情報ありがとうございます。
確かに安いですね。
花粉用フィルターがあまりに高いので困っていたんですが、
次回は是非、利用したいと思います。

コメントありがとうございます。

Kokkoさんコメントありがとうございます。
>最近、家づくりをする方の意識の中で、断熱・気密に対するウェイトが小さくなってきているような気がします。
その通りです。改正省エネ基準では気密の規定がなくなりました。隙間相当面積C値はいくら?という性能規定では曖昧さがあるので、「きちんとした気密対策のが大きな理由のようです。しかし、現実的には仕様規定で施工をしている設計事務所、施工業者は数が少ないのが現状で結露発生とか寒いとか燃費がかかり過ぎるといったクレームが多く出ています。結露のない、温度差のストレスがない家づくりは断熱と気密を施工する職人の施工精度によって大きく影響するために、私はブログとかフェイスブックで断熱・気密の施工マニュルの大事さを言い続けています。
Kokkoさんのブログでも重要性を訴えていただけること。とても励みになります。よろしくお願いいたします。(kokkoさんのブログを数年前から「住まいの達人ブロガー&HP」にリンクしていますのでよろしくお願いいたします。)

No title

文章に誤りがありましたので訂正いたします。「きちんとした気密対策のが大きな理由のようです。⇒「仕様規定できちんとした気密対策できるため」が大きな理由のようです。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
kokko
2008年にヤマサハウス絆の家が完成
2011年太陽光発電設置
宅建主任者試験合格、ファイナンシャルプランナー資格者
ただし、実務経験ゼロ
建築はど素人の中年男性です。
よろしく!
ブログランキングに参加しています。 ブログ村には参考になる施主ブログが一杯
Just For You


ワンダーコア使ってます。
レビュー記事はこちら
プロテインと腹筋マシーン、ワンダーコアで5kgダイエットに成功


【送料無料】コストダウンの方法がわかる!後悔しない上質な家づくり [ 中村康造 ]



【リビングにおすすめのグリーン】
ウンベラータ


アルテシーマ


シーグレープ


エバーフレッシュ

  【紹介記事】
 >>>リビングにおすすめの観葉植物

おすすめのお店
 >>>e-RANさんHP
 


検索フォーム
サイト内検索はこちら
アクセス数

債務整理のお悩み相談

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。