スポンサードリンク
 







カスタム検索
カテゴリ
この記事にリンクを貼る

このブログはリンク・引用(記事の一部に限る)とも自由です。
ただし、引用する際には、オリジナル記事へリンクを貼ってください。
記事へのリンク・引用をする際には、次のタグをコピペされると便利です。
各記事のタグを表示するには、記事タイトルをクリックして記事表示に切り替えてください。

Designed by Shibata


このブログのリンク用タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

 

住友林業の家って寒いですか?

 皆さん、こんにちは。鼻につくブログ全開のkokkoです。

 こんなタイトルにすると、きこりんユーザーの皆さんから嫌われてしまいそうですが、決して住林さんを誹謗中傷する気持ちはありませんので、お許しください。

 ただ、住林施主の皆さんの中には、高気密・高断熱仕様を諦めて住林を選択したって言う方も多いと思うんですよ。

 住友林業と言えば木造住宅メーカーの国内トップ企業ですよね。
 販売棟数でタマホームに抜かれたとは言え、過去の実績や信頼度から見れば今でもトップ企業と言っていいでしょう。

 そのトップ企業を選択するのに、高気密高断熱仕様を諦めなければならないって言うのは残念な話だと思うんですね。

 一条工務店並の高性能とまでは言わなくても、せめて高気密高断熱と言えるだけの性能は備えておいて欲しいと思うんです。
 が、それを諦めて、「我が家には涼温房が合っている。」と自分に言い聞かせながら住林を選択された方も結構、いらっしゃると思います。

 ところが、そんな方にとっては朗報ですが、前回の記事「住友林業の家の気密測定・C値と断熱性能」で、実は断熱性のみならず、気密性に関しても優秀な数値を叩き出していることを紹介しました。
 2件の気密測定で、いずれもC値1.5c㎡/㎡程度を記録していました。

 流石にC値1.0より優秀な数値を出すには熟練した職人の技が必要ですが、特に高気密施工を意識した訳でもなく1.5の数値というのは立派です。
 C値1.5c㎡/㎡、Q値1.92W/㎡・Kなら、次世代省エネ基準のⅡ地域並の数値ですから高気密高断熱住宅と言って差し支えないでしょう。

次世代省エネ基準地域区分
 
Q値C値計算式

 これだけ優秀な数字を出すのであれば、決して寒いなんてことはないはずなんですが、実際には、トイレ・脱衣室が寒いとか、リビング階段が寒いとかいったブログ記事を時折、拝見します。

 これは、何も住友林業さんに限った話ではありませんが、なぜ、そんなことになるんでしょうか?

 その大きな原因は、暖房不足

 特に一部の居室を暖めるような局所暖房であれば、当然、トイレや脱衣室は相対的に室温が低いですから、「寒い」と感じてしまいます。

 1階リビングは暖かいのに2階が寒いなんて言う記事を見ることもありますが、これは正に局所暖房の弊害でしょう。

 一方、全室暖房であれば、結露を防ぎ、脳卒中などの原因となるヒートショックを防ぐことができます。
 
 断熱・気密を勉強された方ならその重要性を認識し、C値・Q値にもこだわった家づくりをされる方が多いと思います。
 C値・Q値の優れた住宅なら安い費用で全室暖房が可能となります。

 全室暖房と併せておすすめなのが、24時間暖房

 24時間暖房をおすすめする理由は改めて詳しく記事にしたいと思いますが、要は

 真に快適な温熱環境とは、部屋の空気を暖めるのではなく、住宅の壁や床、躯体を暖かく維持して体感温度を上げることによって得られると思うんです。

 にもかかわらず、日本では今でも、局所・間欠暖房が主流ですよね。

 私は、国内トップクラスの住宅メーカーでさえ、温熱環境や換気に対する意識が低いという気がしてなりません。
 意識が低いので、中途半端に気密の高い住宅で健康被害の可能性がある開放型暖房機を使うプランを提案したりするんじゃないでしょうか?

  >>> ガスファンヒーターはメイン暖房には使えません。FF式にしましょう。
  
 目指すべきは、全館どこでも最低18℃を維持できる環境
 問題は、それを達成するのに暖房費をどれだけ抑えることができるか?

 その判断材料になるのが、C値・Q値なんですが、国は次世代省エネ基準からC値を削除したのに続き、Q値まで削除しようとしています。

 C値・Q値の重要性については、また、改めて突っ込んだ記事を書いてみようと思います。
 今回も鼻につく記事を書いてしまって、気分を害された皆さん、ごめんなさい。m(_ _;)m

 でも、住友林業の家が実はこれだけ優秀なQ値、C値を実際に出しているのであれば、十分、全館を暖めれば、それほど暖房費も嵩まずに全室暖房を達成できるんじゃなかなというのが、私の率直な感想なんです。

 注)C値については、同じ設計でも施工の程度によって全く異なりますので、各棟ごとに現場で実測してみなければ確認できません。
   Q値については、机上で計算できますが、これも設計により異なりますので、各棟ごとの計算が必要です。

 住友林業のブログランキング→にほんブログ村 住友林業へ 

【当サイト内関連記事】
鼻につくブログと当ブログの今後の方向性
住友林業の家の気密測定・C値と断熱性能
えぇっ!積水ハウスって高気密高断熱なんですか?

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず



関連記事
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 

THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

COMMENT

基本性能と住み心地は大事

kokkoさんこんにちは。
 家は、家族がリラックスして長い間住むのですから、寒くなく暑くなく心地良いのが大事ですよね。
 それに、省エネ・資源の無駄使いをしない・環境への負荷を増やさないことも、地球に住む以上、これからも求められることだと感じます。
 すると、冷暖房しない場合にどれだけ外の暑さ寒さから防げるかの基本性能が大事になるはずですよね。
 ハウスメーカーなど依頼先を選ぶときに、住み心地を体感する前に、まずはC値・Q値、それに夏期日射取得係数(μ値)など、比較できる数値が分かれば、建て主はありがたいはずです。
 家の良さは数値だけでは無いことは理解できますが、数値を軽視してはいけないと思います。
 皆さん思っていることかもしれませんが、ハウスメーカーは売上・利益を最大化する方に傾きすぎていると感じています。大量販売するには、どの下請け工務店でも施工できる高気密高断熱の方法が必要ですが、コストの面でハウスメーカーの利益を差し引いた下請けに提示する発注金額ではその方法が難しいのか、技術の面でどの工務店・大工さんでもできるようにするのが難しいのか、その両方か、それ以外か。
 決してハウスメーカーを批判しているわけではありませんが、テレビや新聞の宣伝を見ると、いわゆるスマートハウスの設備面で(設備での儲けもあるので)基本性能の不足分を補い、宣伝によるイメージで不満を発現しないようにしている、という印象をどうしても受けてしまいます。
 kokkoさんのブログのように、建て主側の意識からハウスメーカーに、(売り上げも必要でしょうが)本当に建てて欲しい家を取り扱って欲しいんですと、訴える必要性を痛いほど感じます。

たかおさん、コメントありがとうございます。

 このような記事を書くと攻撃を受けるのではないかと心配で、なかなか単刀直入に書けないんですが、たかおさんのように住まいの住み心地に対して意識の高い方からコメントをいただくと、ほっとします。

 ハウスメーカーが
 ・時間と労力のかかる高気密高断熱施工を避けたい。
 ・他社有利な分野での競合は避けたい。
 ・その判断材料となる数値自体を公表しないでいい方向に進めたい。

 と考えるのは営利を追求する株式会社としては当然の姿勢だと思います。

 それを、許しているのは消費者です。

 C値・Q値の重要性を知らない消費者は、ハウスメーカーの格好のカモです。

 ハウスメーカーは、わざわざ高気密高断熱施工にしなくても売れるのが現状ですから、それより「スマートハウス」などと謳って設備に力を入れれば利益が伸びます。

 そこに施主の皆さんが気付いてくれればいいんですが・・・・
 

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
kokko
2008年にヤマサハウス絆の家が完成
2011年太陽光発電設置
宅建主任者試験合格、ファイナンシャルプランナー資格者
ただし、実務経験ゼロ
建築はど素人の中年男性です。
よろしく!
ブログランキングに参加しています。 ブログ村には参考になる施主ブログが一杯
Just For You


ワンダーコア使ってます。
レビュー記事はこちら
プロテインと腹筋マシーン、ワンダーコアで5kgダイエットに成功


【送料無料】コストダウンの方法がわかる!後悔しない上質な家づくり [ 中村康造 ]



【リビングにおすすめのグリーン】
ウンベラータ


アルテシーマ


シーグレープ


エバーフレッシュ

  【紹介記事】
 >>>リビングにおすすめの観葉植物

おすすめのお店
 >>>e-RANさんHP
 


検索フォーム
サイト内検索はこちら
アクセス数

債務整理のお悩み相談

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。