スポンサードリンク
 







カスタム検索
カテゴリ
この記事にリンクを貼る

このブログはリンク・引用(記事の一部に限る)とも自由です。
ただし、引用する際には、オリジナル記事へリンクを貼ってください。
記事へのリンク・引用をする際には、次のタグをコピペされると便利です。
各記事のタグを表示するには、記事タイトルをクリックして記事表示に切り替えてください。

Designed by Shibata


このブログのリンク用タグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

 

リビング階段の寒さ対策2012リンク集

 前回は、我が家の「吹き抜けありのリビング階段の寒さ対策」を紹介しましたが、今回はリビング階段全般における寒さ対策を施主の皆さんの記事を紹介しながら書いてみます。

すらっと引き戸
 画像は”横浜で注文住宅を建てる事になった男のブログ”で紹介されていた すらっと引き戸

 竣工した後で取れる対策としては、ロールスクリーンやカーテンの設置が一般的ですが、まずは住宅の設計や仕様の検討段階から取るべき対策について考えてみます。

1 高気密・高断熱仕様にする。

  これは、住宅の性能の話ですが、住宅の仕様を選定する際、高気密・高断熱仕様にすれば、2階建て1階リビングの場合で、1階床と2階天井の温度差は2度以内に抑えることができます。
  この状態であれば、寒くてつらいということはありません。

  C値やQ値は優秀な数値であればあるほど快適な温熱環境が得られます。
  Ⅳ地域以南の地域で、せめてC値2.0cm2/m2、Q値2.3W/㎡・Kをクリアできる施工を考えて欲しいと思います。

2 コールドドラフト現象を抑える。

  これは高断熱仕様とも重複しますが、窓に関するお話です。

  今やLow-eガラスは標準仕様となっているハウスメーカー・工務店がほとんどだと思います。
  Low-eガラスでない複層ガラスは、冬場、窓の表面からは冷気がまるで滝のように流れてきます。
  もし、Low-eガラスが標準仕様になっていない場合は、是非、Low-eガラスへ変更していただきたいと思います。

  ただし、遮熱Low-eガラスは冬場の日射の暖かさも遮りますから、南面は断熱タイプを選択するなどの工夫も必要です。 

3 シーリングファン、サーキュレーターで空気を撹拌する。

  前回の記事でも紹介したように、特に吹き抜けがある場合にはこの二つが重要になってきます。

  サーキュレーターは安価で効果が大きなおすすめグッズです。
  階段から降りてくる冷気(降りようとする冷気)を直接、吹き飛ばして撹拌するという使用もできます。

4 24時間換気の給気口から入る冷気を遮る。

  1種換気ならその必要はありませんが、3種換気ではどうしても給気口から冷たい外気が入ってきます。

  寒冷地であれば給気口の下にセントラルヒーティングの吹き出し口を設置するなどして暖めます。

  その他の地域ではそこまでの対策はなかなか取られないようですが、2階の各部屋の扉は閉める前提での暖房計画というのも考えておく必要があります。(子供さんがいらしゃる家庭では、プライバシーの関係でドアを閉める時が必ずやってくるものです。)

  【参考記事】
  24時間換気の寒さ対策2

5 階段の上がり口がリビングのセンターなどに面しないようにする。

  5と6は間取りのお話です。

  階段から冷気が下りてくると言っても、特に高気密・高断熱の場合は直接、体に当たらなければ大したことはありません。

  しかし、冷気がソファーやダイニングテーブル周辺に向かって来るようだとかなり気になる場合もあります。

  冷気が降りてきても人の集まる場所を直撃しないような間取りの工夫が求められます。

  【参考記事】

  ◆寒さ問題なしでした! ~リビング階段~@ここなつのおうちブログ

リビング階段ソファー

  ここなつさんのお宅は、階段の上がり口が、ダイニングとリビングのソファーの間で、それだけでも冷気を感じることが少ないようそうです。(もちろん、住宅の性能的にもかなり優れているのでしょうが、)

6 リビング階段をやめちゃう。

  なんか今回の記事の主旨を根本から覆してしまう提案ですが、 

  リビング階段にする目的が子供とのコミュニケーションを取ることであるのなら、別にリビングに階段を面するように作らなくても、リビングを通って階段へ行くような間取りにすればいい訳です。
「リビングスルー階段」という考え方ですね。

  リビングから水回りへ行く通路がある場合はその通路に階段の上がり口を設けるとか、リビングとの間をドアで仕切って階段室にするなどの工夫ができると思います。

7 ドア・ロールスクリーン・カーテンを設置する。

  6番までの対策で十分でないとか、間取りの都合上、採用できなかったとかいう場合には、ロールスクリーンなどを設置することとなります。

  ドアを設置するには、ドアと階段の間は30cm以上(できれば40cm位)は離した方が安全です。
  後付けのロールスクリーンなどを考える場合には、壁の下地を補強しておく必要があります。

  それでは、この冬、見かけた施主の皆さんの寒さ対策の記事を紹介します。
  皆さん、細かいところまで検討されていて大変、参考になります。

【寒さ対策全般】
 ◆リビング階段の寒さ対策は?@そろそろ新居を考えなさいと言われ
 ◆リビング階段と寒さ対策 ウチの場合@ビッグフレームのち~さな家

【引き戸】
 ◆リビング階段用 引き戸@横浜で注文住宅を建てる事になった男のブログ

【開き戸】
◆我が家はリビング階段にしました。@chabi家のおうち

開き戸

【カーテン】
 ◆リビング階段の冷気対策5〜何故、カーテンだったのか@happy smile  
 ◆【WEB内覧会】 ~お気に入りの階段~@Dear DaysDear Days  

カーテンdeardays

 ◆住んでから1カ月すぎ…我が家の寒い理由。@ёεё いもこのお部屋 ёεё 

【ロールスクリーン】

◆やってよかった!リビング階段にロールスクリーン@家づくり ~ゆらりと行こう~

ロールスクリーンゆらり縦

 ロールスクリーンゆらり

 Yurariさんの記事はロールスクリーンの逆巻きやスイッチの位置に関する注意点等々、参考になるポイントが一杯ですよ。
 こちらも参考に → ◆リビング階段にロールスクリーンの注意点。

◆リビング階段が寒い!2@きこりんでおうち

リビング階段ロールスクリーンきこりん

 ◆リビング階段対策@あかりの灯るちいさなお家



 ◆【内覧会】リビングイン階段とお気に入りのニッチ@junjun の cozy cozy home 

【スクリーンパーティション】
 ◆吹き抜け、どうする?@積水ハウスfi+maで建てちゃうぞ

スクリーンパーテーション

 ここで、リンクさせていただいた皆さんへのお願いです。
 できれば、この記事に皆さんが使用されている画像をアップさせていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 *その他にも「我が家ではこんな対策とってるよ~♪」という方は、コメントやトラックバックをお寄せ下さい。 

今日の記事、参考になりましたか?参考になったという方は、ぜひクリック(投票)をお願いします。
ランキングが上がると更新の励みになります。今日は何位でしょうか? 
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
各ハウスメーカーのランキングには参加していませんが、こちらも参考になるブログが一杯!
にほんブログ村 住まいブログへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建一条工務店へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建住友林業へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建積水ハウスへ

ブログTOPページへ → 施主のための家づくり情報サーチ~ガンにも負けず



関連記事
スポンサーサイト

スポンサードリンク

 

COMMENT

気密・高断熱仕様だと引戸をつけなくても寒くないのはうらやましいですね。

我が家は上部吊戸をつけることにしましたが、実際どうなるか楽しみでもあり心配でもあります。

ショールームですらっと引戸とTOYOPLYの上部吊戸を何度も開け閉めしましたが、すらっと引戸は床にマグネットがついているので、ずれずに開け閉め出来るような対策をしてありましたが、少しグラグラしました。
TOYOPLYは、階段のある開口部と壁の間にガイドレールみたいな出っ張りがあるのですが(壁側についているので邪魔になりません)そのおかげでグラグラは少なかったです

これはドアの高さも影響していると思います。
使いやすさとしては、すらっと引戸の方が考えられていると思います。

施工されたら画像をUPしようと思っていますので、よかったら使ってください


 くゆさん、貴重な実体験に基づくコメントをありがとうございます。

 くゆさん宅の完成を私も楽しみにしています。
 くゆさんのブログは、様々な事項で深いところまで検討されていて大変、参考になります。
 ブログの更新も楽しみにしていますので頑張ってください。

ありがとうございます。

こちらのブログを参考に、私なりにコールドドラフト対策を考えてみました。

窓は遮熱LOW-E
天井にはシーリングファン
換気はスティーベル(1種顕熱交換型)
手すりと段板はストリップ

上記が我が家のコールドドラフト対策です。
これから着工なので、効果があるかどうかは未知数ですが。。。

kokkoさんが検証された通り、
24時間換気の給気口から入った冷気が2階の床に降りて、それが階段を流れ落ちてくるのがコールドドラフトのメカニズムだと思います。

手すり、階段をストリップにすることで、冷気が分散して降りてくるようになり、冷感はいくぶん緩和されると、どこかの住宅展示場で聞いた記憶があります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 BEEMER彡さん邸は、そこまで検討されていれば大丈夫だと思います。

 ストリップ階段というのも確かに効果はありそうですよね。
 完成後のレポートを楽しみにしています。


 

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

やってよかった!リビング階段にロールスクリーン

今日は美容院へ・・・ 引っ越し前に染めたんですが、もうすっかり白髪が目立ち・・・--; しかも毛先もバリバリ;; ということで、カラーリング&毛先をカットしてきました。 ...
プロフィール
kokko
2008年にヤマサハウス絆の家が完成
2011年太陽光発電設置
宅建主任者試験合格、ファイナンシャルプランナー資格者
ただし、実務経験ゼロ
建築はど素人の中年男性です。
よろしく!
ブログランキングに参加しています。 ブログ村には参考になる施主ブログが一杯
Just For You


ワンダーコア使ってます。
レビュー記事はこちら
プロテインと腹筋マシーン、ワンダーコアで5kgダイエットに成功


【送料無料】コストダウンの方法がわかる!後悔しない上質な家づくり [ 中村康造 ]



【リビングにおすすめのグリーン】
ウンベラータ


アルテシーマ


シーグレープ


エバーフレッシュ

  【紹介記事】
 >>>リビングにおすすめの観葉植物

おすすめのお店
 >>>e-RANさんHP
 


検索フォーム
サイト内検索はこちら
アクセス数

債務整理のお悩み相談

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。