スポンサードリンク
 







カスタム検索
カテゴリ
この記事にリンクを貼る

このブログはリンク・引用(記事の一部に限る)とも自由です。
ただし、引用する際には、オリジナル記事へリンクを貼ってください。
記事へのリンク・引用をする際には、次のタグをコピペされると便利です。
各記事のタグを表示するには、記事タイトルをクリックして記事表示に切り替えてください。

Designed by Shibata


このブログのリンク用タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

 

「間取り図でわかる買っていい家悪い家」を読んでのレビュー・感想

 家づくりに関するおすすめの本シリーズ、今回は、Webサイト住まいの水先案内人でお馴染みの 堀 清孝さんが執筆された「間取り図でわかる買っていい家悪い家―地震に強い家、長く快適に住めるマンションを選ぶ121のチェックポイント」を紹介します。

 私の本棚には、私が家づくりの勉強を始めた頃に購入した堀さんの「折り込みチラシで見分ける買っていい家わるい家」という本が、今でも立っています。

 その本には、私の知らなかった不動産業界の実態が綴られており、家づくりに関する知識を得たがっていた私はむさぼるようにその記事を読みつくしたのを覚えています。

 その本の出版から8年が経過して、昨年、出版されたのが「間取り図でわかる買っていい家悪い家」です。

 「折り込みチラシで~」の本の第1章が「間取り図で判断する危険な住宅」でした。

 その他の項目も似たようなものなので、「折り込みチラシで~」の本の全面改定版と言っていいでしょう。

 その間に、住宅性能は飛躍的に伸び、住宅を取り巻く環境や制度も大きく変化しました。

 また、東日本大震災は、家づくりにおける安全性をより重視させるきっかけとなりました。

 それらに対応して、全面改定されたのが今回の「間取り図でわかる買っていい家悪い家」です。

 タイトルに「間取り図」という言葉が入っていますが、これは「間取り」の本ではなく、家づくり全般について施主が注意すべきポイントがまとまられている本だと理解した方がいいでしょう。

 堀さんは、住宅の施工監理、サポート業務が本業ですから、その観点から業者とのトラブル防止や安全な家づくりという面に重点が置かれています。

 マンションに関する記事は14ページだけですから、やはり一戸建て住宅をお考えの方向きの本です。
 「折り込みチラシで~」の本でもそうでしたが、建築条件付きの土地についての注意事項は特に詳細ですから参考になると思います。
 
 ところで、多くの方にとって気になるのは、住まいの水先案内人と内容が重複しているのではないか?という点だと思います。

 住まいの水先案内人は、家づくりに関する膨大な情報量を抱えるサイトですから、項目的に重複するのは止むを得ませんが、サイトやブログの読者にとっても十分、価値のある内容にするために堀さん自身、苦心されています。

 121個の項目が見開き2ページにまとめられ、右のページに文章、左のページに図表やイラストという風に見やすくまとめられていますので、サイトと併せて活用できることと思います。

主なコンテンツ
 ・誰でもチェックできる、危険な家の見分け方
 ・不動産広告を見分ける知識
 ・建築条件付き宅地の購入
 ・土地・注文住宅購入の基礎知識
 ・中古住宅のメリットとデメリット
 ・新築・中古マンションの購入計画
 ・住宅会社・不動産会社を知ろう
 ・契約の基礎知識
 ・契約前のチェックポイント
 ・建築の基礎知識 など




楽天ブックスご利用の方はこちら → 【送料無料】間取り図でわかる買っていい家悪い家 [ 堀清孝 ]

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ

あなたが気になるハウスメーカーは?人気ブログランキングがご覧いただけます。
 一条工務店 → にほんブログ村 一条工務店へ
 住友林業  → にほんブログ村 住友林業へ 
 積水ハウス → にほんブログ村 積水ハウスへ
 セキスイハイム→にほんブログ村 セキスイハイムへ
 三井ホーム → にほんブログ村 三井ホームへ
 その他    → にほんブログ村 住まいブログへ

専門家のためになる記事が満載
 にほんブログ村 住まいブログ 住まいの豆知識へ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず

関連記事
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 

THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

COMMENT

大変参考になります。

はじめまして。
現在ヤマサハウスにて新築商談中です。
近日契約を考えております。

kokkoさんのブログ(新旧含めて)は大変参考になります。
今後も読ませて頂きますので、よろしくお願いいします。

ひとつ質問ですが、太陽光発電を設置されていますが、
その後如何でしょうか?
降灰の影響などありませんでしょうか?
また、新築時に設置した方が良いのか?あとからがいいのか?
結論が出ずにいます。
住宅ローンに太陽光の費用は含めない方が良いと思いますが、
如何でしょうか?

質問だらけで申し訳ありません。
ご都合の良いときにでもお返事下さい。

よろしくお願いします。

No title

NozaTec さん、コメントありがとうございます。

 太陽光の発電実績については、最近記事にしていませんが、今年は、風向きが例年と異なり、谷山地区にはほとんど降灰がありませんので好調ですよ。

 設置時期は、新築時にキャッシュで設置できるのであれば、それが理想です。(気密住宅の壁に後から穴を開けたくないという観点からも)、ただ、そうすれば預金が減り、完成後の資金計画的に苦しくなってしまう可能性も高いですよね。

 どうしても借入額が増えてしまうのが普通だと思いますが、おすすめは定額買取の10年間に太陽光分を返済してしまう方法です。

 リフォームローンだと住宅ローン控除の対象外になる可能性大ですから、ミックスローンが組めれば理想的なんですが・・・

 太陽光のカテゴリに降灰の影響や、住宅ローンを増額するシミュレーションなど記事を書いていますので参考にしてください。

 「元をとる」という考えも大切ですが、太陽光に関しては設置された方の満足度が大変、高いという点も重要なポイントだと思います。

 NozaTecさんが、満足のいく家づくりができるようにお祈りしています。
 

 

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
kokko
2008年にヤマサハウス絆の家が完成
2011年太陽光発電設置
宅建主任者試験合格、ファイナンシャルプランナー資格者
ただし、実務経験ゼロ
建築はど素人の中年男性です。
よろしく!
ブログランキングに参加しています。 ブログ村には参考になる施主ブログが一杯
Just For You


ワンダーコア使ってます。
レビュー記事はこちら
プロテインと腹筋マシーン、ワンダーコアで5kgダイエットに成功


【送料無料】コストダウンの方法がわかる!後悔しない上質な家づくり [ 中村康造 ]



【リビングにおすすめのグリーン】
ウンベラータ


アルテシーマ


シーグレープ


エバーフレッシュ

  【紹介記事】
 >>>リビングにおすすめの観葉植物

おすすめのお店
 >>>e-RANさんHP
 


検索フォーム
サイト内検索はこちら
アクセス数

債務整理のお悩み相談

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。