スポンサードリンク
 







カスタム検索
カテゴリ
この記事にリンクを貼る

このブログはリンク・引用(記事の一部に限る)とも自由です。
ただし、引用する際には、オリジナル記事へリンクを貼ってください。
記事へのリンク・引用をする際には、次のタグをコピペされると便利です。
各記事のタグを表示するには、記事タイトルをクリックして記事表示に切り替えてください。

Designed by Shibata


このブログのリンク用タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

 

シャープ太陽光発電1年間の発電実績とシミュレーションとの比較

 我が家の太陽光発電システムが発電を開始したのは、2011年11月18日

 これが、我が家の「発電記念日」で、モニターに2012年11月17日までの1年間の総発電量は5,360kwhと表示されています。

 丸々1ヶ月間のデータが出たのが2011年12月からですから、それから1年間の発電実績と設置前に業者から提出のあったシミュレーションとの比較をしてみたいと思います。

12月~11月発電実績表

 表の一番左は、見積もりの際に業者からいただいた発電シミュレーションの数値です。
 その右の発電量実績と売電量実績は、SHARPのWEBモニタリングサービスで見ることができる各月1日~末日までの実績です。

 右側のオレンジ色の欄は九電の電気料金のお知らせに表示されている電気料金と売電の明細です。
 九電からのお知らせは、前月の20日頃から当月の19日頃までの数値なのでシャープの数値とはタイムラグがあります。

 まず、九電明細の売電額と電気料金(買電額)から実質電気代を見ると、2月だけはゼロ光熱費を達成できませんでしたが、それ以外の月は売電金額の方が大きくなって、実質電気代がマイナスになっています。

 特に4月,5月は売電額が予想を上回る2万円台だったので、実質電気代も大きなマイナスになっています。

 次に見積もり時のシミュレーションと実績で発電量を比較してみます。

 冬場の発電量実績が大きいのが目立ちます。
 夏場の実績が伸びていないのと、5月がシミュレーションより下回っているのが気になります。

 我が家の屋根勾配は4寸5分

 鹿児島でこの勾配だと、4月以降は気温の上昇もあって1日当たりの発電量は減少していくようです。
 また、5月には21日に桜島のドカ灰が降って以降、雨らしい雨もなかったので、その影響が出ています。
 (九電の5月分は、5月20日までの実績なので、降灰の影響が出ていません。)

 グラフで見てみると次のとおりです。

 こちらはシミュレーション

シミュレーション

 こちらが発電実績

12月~1月発電量グラフ

 ところで、気になる太陽光発電システムを設置したことによる経済的なメリットはどうでしょうか? 

 シミュレーション時の説明は次のとおりです。

【シャープNQ-190AA】

 設 置 枚 数: 24枚 
 定 格 出 力: 4.56kw
 屋 根 方 位: 南南東
 年 間 発 電 量: 4,776kwh/年
 発電による売電: 7,195円/月平均
 使 用 量 買 電: 5,045円/月平均
 差 引 電 気 代:-2,150円/月平均
 設置前電 気 代: 11,152円/月平均(オール電化)
 設 置 メリット: 13,302円/月平均

 買電額が増加していますが、それにもかかわらず発電量がシミュレーションを上回ったため実質電気代は、シミュレーションの-2,150円/月より優秀な-6,720円/月となりました。

 業者が算定した設置メリットは13,302円/月でしたが、実績の実質電気代からこれを計算し直すと、

 11,152円+6,720円=17,872円/月となります。 

 この計算方法は、設置前の電気代と設置後の電気代を比較して、その差額が設置メリットという計算方法です。

 ただ、この計算式では
 ・新築の際のシミュレーションがしづらい。 
 ・電気料金の値上げなどの変動があるとメリットが正確に計算できない。

 という不都合があります。

 それで、以前の記事関西電力,九州電力の電気料金値上げと太陽光発電収支への影響でも紹介したこの式で計算してみます。

ソーラーシステム設置メリット額=年間発電量×(24円/kwh×自家消費率+42円/kwh×売電率)

 摘要:24円は買電額の平均単価,42円は固定買取単価
    自家消費率 = (5,551-3,798)/5,551 = 32%
    売 電 率 = 3,798 ÷ 5,551  = 68%

 我が家のソーラーシステム設置メリット額=5,551kwh×(24円/kwh×32%+42円kwh×68%)
       = 201,168円/年
       = 16,764 円/月 となりました。

 やはり、業者シミュレーションの13,302円/月より優秀な数字になっています。

 買電額の平均単価を24円で計算しましたが,システムが発電している日中だけの電気料金で計算すればもう少し良くなってくると思います。
 
 それと、初期費用を何年で回収できるかという問題ですが、
 我が家のソーラーシステム設置メリット額を年20万円と考えると、設置費用が2,096,120円でしたから10年でほぼ初期投資を回収できる計算となります。

 これは経年による発電効率の悪化やメンテナンス費用は見ていませんが、期待していた以上の効果はあったと思います。
 
 以上が、システムを設置して1年間の実績です。
 確定申告の時期には、1月~12月のデータを基に売電収入の申告書も作成してみたいと思います。

【関連記事】
住宅ローンを増額して太陽光発電を設置するシミュレーション
関西電力,九州電力の電気料金値上げと太陽光発電収支への影響
太陽光発電シャープNQ-190AAの設置費用と何年で元をとるか?

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず




関連記事
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 

THEME:太陽光発電 | GENRE:ライフ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
kokko
2008年にヤマサハウス絆の家が完成
2011年太陽光発電設置
宅建主任者試験合格、ファイナンシャルプランナー資格者
ただし、実務経験ゼロ
建築はど素人の中年男性です。
よろしく!
ブログランキングに参加しています。 ブログ村には参考になる施主ブログが一杯
Just For You


ワンダーコア使ってます。
レビュー記事はこちら
プロテインと腹筋マシーン、ワンダーコアで5kgダイエットに成功


【送料無料】コストダウンの方法がわかる!後悔しない上質な家づくり [ 中村康造 ]



【リビングにおすすめのグリーン】
ウンベラータ


アルテシーマ


シーグレープ


エバーフレッシュ

  【紹介記事】
 >>>リビングにおすすめの観葉植物

おすすめのお店
 >>>e-RANさんHP
 


検索フォーム
サイト内検索はこちら
アクセス数

債務整理のお悩み相談

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。