スポンサードリンク
 







カスタム検索
カテゴリ
この記事にリンクを貼る

このブログはリンク・引用(記事の一部に限る)とも自由です。
ただし、引用する際には、オリジナル記事へリンクを貼ってください。
記事へのリンク・引用をする際には、次のタグをコピペされると便利です。
各記事のタグを表示するには、記事タイトルをクリックして記事表示に切り替えてください。

Designed by Shibata


このブログのリンク用タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

 

非常識な隣人とのトラブル解決法

 皆さん、こんにちは。根っからの貧乏性で、ネット通販の利用には勇気が要るkokkoです。
 でも、7月5日10時から始まる楽天市場のお買い物マラソンでは、久々の完走をめざしてエントリーを済ませました。

 私と同様、貧乏性の施主の皆さんのためにお買い物マラソン攻略法の記事も今日・明日中に書いてみるつもりです。
 事前エントリーはこちらから
    ↓    ↓    ↓


 さて、今回は隣人とのお付き合いについてのお話し

 新築一戸建てに住もうとする時、多くの皆さんが心配されるのがお隣との関係
 
 「お隣はどんな人なんだろう?うまくお付き合いしていけるだろうか?」

 そう思いますよね。
 特に、これまでマンション住まいでお隣との付き合いなんてほとんどなかった人にとって、これは気になる大問題ですよね。

 住み始めて、お隣さんがいい人なら問題なしですが、中には変わった人もいます。
 隣人の迷惑なんて気にもとめない非常識な人もいたりします。

 そんな隣人とどうやって付き合っていけばいいのでしょうか?

 もし、トラブルがあった場合、どうやって解決していけばいいのでしょうか?

 そんな疑問に私なりの考えを少し書いてみたいと思います。
 ただ、私はそんな相談にお答えできるようなカウンセラーでもなければ相談員でもありません。

 しかも、今回の記事は多くの皆さんから「なるほど」と共感していただける内容でもないと思います。
 こんな考え方、対処法もあるのかぁくらいの軽い気持ちで読んで下さいね。

 皆さんがどんな対処法をとっているかのアンケートがありました。

 日本法規情報株式会社の発表によると、

「直談判した」が36%で最も多く、「警察に通報した」は18%、「知人に間に入ってもらった」は7%、「法律家に相談して法的に解決した」が4%
 残り3分の1の人は「何もしなかった。」というデータになっています。

 その他の方法としては、市町村役場など行政に相談してみるのも一つの方法かもしれません。

 直談判するのもいいですが、今回のトラブルが解決したとしても、その後何十年もお互い隣人として暮らしていかなければならないということを考えるとことを荒げたくはありません。。
 できることなら穏便に済まして、いい関係を保ちたいものです。

 「いい関係」とまではいかなくても、せめて「当たらず障らず」くらいの関係では過ごしたいと思うのが人情でしょう。

 仮に、争いになって、その争いに勝ったとしても、その後ず~と敵対し続けるのは、大きなストレスです。
 せっかく、住み心地のいい家ができても、これでは精神的に参ってしまいます。

 「たとえお隣と険悪になっても、白黒はっきりつけたい。」ということであれば、正面から当たって砕けろ!ですが、そうでなければ、円満な解決を目指したいところ。
 
 その前提として、相手が話し合って理解の得られる人間だということが条件になります。

 もし、あなたが相手のことを「非常識な人」だと思っているのであれば、これは話し合ってもうまくいかない可能性大ですよね。

 非常識な人間にとっての基準は、あくまで自分自身です。

 「世間一般では~ 云々」とか、「普通はこうですよね。」なんていう理屈は通りません。

 相手とあなた、1対1の交渉ですから、他の人ならどう考えるなんて関係ありません。
 相手から見れば、あなたこそ細かいことでクレームをつける「非常識な人間」と思われるかもしれません。

 と、話しをする前からネガティブな想定で申し訳ありません。

 実は、お隣さんは、ほんのちょっとおおらかで細かいことに気がつかないだけの人かもしれません。
 ひょっとして、少しは自分の振るまいが気になっていて「ご近所から指摘されればすぐにやめよう。」と思っているのかもしれません。

 そんな人であれば、正面からお願いしてみてもいい方向へ進むでしょう。
 あっさり対応してくれて、あなたの心配も取り越し苦労で済むかもしれません。

 実際にあった話で・・・

 お隣さんがいつも窓を開けっ放しにしていて、こちらが窓を開けると、あちらからもこちらからもお隣の家の中が丸見えなんて事例で
 勇気を持って、相談したところ、カーテンを閉めるようにしてくださって、それからはすっかりお友達になったという話も聞きました。 

 できれば、苦情を言う前に、普段から挨拶やちょっとした雑談くらいできる関係は築いておきたいものです。
 いきなり初めての会話が苦情というのは、かなりやりづらいですよね。

 しかし、お付き合いがなくて相手に相談しようとする場合は、まずは相手が常識的な話が通じる人かどうかを見極める必要があります。

 住み始めてしばらく時間が経ってお隣の様子を見ていれば、どんな人か、ある程度は判断ができるでしょう。

 中には変わった人もいますよ。
 その人から見れば、あなたが変わった人かもしれませんが・・・
 (すいません。また、脅しちゃいました。)

 民生員など地域の役員をされている第三者などに仲を取り持ってもらうのも一つの対処法かもしれません。
 ただし、この場合、円満にいかなかった場合はしこりが残ります。
 一番最初に挙げた市町村への相談は、こちらを匿名にしてもらえれば支障ないかもしれません。
 あくまで、クレーマーがあなただということを察知されない前提ですが・・・

 こうして見てくると、問題がある相手との交渉は、かなり難しいと言えます。
 確率的には円満にいく方が少ないかもしれません。

 じゃあ、どうしたらいいか。

 私が考えたのは、

 「我慢するのが一番!」

 でも我慢するのも大きなストレスですよね。

 現在の不快な思いと、直談判して円満にいかなかった場合に長く続くストレス

 どちらが我慢できるか天秤にかけて判断することになりますが、もし、我慢するしかないけど、それも大きなストレスというのであればこういう風に考えてはどうでしょう。

 「あの人は親からきちんとした躾けも受けず、非常識な大人に育った可愛そうな人なんだ。」

 こう考えれば、少しは気分の軽くなるんじゃないでしょうか?

 「な~んだ。随分、消極的な解決法だなぁ。」と思われたことでしょう。

 でも、実際、生活してみると、これが一番現実的な対応のような気がします。
(私の体験上)

 もし、あなたがご近所と対立する関係にあるのでしたら応援します。

 春の来ない冬はありません。

 早く雪解けになるようお祈りします。

【関連記事】
 お買い物マラソン攻略法はこちら>>>施主のための楽天市場お買い物マラソン攻略法

今日の記事、参考になったという方はクリック(ランキングへの投票)をお願いします。
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へ

ブログTOPへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず


関連記事
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 

THEME:生活・暮らしに役立つ情報 | GENRE:ライフ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

プロフィール
kokko
2008年にヤマサハウス絆の家が完成
2011年太陽光発電設置
宅建主任者試験合格、ファイナンシャルプランナー資格者
ただし、実務経験ゼロ
建築はど素人の中年男性です。
よろしく!
ブログランキングに参加しています。 ブログ村には参考になる施主ブログが一杯
Just For You


ワンダーコア使ってます。
レビュー記事はこちら
プロテインと腹筋マシーン、ワンダーコアで5kgダイエットに成功


【送料無料】コストダウンの方法がわかる!後悔しない上質な家づくり [ 中村康造 ]



【リビングにおすすめのグリーン】
ウンベラータ


アルテシーマ


シーグレープ


エバーフレッシュ

  【紹介記事】
 >>>リビングにおすすめの観葉植物

おすすめのお店
 >>>e-RANさんHP
 


検索フォーム
サイト内検索はこちら
アクセス数

債務整理のお悩み相談

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。