スポンサードリンク
 







カスタム検索
カテゴリ
この記事にリンクを貼る

このブログはリンク・引用(記事の一部に限る)とも自由です。
ただし、引用する際には、オリジナル記事へリンクを貼ってください。
記事へのリンク・引用をする際には、次のタグをコピペされると便利です。
各記事のタグを表示するには、記事タイトルをクリックして記事表示に切り替えてください。

Designed by Shibata


このブログのリンク用タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

 

室内干しの住宅で畳のカビを防ぐ方法

室内干しの住宅で畳のカビを防ぐ方法

a0022_000075.jpg

 皆さん、こんにちは。今週から和室にイグサマットを敷いて寝ているkokkoです。

 それにしても、毎日、暑いですね。しかも湿度が高い。

 この季節、人間は蒸し暑さに参ってしまいますが、活発に繁殖しようとするのがカビ達ですね。

 部屋の中にカビが生えると、ダニも発生しやすくなり、家族の健康に害を及ぼしかねません。

 前回の記事で、我が家の畳にカビが生えたことを書きました。

 ちょうど、1年前のこの季節、同じ内容の記事に、

 「それ見たことか、やっぱり高気密高断熱住宅はカビやすいんだ!。」

 と噛みついてきたコメント屋がいました。

 その年の鹿児島は、連日の雨で高温多湿の状態が続いていました。

 わずかに天気のいい日でも、桜島の降灰の降灰がありますから、我が家では窓開け厳禁

 それに連日、室内干しですから、何か対策をとらないとカビが生えるのも無理はありません。

 確かに、高気密高断熱住宅は十分に計画換気を計算し、実践しなければ、カビる可能性は高いと言えるかもしれません。

 しかし、中途半端に気密性の高いC値5.0㎠/㎡程度の家がカビにくいかと言えば、そんなこともないでしょう。

 締め切った部屋で室温25℃以上、湿度90%以上という日が続けば、C値に関係なくカビてしまうんじゃないでしょうか?

 特に新築の住宅であれば、天然イグサの畳は、イグサ自体に栄養分がありますし、その吸湿性から湿気をたっぷりため込みますから、カビにとっては絶好の環境です。

 これを防ぐためにはどうしたらいいのか?

 設計段階と住んでからの2つの時期に分けて検討してみます。

 まず、カビの育つ条件ですが、

【1】湿 度  湿度が75%を越えると元気になります。
【2】温 度  20℃を超えると活発化します。
【3】栄養分  食べカスや衣類、木、プラスティックなど家にあるほとんどのものがエサになります。
【4】酸 素  カビも生物なので、酸素を必要とします。


 以上の4つの条件が揃うと、カビは繁殖を始めます。

 これを防ぐには、

 ◎ 4つの条件のうち1つ以上を完全に断つこと

 ◎ 空気の流れを作ること


 のいずれかか必要となります。そのために注意すべき事を挙げてみました。

【設計段階で気をつけること】

 1 和室を風通しのいい部屋になるように設計すること

 2 できるだけ開放できる間取りにすること

 3 十分換気できるよう、換気量と換気経路の計画を立てること

 4 調湿性能の高い仕上げ材を多用すること

 5 畳の通気性を考えて畳や下地板を選択すること

 1・2については特に説明の必要はないでしょうが、3以降について簡単に説明を加えると、

 3の換気については、空気がよどむことのないよう給気口と排気口の位置を決め、必要換気量を計算しておく必要があります。

 ただし、外気が湿度90%を超えるような日は、いくら換気しても入ってくる空気が湿気たっぷりですから換気してもほとんど意味ありませんので、住んでからの対策が必要になります。 

 4の調湿性能の高い仕上げ材とは、漆喰・珪藻土・エコカラットなどです。

 これらの調湿性能に頼っても効果に限度がありますが、ビニールクロスで覆うよりは遙かに効果があるはずです。

 5の通気性ですが、スタイロ畳は通気が遮られるので避けた方が無難ですが、今や新築住宅に使用される畳の多くは、ポリスチレンフォームなどの断熱材を畳床に使うこのタイプのものです。

 スタイロ畳に構造用合板の下地板では、湿気の通り道がありませんから、せめて下地板は杉板を使うなどして通気性を確保したいものです。

 なお、畳表には、天然の藺草(イグサ)の他に、和紙畳が普及してきています。

 和紙畳ならカビの発生をかなり抑えることが出来ます。

 和紙畳については改めて記事にしたいと思います。

【住んでから気をつけること】

 1 室内の相対湿度が概ね75%を超えないようにする。

 2 こまめに掃除する。

 3 締め切らずにできるだけ空気の入れ替えができるようにする。

 4 空気の流れを作る。

 1の除湿ですが、連日、外気の湿度が90%を超えるような状況では、室内を75%以下にするのも結構、難しいものです。

 調湿性能の高い仕上げ材を多用しても効果に限度がありますから、機械に頼らざるを得ません。
 
 ただ、除湿機までは使いたくないと考えるならエアコンの除湿機能を利用するのが一般的でしょう。

 最近の高性能のエアコンの多くは、再加熱除湿方式を採用しています。

 除湿すると室温が下がりますが、下がり過ぎないように空気を暖めるのが再加熱除湿

 当然、電気代が嵩みます。

 再加熱方式でない通常のドライ運転は安上がりですが、設定室温まで温度が下がると除湿機能もストップしてしまいます。

 この場合は、室温が下がり過ぎないようにしながら適度な除湿を維持するしかありませんから完璧な効果は期待できませんが、エアコンから風が吹いているうちは空気の流れもできますので、こちらの効果も期待できます。

 室内干しでどうしても湿度が落ちないとなれば除湿機に頼らざるを得ません。

 2の掃除です。新しい藺草に含まれる栄養自体は取り除けませんが、畳表面に付着したゴミなどは栄養源になりますから、こまめに掃除して除去します。

 今年、kokkoは和室で寝ることになりましたので、自分が寝る部屋くらいは自分できれいにしようと思っています。

 なお、掃除に使う雑巾にカビ菌が付いていては意味ありませんから、キッチン用のアルコール除菌できれいにした雑巾で拭き掃除です。

 3はオープンな仕切りということになります。

 特に夫婦共働きのご家庭は、昼間、和室を閉め切ることのないよう気を付けて下さい。

 4の空気の流れですが、24時間換気だけでは難しいと思います。

 先ほどのエアコンの風の利用でいいと思いますが、部屋の隅など空気のよどみがありそうな場合は、扇風機を弱運転で使うのも有効です。

 また、空気清浄器やエアコンの空気清浄機能もオゾンの働きで効果はあると思います。

 以上、色々書きましたが、うっとおしい梅雨の季節を爽やかな畳で過ごせるように、ちょっと手間をかけてみましょう。

【当サイト内関連記事】
和室のメリット・デメリットから必要か不要かを考える。
高気密高断熱住宅のカビと一条工務店の今後
梅雨時には換気より除湿が大切


今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ 

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

専門家のためになる記事が満載
 にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず


  
 
関連記事
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 

COMMENT

NoTitle

いつも拝読しています ただの通りすがりです
父が家を新築し、同じ鹿児島なので参考になればと思いたまに訪れます 
父は断熱材にこだわりがなく高高ではありませんが木材と陶器瓦にこだわっていました
今日も鹿児島は台風の影響で湿った空気が気持ち悪いですね ブログ更新頑張って下さい

ありがとうございます。

ななしのななこさん、応援ありがとうございます。

 お父さんのために少しでも参考になればいいんですが・・・

 台風が近づいていますので、被害がありませんように。

 また、遊びに来てくださいね。

涼しい梅雨の日のエアコンの使い方(設定温度)

こんにちは。「テクノストラクチャーで建てた鹿児島の家」のえっとねーです。

しっかりと勉強されて、ブログもきちんと更新しているkokkoさんには脱帽です。

ところで、よろしかったら教えてください。

わが家は、築2年目ですが、1年目に畳の裏側にカビが生えました。また、いろいろなところでカビが発生したので、今年は24時間エアコンにしようと思っていたのですが、27、28度設定だと、今日のような日だと、帰宅したときに明らかに家の中の方が暑いのです。

迷いながらも昨日今日のような外気温の低い日は、エアコンを切って、窓を全て解放しています。
ただ、当然ですが、湿度は80%超えています。
これだとまた、カビが発生しそうな気もします。

kokkoさんは、昨日や今日(平成23年6月29日)など、外気温が23~25度くらいの日は、エアコンの設定温度を何度にしていますか。
除湿にしているのでしょうか。

No title

えっとねーさん、お久しぶりです。

 鹿児島の梅雨時は、本当に湿度管理に苦労しますよね。

 我が家は24時間エアコンで、常に27~28℃に設定しています。それで、できるだけ湿度70%以内になるようにしています。
 除湿器はありませんが、和室には2.2kwのエアコンがあるので、冷房運転で除湿します。

 外気温が24~25℃の時は、確かに外から入ってくると家の中の方が温度が高いです。
 湿度が70%を超えているようであれば、一時的に25℃で運転することもあります。
 これは、室温を下げるというよりは湿度を下げるのが目的です。

 窓を開けに関しては、いい風が入ってくるようなら開けてもいいですが、空気がじとっとしているように感じられる時は、開けずに除湿した方がいいと思います。

 我が家では、湿度の高い日が続けば、和室を締め切ってエアコンの冷房運転で除湿することもあります。

 えっとねーさん宅は和室にエアコンがないようですので、扇風機などで風の流れを作った方がいいと思います。

 早く梅雨が明ければいいですが、お互いカビを発生させないように工夫していきましょう。

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
kokko
2008年にヤマサハウス絆の家が完成
2011年太陽光発電設置
宅建主任者試験合格、ファイナンシャルプランナー資格者
ただし、実務経験ゼロ
建築はど素人の中年男性です。
よろしく!
ブログランキングに参加しています。 ブログ村には参考になる施主ブログが一杯
Just For You


ワンダーコア使ってます。
レビュー記事はこちら
プロテインと腹筋マシーン、ワンダーコアで5kgダイエットに成功


【送料無料】コストダウンの方法がわかる!後悔しない上質な家づくり [ 中村康造 ]



【リビングにおすすめのグリーン】
ウンベラータ


アルテシーマ


シーグレープ


エバーフレッシュ

  【紹介記事】
 >>>リビングにおすすめの観葉植物

おすすめのお店
 >>>e-RANさんHP
 


検索フォーム
サイト内検索はこちら
アクセス数

債務整理のお悩み相談

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。